【小銭貯金のコツ】誰でも7年間、毎年6万円貯まった!入金方法も解説

小銭貯金しようぜ
スポンサーリンク

ストレス無く、長続きする小銭貯金の方法を紹介します。

「小銭貯金=面倒くさそう&地味」と思っていた僕でも、かれこれ7年継続しています。

小銭貯金のメリット

僕は以下「2つの悩み」を解消すべく、小銭貯金を始めました。

  1. 小銭は知らず知らずのうちに使ってしまう。
  2. 財布が重たくなる。

 

結果として無駄な出費を抑えられ、財布も軽くなります。そして結構な額を貯金できます。

貯めたお金で外食するのも良し、旅行に行くのも良しです!僕は投資に回しています。

小銭貯金は毎年どれくらい貯まるのか。

小銭貯金の成果

1年(2016年11月~2017年10月)で、58,070円の貯金ができました。毎日「約160円」を貯金していた計算になります。

※昨年は8万円近く貯金できていました。

小銭貯金を成功させる3つのコツ

小銭貯金を成功される秘訣は「ストレスを感じない」ことです。僕が編み出したコツは3つです。

  1. 貯金箱は買わない(適当な箱で良い)
  2. 財布は貯金箱の近くに置く
  3. 財布には「150円」だけ残す

 

コツ①:貯金箱は買わない

ぶたの貯金箱

適当なサイズの箱や缶を貯金箱にしましょう。貯金箱を買ってはいけません。

私は結婚式の引き出物が入っていた箱を愛用しています。

  • 貯金箱を買うのは勿体ないです。そのお金は貯金に回します。
  • 貯金箱を買うことで「貯金しなきゃ!」というプレッシャーを感じてしまいます。
  • 「ちょっとお金がない」といった時、ただの箱であれば簡単にお金を取り出せます(後ほど詳細を説明)。
貯金箱を買った時はヤル気が出ますよね!

しかし3日くらい経つと、貯金することが億劫になってきます。

 

コツ②:財布は貯金箱の近くに置く

財布と貯金箱

財布と貯金箱を近くに置くことで、「財布を置くついでに、財布から小銭を取り出す」ことを習慣化しやすいです。

「ついでに」がポイントです!貯金箱にお金を入れることを目的にすると、面倒臭くなってきます。

※小銭をたくさん収納できない財布だと、貯金額が大きくなると思います。

アブラサス「薄い財布」を本気レビュー!7年使ったから分かる事

2017.11.04

 

コツ③:財布には「150円」だけ残す

財布の中には「150円程度」の小銭だけ残し、それ以外は貯金箱へ。厳密に「150円」を数えるのは面倒なので、適当でOKです。

150円だけ財布に入れておけば、お札を崩さないで済む可能性が高くなります。
※最近はクレジットや電子マネーで買い物ができる店舗が増えていますが、自販機は電子マネー決済できないことが多い。

財布に入れていた小銭を使った場合、貯金箱から補充してOK。お札を崩すと必要以上に使ってしまうからです。

大量の小銭をお札に替える方法

小銭が貯まってきたと思ったら、小銭をお札に両替しましょう。本記事では3つの方法を紹介します。

  1. 両替する
  2. 銀行窓口で入金する
  3. ATMで入金する

 

①両替する

両替マシンを使えば小銭からお札へ即座に両替できますが、200~400円程度の手数料がかかります。窓口での両替は、もっと高いです。

コストを考えると、両替はオススメしません。

両替マシンの手数料(2017年10月30日現在)
銀行名 手数料
三菱UFJ銀行  1~500枚:1日につき1回目は無料。2回目以降は200円かかる。
500枚以上:300円かかる。
三井住友銀行 1~500枚:1日につき1回目は無料。2回目以降は200円かかる。
500枚以上:400円かかる。
みずほ銀行  1~500枚:無料。ただし、同日中に2回目以上は取引できない。
500枚以上:利用できない。

 

②銀行窓口で入金する

銀行窓口で入金する方法は手数料も時間もかかりませんので、一番おすすめです。一度入金して、出金すればお札をゲットできます。

ただし銀行店舗によって、入金前に入金額を伝えなければなりません。店舗に行く前に、確認しておくのが良いでしょう。

入金額を伝える必要がある銀行しか見つからなかった場合、これから説明する方法「③ATMで入金する」が良いでしょう。

 

③ATMで入金する

ATMで預けた

さいごはATMで硬貨を入金する方法は、少し面倒ですが手数料無料です。

僕は三菱UFJ銀行のATMを使っていますが、一度に100枚までの硬貨しか入金できません。何回かに分けて入金することになります。

数分の間、ATMを占有しなければなりません。

ATM台数が多い場所にするか、ピーク時間を割けることを推奨します。

まとめ:ストレスゼロの小銭貯金を始めましょう!

  • ストレスなく、小銭貯金を継続する3つのコツを実践してみましょう!
    1. 貯金箱は買わない
    2. 財布は貯金箱の近くに置く
    3. 財布には「150円」だけ残す
  • 貯まった小銭は「銀行窓口」で入金するのが一番良いです。
    • ただし店舗によっては、入金額を事前に伝えなければなりません。店舗へ行く前に確認しましょう。
    • ひたすらATMで入金を繰り返すこともできます。

 

▼節約したい方は必見!年間8万円以上の節約が可能です。

【口コミ】愛菜果(あいさいか)は本当に野菜を長持ちさせる袋【再利用OK】

2017.10.23

【格安SIM】ソフトバンクからDMMモバイルに乗り換えて「毎月7千円」の節約

2018.06.20

 

▼積立投資実績を公開中。色々な金融商品にチャレンジしています!

【資産運用実績をブログ公開】30代サラリーマンが毎月10万円以上を積立中

2018.08.10
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

\CMで話題!スマートフォンで簡単取引/
DMMビットコイン

口座開設するだけで1,000円、最大5,000円をもらえるキャンペーン中です!8月末までなのでお早めにどうぞ。