中国政府による仮想通貨ランキング(2018年6月)|初登場のEOSが1位、Nebulasが6位

中国政府による仮想通貨ランキング(2018年6月)
スポンサーリンク

2018年6月20日、中国産業情報技術省 情報産業発展センター(CCID)が「仮想通貨格付け(2回目)」を発表しました。

前回(2018年5月)と比較しながら、気になったことをメモしておきます。

中国政府は3つの指標で評価

「パブリックブロックチェーン」を対象に、3つの指標で評価していました。

<3つの評価指標>

  1. 基本的な技術レベル
  2. 応用性
  3. 革新力

中国政府による仮想通貨格付けランキング(2018年6月)

前回(2018年5月)の順位と比較しつつ、格付けランキングTOP30を見ていきます。

順位 前回 銘柄名
1 ↑(-) EOS EOS
2 ↓(1位) ETH Ethereum
3 ↑(4位) NEO NEO
4 ↑(6位) XLM Steller
5 ↓(3位) LSK Lisk
6 ↑(-) NAS Nebulas
7 ↓(2位) STEEM Steem
8 ↑(12位) BTS BitShares
9 ↑(17位) XRP Ripple
10 ↑(11位) QTUM Qtum
11 ↑(15位) WAVES Waves
12 ↓(7位) ADA Cardano
13 ↓(9位) XMR Monero
14 ↑(22位) ARK Ark
15 ↑(16位) ETC Ethereum Classic
16 ↓(5位) KMD Komodo
17 ↓(13位) BTC Bitcoin
18 ↓(10位) STRAT Stratis
19 ↓(8位) MIOTA IOTA
20 ↓(14位) XVG Verge
21 ↓(18位) DASH Dash
22 ↓(20位) BCN Bytecoin
23 ↑(24位) NANO Nano
24 ↓(21位) LTC Litecoin
25 ↓(19位) SC Siacoin
26 ↑(27位) HSR Hshare
27 ↓(23位) ZEC Zcash
28 ↓(25位) BCH Bitcoin Cash
29 ↓(26位) DCR Decred
30 ↓(28位) XEM NEM

さいごに:気になったことをメモ

  • 高い処理性能&手数料無料のdAppsプラットフォームであるEOS」は初登場で、堂々の第一位。
    • 同月6月に移行したメインネットでバグが発見され、ざわめきました。
    • しかし中国政府は、「基本的な技術レベル」「革新力」ともに高い評価をしています。
    • Binanceで購入可能。
  • ブロックチェーン検索プラットフォームである「Nebulas」も初登場で、第6位にランクイン。
    • 「基本的な技術レベル」「応用性」 が評価されています。
    • Huobiで購入可能。
  • 1か月しか経過していないにも関らず、ランキングの変動が大きいですね。
    • STEEM」は2位→7位、「Ripple」は17位→9位へ。
  • 前回は28位までの発表でしたが、相変わらず「NEM」は最下位。

 

⇦前月(2018年5月)の結果を見る

関連記事:合わせてどうぞ

▼有望銘柄の探し方は4種類を用意!お好みに合わせて選んでください。

ランキング形式 辞書形式
ガチホしたいランキング ランキングTOP10 辞書形式で探す 特徴・将来性を簡単理解
取引所 別
Binance銘柄 バイナンス銘柄 Huobi銘柄 フオビー銘柄(規制予定)

▼当ブログの人気記事です。

仮想通貨エアドロップ(AirDrop)情報まとめ【2018年最新&厳選】

2018.07.12

Zaif(ザイフ)コイン積立がおすすめ!4種類の銘柄(イーサリアムやビットコイン)を毎日自動で買おう

2017.12.19
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

\CMで話題!スマートフォンで簡単取引/
DMMビットコイン

口座開設するだけで1,000円、最大5,000円をもらえるキャンペーン中です!7月末までなのでお早めにどうぞ。