出産に立ち会わないと妻に一生恨まれると思い、立ち合い出産を希望した、E太です。

「破水した」と妻から連絡があった36時間後に、子供が生まれました。このストーリーを一生忘れないためにも残しておきます。

また、妊娠している妻をもつ男性が「立ち合い出産」に少しでも興味を持ってもらえたら幸いです。

スポンサーリンク




出産までのストーリー

 破水した

飲み会の途中、深夜0時をまわったころ、妻から「破水した」と連絡があった。
飲み会を抜け出し、急いで妻のもとへ向かう飲み会を途中で抜け出し、急いで妻がいる病院へ向かうことにした。

しかし、もう電車が無い。金曜ということもあり、タクシー乗り場には酔っぱらいの行列ができていた。最前列で並んでいる人に事情を説明し、すぐさまタクシーに乗せてもらうことにした。

車に揺られること40分間、ずっと携帯電話を握りしめていた。そわそわする。緊張を隠せない。

・・・

病院に着いた。妊婦健診で何度か来ていたが、夜間は勝手が違う。いつもの入り口が空いていないのである。

入口を探すため、10分ほど病院の敷地を徘徊した。徘徊している間に、子供が生まれるかもしれない。そう思いながら、自分を責めた。

「何で夜間入口を事前に調べなかったんだ。」

陣痛室へ到着

何をすればいいんだ、俺は分からない病院の中へ入ることができた。看護師さんへ案内してもらった場所は、陣痛室であった。

ドクドク、ドクドク…。室内では、胎児の心音が響いていた

妻は、偽陣痛と戦いつつも平常だった。

最初は、間歇的に突っ張る程度だったのが、だんだん強度と頻度を増していく。子宮の有痛性の定期的な収縮が10分周期となった時点で陣痛発来という。ただし、いったん陣痛が発来したもののその後、陣痛が消失した場合は、その陣痛は偽陣痛であったとされる。
※引用:Wikipedia

妻も胎児も頑張っているにも関わらず、私は酔っていた。そして眠くなっていた。

助産師さんに「まだ本陣痛は始まらないから、一度ご帰宅しましょう。」とお話があり、その日は妻の実家に宿泊させてもらうことにした。

・・・

次の日の昼頃、妻から「そろそろかもしれない」と連絡があったため、病院に向かった。

妻は本陣痛を起こすため、病院内で運動していたらしい。1階から8階まで続く階段を10往復も。その裏で、僕は二日酔いと戦っていたことが腹立たしかった。

数時間経過しても本陣痛が来ないため、妻の運動に私も付き合うことにした。
体調が優れないのに頑張っている姿を見て、本当にスゴイなと思った。

夕食時に、助産師さんから再度帰宅した方が良いとアドバイスをもらい、帰宅することにした。

家に帰るも、眠れない

疲れたが、寝れない家に帰りついた。妻と胎児のためにできたことは何一つないのに、疲れている。

布団に入っても、全然眠れない。緊張していたんだと思う。

朝3時。破水から27時間が経過した頃。「本陣痛がはじまった」と、妻から電話があった。とても苦しそうにしていたのが電話越しでも伝わってきた。

急いで身支度し、外に出るが、タクシーの姿は無い。真夜中の住宅地だ、姿が見えなくて当然である。

携帯電話でタクシー会社を探し、待つこと5分。タクシーに飛び乗り、いざ出発。「タクシーの電話番号くらい登録しとけよ」と自分に言ってやった。

7時間のマッサージ

必死で腰をさする陣痛室に着いた。妻は、2~5分おきに痛みと戦っていた

腰をさするように、妻から指示があった。私は言われた通り、腰をさすることにした。

「ここじゃない。もっと上。」
「ここじゃない、もっと左。」
痛みが和らぐ箇所が毎回違うらしい。

「強すぎる。優しくして。」
強弱が大事らしい。

「さすらないで、テニスボールを使って。」
腰をさするだけでなく、テニスボールで押すのも良いらしい。

本陣痛の痛みは僕には分からないが、とにかくマッサージし続けることしかできない。

たかがマッサージでも、途中で投げ出したくなるくらい辛かった。どんなに仕事が忙しくても耐えてきたし、途中で投げ出したいと思ったことは無かったのに。

・・・

本陣痛が始まり7時間が経過した頃、妻は痛みが増してきた。体力を消耗していた。佳境に入っても、私は”声をかけること”と”マッサージ”しかできなかった。

助産師さんが「そろそろ、分娩室に移動しましょう」と言った。その言葉を聞いて、私は泣きそうになった。

もうじき、妻は痛みから解放されるし、子供が生まれようとしているのだ。

分娩室の雰囲気は、一生味わえない

出産って、こんなにすごいのか妻は痛みに耐えながら、分娩台に座った。助産師さんたちが分娩台を囲った。私も分娩台のそばに立った。

妻は、大きく息を吸ったところで止めて、「ウーン」と大きくいきんだ。何度もいきんだ

もう死んでしまうんじゃないかと思うくらい、辛そうであった。役に立っているか分からないが、私は妻の手を握りしめた。

「赤ちゃんが顔を出してきましたよ。あと少し。」と助産師さんが言った。

妻は偉大だ

いきむ。ただ、それを繰り返した。
ほとんど体力は残っていなかったに違いない。それでも頑張っている。

・・・

産まれた。赤ちゃんが元気よく泣いた。

妻から「ありがとう」※本記事の全画像は、「ブラックジャックによろしく(著作者名:佐藤秀峰)」を引用しております。

産まれた直後、妻が僕に言った。
「一緒に居てくれて、ありがとう。」

ずっと辛い思いをしていたのに、そんなセリフが出てくると思わなかった。私が同じ境遇にあったら、言えるだろうか。

教訓

これから立ち合い出産をする男性の方は、私のようなヘマをしないでくださいね。

  • 出産が近くなったら、飲みに行くべきではない。
  • 病院の夜間窓口を把握しておく。
  • タクシーの連絡先を何件か登録しておく。
  • 陣痛中は「腰をさすって欲しい」と言われるが、言われた場所を素直にさすること。
  • 女性だけでなく男性も、長期戦になる。ご飯や飲み物を買っておく。
  • 妻が食べやすいもの(ゼリーなど)を買っておき、妻が食べたい時に食べさせてあげる。

さいごに

相当疲れましたし、分娩室は正直怖かったです。そして、自分の無能さを痛感しました。

しかし、妻と子供の頑張っている姿を見て、「これからも大切にしないといけない!」と心の底から思えるようになりました。

出産に立ち会うことができて、本当に良かったです。「立ち合い出産をしたい」と思える男性が増えることを心から願います。

あわせて読みたい
この記事が気に入ったらシェアしよう!
スポンサーリンク