小銭貯金は、数十万、数百万と、一気に貯蓄できるわけではありません。
コツコツと積み重ねていくのが小銭貯金であり、”継続する”ことが大切です。

ストレス無く、長続きする小銭貯金の方法を紹介します。

E太
「小銭貯金なんて面倒くさいし、地味。」と思っていた私でも、かれこれ7年間続いていますよ!
スポンサーリンク




小銭貯金のメリット

小銭って知らず知らずのうちに使ってしまいますよね。小銭貯金をすることで無駄な出費を抑えることができます。

また、小銭よりお札の方がありがたみを感じることができます。
お札を握りしめて、美味しいご飯を食べに行くのも良し。旅行に行くのも良しです。私は、株を買っています。

そして、財布が軽くなります。沢山の小銭を持ち歩いていませんか?

どれくらい貯まるの?

一番重要なのは、いくら貯金できるかですよね?

小銭貯金の成果1年(2016年11月~2017年10月)で、58,070円の貯金ができました。
毎日、約160円を貯金していた計算になります。

なお、昨年は8万円近く貯金できていました。目標額を設定していないので、バラつきがあります。
私は、「毎日、500円を貯金に回すぞ!」みたいなことはしません。続きませんし…。

小銭貯金を成功させる3つのコツ

どうすれば、小銭貯金を成功させることができるか説明していきます。
ストレスを感じないことが成功の秘訣です。貯まったらラッキーという姿勢で臨みましょう。

①貯金箱は買わない

ぶたの貯金箱適当なサイズの箱や缶を貯金箱にしましょう。貯金箱を買ってはいけません。私は結婚式の引き出物が入っていた箱を愛用しています。

  • 貯金箱を買うのは勿体ないです。そのお金は、貯金に回すようにしましょう。
  • 貯金箱を買うことによって、「貯金しなきゃ!」というプレッシャーを少なからず感じてしまいます。ストレスのもとです。
  • 「ちょっとお金がない」といった時に、ただの箱であれば簡単にお金を取り出せます(後ほど詳細を語ります)。
E太
貯金箱を買った時はヤル気が出ますよね!しかし、3日くらい経つと、貯金することが義務になってきて億劫になってきます。

②貯金箱は財布の近くに

財布と貯金箱財布と貯金箱は近くに置くようにしましょう。
財布を置くついでに、財布の中身を整理する習慣をつけましょう。

E太
”ついでに”するのがポイントです!貯金箱にお金を入れることを目的にすると、面倒臭くなってきます。

 

小銭をたくさん収納できない財布だと、効果倍増です。

参考

【レビュー】アブラサス薄い財布を7年使って感じた4つの事

③財布に残す小銭の金額を決めておく

財布の中には、150円程度の小銭を残しおきましょう。それ以外の小銭は、貯金箱へ。
※貯金箱に入れる額を決めるのではありません。

財布に150円を入れる理由

最近はクレジットや電子マネーで買い物ができる店舗が増えていますが、自販機は未対応のケースが多いです。150円入れておけば、お札を崩さずに飲み物が買えます。

お札を使わないようにするためなら、小銭を財布に戻すのもOKです。
お札を出すのって、抵抗がありませんか?些細かもしれませんが、ちょっとしたストレスになります。

E太
厳密に”150円”を数えるのは億劫なので、適当でいいです。

大量の小銭をお札に替える方法

さて、小銭が貯まってきたと思ったら、お札に替えましょう!3つの方法を紹介します。

①両替する

両替マシンで素早く両替できますが、200~400円程度の手数料がかかります。
窓口での両替は、もっと手数料が高いです。

両替は、オススメしません。

両替マシンの手数料(2017年10月30日現在)
銀行名 手数料
三菱東京UFJ銀行  1~500枚:1日につき1回目は無料。2回目以降は200円かかる。
500枚以上:300円かかる。
三井住友銀行 1~500枚:1日につき1回目は無料。2回目以降は200円かかる。
500枚以上:400円かかる。
みずほ銀行  1~500枚:無料。ただし、同日中に2回目以上は取引できない。
500枚以上:利用できない。

②銀行窓口で入金する

とても楽です。そして手数料がかかりません。
一度入金して即座に出金すれば、お札をゲットできます。

この方法がオススメです!

ただし、同じ銀行でも店舗によっては、入金前に入金額を伝えなければなりません。
店舗に行く前に、確認しておくのがベターです。

E太
小銭を自分で数えるなんて、面倒すぎでしょ!銀行窓口を利用できなくても、まだチャンスがあります。その方法は、ATMで入金です。

③ATMで入金する

「②銀行窓口で入金する」ことができなかった場合の対応策です。

ATMで預けたATMで、ひたすら硬貨を入金していきます。
一度に100枚までの硬貨しか入金できませんので、何回かに分けて入金することになります。
※100枚を超えた分は、返却されます。

ちょっと面倒ですが、手数料がかかりません。

E太
少しの間、ATMを占有しなければなりません。人目を気にする方は、ATM台数が多いところで入金作業をするようにしましょう!

まとめ

  • ストレスなく、小銭貯金を継続する3つのコツを実践してみましょう!
    コツ①:貯金箱は買わない
    コツ②:貯金箱は財布の近くに
    コツ③:貯金箱に入れる金額を決めておく
  • 貯まった小銭は、銀行窓口で入金するのが一番良いです。ただし、店舗によっては入金額を入金前に伝えなければなりませんので、店舗へ行く前に確認しましょう。ひたすらATMで入金作業を繰り返すこともできます。
この記事が気に入ったらシェアしよう!
スポンサーリンク