【仮想通貨】エアドロップ(AirDrop)の実績・受け取り方法を簡単に紹介

スポンサーリンク

身銭を切った投資活動に励みつつも、たくさんのエアドロップに参加しているE太です。

そんな僕が、実際に仮想通貨を受け取れたエアドロップ案件(実績)を公開します。また備忘を兼ねて、受け取り方法を整理しました。

更新:2018年7月6日

随時、受け取りを確認できた案件を更新しています。

仮想通貨エアドロップの実績・受け取り方法まとめ

エアドロップの実績と受け取り方を説明していきます

確実に仮想通貨を受け取れた案件をまとめました。(登録したサイトに保管されている場合、出金もしくは使用できるようになったら追記)

銘柄名 シンボル 受け取る方法
AELF ELF 公式ページで出金申請する
Viberate VIB 公式ページで出金申請する
ETHLEND LEND Eidooアプリダウンロードで入金
IOSToken IOST アクション不要でETHアドレスへ入金
Lino LINO アクション不要でETHアドレスへ入金
Kinguin Krowns KRS アクション不要でETHアドレスへ入金
Havven HAV アクション不要でETHアドレスへ入金
Arcoin AR2 アクション不要でETHアドレスへ入金
ECHARGE ECHG アクション不要でETHアドレスへ入金
PHI PHI アクション不要でETHアドレスへ入金
CIBUS CBT KYC&送金手数料負担で、ETHアドレスへ入金
MeshBox MESH アクション不要でETHアドレスへ入金
XDAC XDAC アクション不要でETHアドレスへ入金
Skrumble Candy SKM-CDY アクション不要でETHアドレスへ入金
Cybereits CRE アクション不要でETHアドレスへ入金
Chronobank TIME アクション不要でETHアドレスへ入金
Crowd for Angels ANGEL アクション不要でETHアドレスへ入金
FRESCO FRES アクション不要でETHアドレスへ入金
SanDeGo SDGO アクション不要で独自ウォレットアドレスへ入金
Olympus Labs MOT アクション不要でETHアドレスへ入金
GPN Coin GPN 送金手数料負担で、ETHアドレスへ入金
Saifu SFU アクション不要でETHアドレスへ入金
CryptoFlix FLIX アクション不要でETHアドレスへ入金
Opet Foundation OPET アクション不要でETHアドレスへ入金
HODLit Network HIT 送金手数料負担で、ETHアドレスへ入金
Kryptono Exchange KNOW 公式ページ申請すれば、売買・出金できる
APIS APIS アクション不要でETHアドレスへ入金
ALX ALX アクション不要でETHアドレスへ入金
Spindle SPD アクション不要でETHアドレスへ入金
elementh EEE アクション不要でETHアドレスへ入金
Signals SGN アクション不要でETHアドレスへ入金
KanadeCoin KNDC アクション不要でETHアドレスへ入金 
ExTrade EXTRA アクション不要でETHアドレスへ入金
Lamoneda LMDA アクション不要でETHアドレスへ入金
Themis GET アクション不要でETHアドレスへ入金
Marginless MRS アクション不要でETHアドレスへ入金
BrickBlock BBK アクション不要でETHアドレスへ入金
Blok BLOK アクション不要でETHアドレスへ入金
BreezeCoin BRZC アクション不要でETHアドレスへ入金 
ETHERC EET アクション不要でETHアドレスへ入金 
BaaSid BAAS アクション不要でETHアドレスへ入金 
CarLive Chain IOV アクション不要でETHアドレスへ入金 
Naviaddress NAVI アクション不要でETHアドレスへ入金 
0chain ZCN アクション不要でETHアドレスへ入金 
Coinpayment CPS 要実施(公式サイトで引き出し申請すれば良さそう)
NeoNameService NNC NEO保有者に対してNEOアドレスへ自動入金

(今後も追記していきます)

※これまでに参加した案件は「エアドロップ終了案件まとめ」をどうぞ。

エアドロップの受け取り方法は色々あります

エアドロップの受け取り方法をパターン化してみる

エアドロップの受け取り方法は、いくつかのパターンがあります。(僕が出会ったものをパターン化)

  1. 何もしなくても良い(一番多いケース)
    • エアドロップ参加時に入力したETHアドレスへ、勝手に入金されています。
  2. 自分で出金申請する(まあまあ多いケース)
    • エアドロップ参加時に登録したサイトで、出金申請する場合があります。
    • 受取額から手数料分を差し引かれることが多いです。
    • また、ICO終了後に出金できるケースが大半。
  3. 受け取りの際にKYCが求められる
    • 氏名や住所の入力、パスポート画像の送付などを行う。
  4. 送金手数料の負担を求められる
    • 僕たちが仮想通貨を受け取るためには、プロジェクト側が仮想通貨を送金しなければなりません。
    • 送金時にかかる手数料の負担を要求してくる案件があります。
    • 相場は数十円なので痛くないですが、高額だと怪しい気がします。

 

何もしなくて良いケースが大半ですが、何かしらアクションを求められるケースもあります。

エアドロップ参加時に分かれば良いんですけど、分からないものばかり。相手の要求を呑むか否かは、自身で判断ねがいます。

さいごに:エアドロップはメリット沢山

エアドロップ生活を楽しもう

僕がエアドロップをやっている理由は以下の通り。けっこうメリットがあると思います。

  • 身銭を切らずに、資産形成できる。
  • たくさんのアルトコインと出会うことができ、仮想通貨に詳しくなる。

 

今後も「良質なエアドロップ」を見つけ、以下の記事にまとめていきます。エアドロップ生活を満喫しましょう。

仮想通貨エアドロップ(AirDrop)情報まとめ【2018年最新&厳選】

2018.07.12

 

▼忙しい人向け!ほったらかし投資▼

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

\CMで話題!スマートフォンで簡単取引/
DMMビットコイン

口座開設するだけで1,000円、最大5,000円をもらえるキャンペーン中です!7月末までなのでお早めにどうぞ。