$ETHは未だ価格を下げるのか?|仮想通貨 時価総額ランキングTOP50の推移(2018年9月15日)

スポンサーリンク

トレンド把握のために、仮想通貨の時価総額ランキングTOP50を記録しています。

※「CoinMarketCap」を基に、2018/9/15 10:40時点のデータをまとめています。
※前回との比較は2018/9/8時点のデータを用いています。

仮想通貨の時価総額/銘柄数、BTCドミナンス

仮想通貨市場における合計時価総額/銘柄数、BTCドミナンスは以下の通り。

今回 前回 比較
時価総額合計 22.61兆 22.70兆 -0.08兆
銘柄数 1,960 1,926 +34
BTCドミナンス 55.7% 54.9% +0.8%

仮想通貨の時価総額ランキングTOP50

仮想通貨時価総額ランキングTOP50を発表していく

まず1位から10位の発表です。
※括弧内は前回の順位を示す(圏外は50位未満を指す)。

順位 前回 銘柄名
1 BTC Bitcoin
2 ETH Ethereum
3 XRP Ripple
4 BCH Bitcoin Cash
5 EOS EOS
6 XLM Stellar
7 LTC Litecoin
8 USDT Tether
9 ↑(10位) XMR Monero
10 ↓(9位) ADA Cardano

続いて11位~30位です。

順位 前回 銘柄名
11 MIOTA IOTA
12 DASH Dash
13 TRX TRON
14 NEO NEO
15 ETC Ethereum Classic
16 BNB Binance Coin
17 ↑(19位) XTZ Tezos
18 ↓(17位) XEM NEM
19 ↓(18位) VEN VeChain
20 DOGE Dogecoin
21 ZEC Zcash
22 OMG OmiseGO
23 LSK Lisk
24 ↑(28位) BTG Bitcoin Gold
25 ↓(24位) BCN Bytecoin
26 ↑(29位) NANO Nano
27 ↓(25位) ONT Ontology
28 ↑(30位) DCR Decred
29 ↓(26位) ZRX 0x
30 ↓(27位) QTUM Qtum

最後に31位~50位です。

順位 前回 銘柄名
31 ↑(36位) MKR Maker
32 ↓(31位) BCD Bitcoin Diamond
33 BTS BitShares
34 DGB DigiByte
35 ↓(32位) ZIL Zilliqa
36 ↓(35位) ICX ICON
37 ↑(38位) AE Aeternity
38 ↑(41位) WAVES Waves
39 ↓(37位) STEEM Steem
40 ↓(39位) XVG Verge
41 ↓(40位) SC Siacoin
42 ↑(47位) ETP Metaverse ETP
43 ↑(44位) BTM Bytom
44 ↓(43位) NPXS Pundi X
45 BAT Basic Attention Token
46 ↓(42位) HOT Holo
47 ↓(46位) REP Augur
48 ↑(50位) STRAT Stratis
49 ↑(圏外) RHOC RChain
50 ↑(圏外) GNT Golem

順位が下がった銘柄たち

順位が下がった銘柄を紹介

ランクが下がった銘柄を「変動した幅」別にまとめます。

圏外へ Waltonchain/Populas
4位下落 Holo
3位下落 0x/Qtum/Zilliqa
2位下落 Ontology/Steem
1位下落 Cardano/NEM/VeChain/Bytecoin/Bitcoin Diamond/ICON/Verge/Siacoin/Pundi X/Augur

 

  • 圏外へ戻ったWaltonchainやPopulasは、40位後半~50位台に位置していることが多いです。今回の順位変動に違和感なし。
  • Holoは79位→65位→42位と順位を上げてきましたが、今週はランクダウン。とは言え50位以内をキープしています。

順位が上がった銘柄たち

順位が上がった銘柄を紹介

ランクが上がった銘柄を「変動した幅」別にまとめます。

圏外から RChain/Golem
5位上昇 Maker/Metaverse ETP
4位上昇 Bitcoin Gold
3位上昇 Nano/Waves
2位上昇 Tezos/Decred/Stratis
1位上昇 Monero/Aeternity/Bytom

 

  • 圏外から復帰したRChainやGolemは、40位後半~50位台の常連銘柄。

コラム:ETH(イーサリアム)は未だ価格を下げる?

ETHチャート(2017年~)

ETHチャート(2017年~)

2017年7月ぶりに、ETH価格が2万円を下回りました。

すぐに価格が戻ったETHに粘り強さを感じますが、まだまだ価格が下がる可能性は大いにある…と思っています。

 

時価総額(2017年~)

時価総額(2017年~)

時価総額が下がり続けている通り、今は仮想通貨市場への資金流入がほとんどありません。

むしろ仮想通貨市場から資金が抜けています。

ドミナンス(2017年~)

ドミナンス(2017年~)

仮想通貨市場が縮小している中、買われているのはBTC。じわじわとBTCドミナンスが高まっています。

イーサリアムの実用化が進むか、投機マネーが流入するイベントがない限り、ETHに資金が入ってこないと思われます。

 

イーサリアムの実用化は進んでいるのか?DappRadarを見てみます。

イーサリアムdApps(2018/9/15)

イーサリアムdApps(2018/9/15)

上画像の通り、イーサリアム上のdApps(分散型アプリ)はそこまで使われていないです。

代表ゲーム「クリプトキティーズ」でも、24時間のユーザー数は500人未満…。

 

そもそも「dApps」という言葉自体を聞いたことが無い人は多いはず。dApps開発に注力している企業も少ないので、納得できる結果です。

まだまだ、これからですね。

 

長い目で見れば、ETHはまだまだ価格を下げることはあるでしょう。

価格が下がると損失はどんどん大きくなりますが、気長に積立を続けていきます。

関連記事:コイン積立 運用実績】7か月目はマイナス49.2%(2018年8月)

さいごに:時価総額は重要な指標!今後も要チェック

株式と同様、仮想通貨も「時価総額」は投資判断する上で重要な指標です。今後も定期的に推移をまとめていきます。

興味がある方はブックマークもしくはTwitterフォロー(@raku2life55して頂ければ幸いです。

 

⇦前回(2018年9月8日)の結果を見る

次回(2018年9月22日)の結果を見る⇨

今週ホットな記事:合わせてどうぞ

▼中国版イーサリアムと言われる「NEO」の積立をはじめました。

【仮想通貨】NEOを毎月1万円積立してみる!値上がり・GAS配当に期待

2018.09.10

 

▼無駄な手数料を払いたくないなら、売買・送金手数料ゼロの「ビットポイント」がおすすめ。今なら3,000円相当のビットコインを配布キャンペーンを開催中。

ビットポイント(BITPoint)の評判|取り扱い通貨・手数料・安全性も説明

2018.09.14
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

仮想通貨取引所「Liquid」の激アツキャンペーン

QUOINEX
23,000円相当の仮想通貨を配布中。すぐに現金化するのも良し、値上がりを待つのも良し!