話題のビットコイン積立をはじめよう!

【薄い財布】フリュー(FRUH)とアブラサスを比較【オススメはどっち?】

フリュー(FRUH) vs アブラサス

【画像多め】

薄い財布の代表格である「フリュー」と「アブラサス」を徹底比較してみました。

どちらも一長一短ありますが、自分に合ったものが見つかれば幸いです。

フリュー(FRUH)とアブラサスの「薄い財布」とは

フリューとアブラサスの薄い財布を比較する前に、それぞれの特徴を簡単に紹介します。

フリュー(FRUH)の薄い財布

フリュー(FRUH)の薄い財布

デザインは一般的な二つ折り財布ですが、ファスナーが超薄いです。

皮も薄めなので、全体的に薄くなっているような気がします。

 

アブラサスの薄い財布

アブラサスの薄い財布

上画像は使用歴7年のアブラサス薄い財布です。

デザインが特徴的で、グッドデザイン賞の受賞歴あり。カードとコインが重ならない構造になっていて、重なる革の枚数を削減。

薄い財布のスペック比較 ⇒ フリューが良さそう!?

 フリューアブラサス
カード収容数4~8枚5~6枚
小銭の収容数~20枚~15枚
薄さ8mm7mm
軽さ37g49g
大きさ10.5cm×9cm9.8cm×9.5cm
価格約5,500円約15,000円

上の表を見る限りでは、価格が手頃で、高スペックのフリュー(FRUH)が良さそうです。

 

しかし実際に使ってみないと、どちらの財布が本当に良いか分かりません。

フリューを3カ月、アブラサスの薄い財布を7年間使用している僕が、これらの財布の使用感を徹底比較していきます。

使用感を比較 ⇒ アブラサスが良い!?

これからフリューとアブラサスの使用感を紹介しますが、全体的に「アブラサス」が良いと感じました。

使用感を比較してみる
  1. カード入れ
  2. 小銭入れ
  3. お札入れ
  4. 鍵入れ
  5. 持ち運び(ポケットに入れた時の存在感)
  6. 頑丈さ・質感

 

比較①:カード入れ

フリュー(FRUH)

フリュー(FRUH)のカード入れ

フリューのカード入れは「4つ」ある。1つに1枚入れるのも良いですし、2枚を重ねて入れることも可能です。(2枚を重ねると、取り出しにくい)

カードの所在を一目で確認でき、出し入れしやすいのも嬉しいところ。

アブラサス

アブラサス薄い財布のカード入れ

アブラサスのカード入れは「1つ」あり、カード5~6枚を入れることが可能です。

カードを取り出す時に、全てのカードを取り出すことになるのはデメリットと言えるでしょう。

カード入れを比較
  • 収容数の多さ=フリューの勝ち
  • 見やすさ=フリューの勝ち
  • 取り出しやすさ=フリューの勝ち
MEMO

フリューはカード収容数が多いですが、沢山入れると財布が分厚くなります。入れすぎ注意!

 

比較②:小銭入れ

フリュー(FRUH)

フリュー(FRUH)の小銭入れ

小銭を入れやすく、たくさん収容できます。

小銭を一覧できないため、取り出しにくいのは難点です。(自動販売機前で小銭を取り出すのに時間がかかる…)

アブラサス

アブラサスのコイン入れ部分

合計15枚、999円分が収まるように作られていて、最低限の小銭を収納できます。

小銭を一覧でき、ジャラジャラと小銭を探す必要なし!

小銭入れを比較
  • 収容数の多さ=フリューの勝ち
  • 見やすさ=アブラサスの勝ち
  • 取り出しやすさ=アブラサスの勝ち

 

比較③:お札入れ

フリュー(FRUH)

フリュー(FRUH)のお札入れ

一般的な二つ折り財布と、使い勝手は変わりません。

アブラサス

アブラサスの薄い財布

札押さえ(上画像の左下部分)により、お札を固定できるのは、地味に嬉しいところ。

お札の見やすさ/取り出しやすさは、慣れれば使い勝手が良くなります。

お札入れを比較
  • 収容数の多さ=互角
  • 見やすさ=フリューの勝ち
  • 取り出しやすさ=フリューの勝ち

 

比較④:鍵入れ

フリュー(FRUH)

フリューは鍵入れが無いため、小銭入れに鍵を入れる必要あり。

アブラサス

アブラサス薄い財布の鍵入れ

「家や自転車の鍵」「いざという時のお札」「お守り」などを収容できるポケットがあります。

鍵入れを比較
  • 鍵の取り出しやすさ=アブラサスの勝ち
MEMO

フリューの場合、小銭入れに鍵を収容することになります。小銭の量が多い時は、鍵を取り出しにくくなります。

 

比較⑤:持ち運び(ポケットに入れた時の存在感)

フリュー(FRUH)

小銭が10枚近くになると、財布全体が膨らみます。ポケットの中で、小銭がジャラジャラと音を立てることも…

アブラサス

アブラサスの薄い財布

小銭を並べて収容できるため、そこまで膨らみません。

端に小銭入れがあることにより、小銭が多くなっても厚みを感じにくいです。

持ち運びを比較
  • 小銭が入っていない時=互角
  • 小銭が入っている時=アブラサスの勝ち

 

比較⑥:頑丈さ・質感

フリュー(FRUH)

Amazon評価によると、作りには期待しない方が良いらしいです。(価格相応)

第一印象は「少し安っぽい」と感じました。

アブラサス

第一印象は「皮が本格的」でした。

2年に1回は財布を変えていた私でさえ、7年使うことができたほど、頑丈な作りでした。

頑丈さ・質感を比較
  • 頑丈さ=アブラサスの勝ち
  • 質感=アブラサスの勝ち

【評価】どっちの薄い財布がオススメ?

これまでフリュー(FRUH)とアブラサスを比較してきました。まとめると以下の通り。

僕は「アブラサス」をお薦めしたいと思います。

 フリューアブラサス
カード入れ
小銭入れ
お札入れ
鍵入れ
持ち運び
頑丈さ・質感
価格約5,500円約15,000円

フリューに比べて高価ですが、頑丈で質感が良く、機能的でバランスが良いです。

 

さいごにお得な買い方を紹介します。

お得な買い方
  • フリュー(FRUH)
    • 楽天は出品がほとんど無いので、Amazonで買いましょう。
  • アブラサス

 

以上です。関連記事も合わせてどうぞ。

▼アブラサスの薄い財布を詳しく知りたい方向け!合わせてどうぞ。

アブラサス薄い財布を気づけば7年使っているアブラサス「薄い財布」を本気レビュー!7年使ったから分かる事