話題のビットコイン積立をはじめよう!

【DeFi】Cub FinanceでDEC-BUSDのLPファーミングしている理由・やり方

Cub FInanceでLPファーミング

Splinterlandsというブロックチェーンゲームをしていたら、ゲーム通貨を用いたファーミングできるというニュースが飛び込んできました。

PancakeSwapで味を占めていた私は、すぐに喰いつきました!

15万円を投入して1ヶ月弱寝かせていたら、2万円近くの利息をゲット!さらに調子に乗り、10万円分だけ追加投入。

 

ライオンマークの怪しそうなDeFiサイト(Cub Finance)

ライオンがコインを持っている怪しそうなDeFiサイト(Cub Finance)で計25万円分だけ運用している私が、以下をまとめてみました。

本投資は高リスクであり、勧めたいわけでは無いです。ご参考にどうぞ!

当記事で分かること
  • なぜDEC-BUSD LP(流動性プール)ファーミングしているのか?
  • Cub FInanceでのLPファーミング方法

DEC-BUSD LPファーミングを始めた理由

BSC(バイナンススマートチェーン)上のDeFiサイトは、似たようなものが沢山あります。

今はPancakeSwapが大人気ですよね。

PancakeSwapが人気

日本でも多くのパンケーキ職人が、毎日パンケーキを焼き上げています。
(ファーミングして、$CAKEを利息として受け取っている)

 

私もパンケーキ職人の一人だったわけですが、退職しました(資金を全部抜きました)。

そして今はCub Financeにいます。理由はDEC-BUSDペアでのファーミングができるから!

DEC-BUSDファーミングに惹かれた理由はシンプルです。

DEC-BUSDでファーミングしている理由
  1. 利回りが高い
  2. DECを発行しているSplinterlandsが面白い
  3. DEC・BUSD共に価格変動しにくい

理由①:利回りが高い

たくさん利息収入をもらえて、ウハウハです。ただし利息は$CUB(Cub Financeの通貨)で支払われます。

Cub FInanceに魅力を感じていない方は、定期的にBTCやETHへ替えるのが良いでしょう。

理由②:DECを発行しているSplinterlandsが面白い

Splinterlandsが面白くなかったら、わざわざリスクをとって流動性提供しません。

Splinterlandsはゲーム性が高く、インセンティブ設計が上手なブロックチェーンゲームであり、これから更に伸びると思っています。

日本語対応したら日本人ユーザーも急増するのでは?!

Splinterlandsの始め方・稼ぎ方【日本語解説】Splinterlands(スプリンターランド)の遊び方・稼ぎ方まとめ

理由③:DEC・BUSD共に価格変動しにくい

1DEC=0.1円付近になるように設計されていますし、BUSDは米ドルペッグ通貨です。つまり価格変動しにくいペアと言えます。

元本割れリスクを減らせるので、平常心で預けていられると思いました。

 

 

Cub Financeに資金を預けることの不安

DEC-BUSDペアでのファーミングがPancakeSwapで対応したらパンケーキ職人に戻るかもしれませんが、Cub Financeも悪くは無いはず。

Splinterlandsの創業者が公式Discordでアナウンスしていますからね。

Splinterlands創業者のアナウンス

参考 DEC Bridge to バイナンス Smart Chain(BSC)&Farming on Cub Defi!PeakD

Splinterlandsのゲーム通貨を信じている時点で、Splinterlandsの創業者を信じないとダメだなと思っています。

Cub FInanceでのLPファーミング方法

Cub FInanceでのLPファーミング方法

まず海外取引所バイナンスで、BNB(バイナンスコイン)を調達する必要があります。

この段階で面倒だと感じた方は辞めておきましょう。なぜなら今後面倒なステップが続くからです。

BNBを調達する流れ
  1. 国内取引所(入出金手数料・取引手数料が無料のGMOコインがオススメ)へ日本円を送る
  2. ETHを日本円で買う
  3. バイナンスへETHを送る
  4. BNBをETHで買う
  5. メタマスクへBNBを送る

メタマスクへBNBを送るときに、BSC接続する必要があるため注意が必要です。

既にPancakeSwapなどのBSCアプリを触っている人は対応不要。

参考 メタマスクのバイナンススマートチェーンへの接続方法Binance Academy

 

これからDEC-BUSD LPファーミングする流れを見てみましょう。例として0.4BNBをファーミングしてみました。

※難しい画面ではないため、事細かに解説していません。

手順1
BNBをDECにスワップ

BNBをDECに替える

FromにBNB、ToにDECを設定します。ファーミングしたい額の半分を入力して[Swap]を押します。

手順2
BNBをBUSDにスワップ

BNBをBUSDに替える

FromにBNB、ToにBUSDを設定します。手順1と同じ金額のBNBを指定して[Swap]を押します。

手順3
LPトークンを受け取る

LPトークンを受け取る

[Add Liquidity]を押します。

LPトークンを受け取る

先ほど両替したDECとBUSDの金額を指定して、[Supply]を押します。

手順4
LPをステーキングする

LPをステーキングする

[Approve Contract]を押して、[Stake]に進みます。あとはLP数を入力して[Confirm]を押して進んでいきます。

※上記画像はステーキングが完了した時のものです。

あとは寝かせておくだけです。利息の$CUBをハーベストして、$BTCや$ETHに替えるのもあり。

さいごに:リスクが高いから利回りが高い

銀行に日本円を預けていても、利回りは良くて0.1%ですよね。しかしDEC-BUSDを預けていれば200%!

こんな高利回り商品を周りに教えたら「詐欺じゃないの?」って心配されるレベルですよね。

 

私は以下リスクを認識した上で、DEC-BUSDのLPファーミングをしています。

  • Splinterlandsが過疎ったら、$DECの価値が無くなる
  • バイナンスに依存しすぎている(ブロックチェーンがバイナンスで、USDもバイナンス)
  • 利息として得られる$CUBの価値が無くなる
  • Cub Financeが夜逃げする(飛ぶ)かもしれない

それなりにリスクがあると思いますので、無くなっても後悔しない程度に留めておくべきでしょう。

2021/5/8追記:投資終了しました

魔界と呼ばれるBSC(バイナンススマートチェーン)上のDeFiは、控えめにすることにしました。

理由は、ValueDeFiプロジェクトでハッキング被害があったこと。

何となくプロジェクトのことを信用して、大切なお金を注ぎ込んでいた自分が怖くなりました。

 

というわけで・・・

CUB Financeもハッキングされる可能性があるわけではないのですが、安心して暮らせるように全ての流動性プールを解除しました。

2ヶ月にわたり流動性を提供しているだけで、元本割れなく430ドル相当の収入を得ることができてラッキーです。

 

以上です。関連記事も合わせてどうぞ。

▼下手な投資をせずに、無難にビットコインを集めるのが吉でしょう。私は毎月5,000円だけビットコイン積立しています。

仮想通貨(ビットコイン)積立の実績公開します!ビットコイン積立は儲かる?運用実績をブログ公開【おすすめ仮想通貨取引所も】

20,30年後を見越して自分年金をやっています。コツコツと米国株を買っており、毎月の配当収入が1万円を突破しました!

株主優待・配当の実績まとめ【最新】優待・配当金成績をブログ公開!高配当米国株とETFに分散投資中

▼ブロックチェーンゲームで課金するなら、無駄な手数料を払わないで良い取引所を使いましょう。

NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)するなら!?おすすめ仮想通貨取引所