【家計バランスシート】作ってみた!2020年2Qの純資産は2,369万円でした

家計のバランスシート(2020年2Q)
スポンサーリンク

企業の決算で作らないといけない「バランスシート」を個人でも作り、資産・負債・純資産(資産−負債)を可視化してみました。

参考:私のプロフィール

  • 30代前半の男
  • 夫婦共働き、幼児1人
  • 年収850万(妻の年収を除く)
  • 2017年に中古マンションを5,000万円で購入

2020年2Q時点の家計バランスシート

私のバランスシート
  1. 資産 =6,626万
    • 流動資産=1,697万
    • 固定資産=4,929万
  2. 負債 =4,258万
  3. 純資産=2,369万

 

純資産(資産−負債)が2,000万円以上だったので、一安心!!純資産比率は56%でした。

たーすけ
妻とは財布別々なので、上記は私だけのバランスシートです。

妻の資産も加味すれば、それなりに資産が増えるんだろうな…(いくら持っているか知らんけど)

バランスシート内訳を見ていきましょう

これから流動資産、固定資産、負債の内訳を見ていきます。

流動資産

流動資産の内訳
項目 金額(円) 前回差
現金 15,260
普通預金 2,121,424
保険 1,202,530
株式 11,274,839
債券 1,867,479
REIT 343,373
仮想通貨 145,471

流動資産のほとんどは「株式」ですが、それなりに普通預金がありますし、妻も働いているので問題なし。

むしろ、もっと株式比率を高めても良い気がしてきました。

 

固定資産

項目 金額(円) 前回差
居住用マンション 49,294,394

購入時からマンション価値がそこまで下がっていないことが救い。

でも長期で住む予定なので、固定資産価値に頼らない資産形成をしておきたいです。

 

負債

項目 金額(円) 前回差
住宅ローン 40,586,483
奨学金ローン 1,836,909
クレジットカード返済 153,135

大学生時代に抱えた奨学金ローンが、まだ残っています。残りも僅かなので返済しようと思えば1年で返済できそうです。

しかし奨学金ローンより、住宅ローンを優先して繰り上げ返済していくことに決めています。

住宅ローンの方が繰り上げ返済効果が大きいですし、奨学金ローンの金利は固定ですから。

住宅ローンor奨学金返済、どっちを優先すべきか?

【100万円の使い道】住宅ローンor奨学金どっちを繰上返済すべき?

さいごに:バランスシート作成は有意義

バランスシートを作るのは少々手間がかかりましたが、定期的にB/S作成した方が良さそうですね。

普段は気にしない「奨学金ローン」の残高や、債務超過を起こしていないことを把握できました。

企業経営と同様、年4回は作成・開示していこうと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!