話題のビットコイン積立をはじめよう!

【株主優待・配当金生活】2019年10月の収入は8,006円!2年経過したので振り返り

優待・配当投資成績

30代前半サラリーマンのぶるたろうです。株主優待・配当生活を目指して2年経過しました。

まずは毎月1万円の配当を安定的に得ることを目指しており、その成長過程をブログで綴っていきます。

2019年10月の株主優待・配当金

今月の不労所得は8,006円でした。昨年の同月は2,846円であり、2.8倍成長しています。

株主優待・配当生活2年目の成績

1年目の実績データ(クリックして開く)
受け取り金額推移(単位:円)
年月株主優待配当累計
2017/11+0+141141
2017/12+0+161302
2018/1+0+428730
2018/2+10,000+13710,867
2018/3+4,612+51615,995
2018/4+0+15116,146
2018/5+0+61416,760
2018/6+0+2,10018,860
2018/7+0+15619,016
2018/8+0+1,88420,900
2018/9+0+12021,020
2018/10+2,700+14623,866
2年目の実績データ
受け取り金額推移(単位:円)
年月株主優待配当累計
2018/11+0+11523,981
2018/12+0+1,95625,937
2019/1+0+1,25827,195
2019/2+11,000+61438,809
2019/3+6,124+1,07646,009
2019/4+0+1,53647,545
2019/5+0+4,10851,653
2019/6+0+5,81957,472
2019/7+0+2,33659,808
2019/8+0+5,20365,011
2019/9+2,000+3,12770,138
2019/10+0+8,00678,144

 

株主優待の内訳

今月の株主優待はありませんでした。

 

配当金の内訳

配当収入があったのは、以下4銘柄でした。日本円換算で8,006円です。

税引き後の配当収入
銘柄株数米ドル日本円*
VT71$26.532,882円
VYM 24$16.721,817円
PFE35$4.89531円
MO36$25.552,776円
合計$73.698,006円

*米ドルでもらった配当は、1ドル=108.65円で日本円換算しています。

2019年10月の買付実績

今月は以下3銘柄を20万円分買い付けています。詳細は「2019年10月の投資ログ」をご覧ください。

  • インデックス戦略銘柄
    • VT=12.5万円
  • リターン補完戦略銘柄
    • VYM=1.8万円
    • MO=2.6万円
    • XOM=2.9万円

2019年10月のポートフォリオ

特定の銘柄に偏っていないか、株式ポートフォリオをチェックしておきます。

2019年10月のポートフォリオ

株主優待・配当投資のポートフォリオ
銘柄評価額(円)割合
VT (全世界株式ETF)729,17027.6%
VTI (全米株式ETF)134,4835.1%
VYM (米国高配当株式ETF)254,0159.6%
PFF (米国優先株式ETF)142,8315.4%
JNJ (ジョンソン&ジョンソン)144,3315.5%
PFE (ファイザー)12,5430.5%
ABBV (アッヴィ)173,1016.5%
PG (P&G)13,5750.5%
MO (アルトリア・グループ)209,7297.9%
BTI (ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)115,4844.4%
XOM (エクソンモービル)169,2296.4%
NGG (ナショナル・グリッド)144,3145.5%
日本株401,90015.2%
合計2,739,329100.0%

日本株全般に含まれるのは、シダックスクックパッド双日東急不動産楽天ヴィレヴァンTATERUです。

今後の予想配当収入・配当利回り

上述のポートフォリオを1年間維持した場合、予想配当収入(税引き前)は年112,808円です。

  • 元本ベースの配当利回り =4.1%
  • 評価額ベースの配当利回り=4.2%

 

米国ETF・個別株

米国株保有による予想配当収入は年827.0ドル(89,848円)です。

月別の配当収入 概算金額(ドル)

保有銘柄の配当金権利落ち日、配当支払い日まとめ【米国株・ETF】保有銘柄の配当金権利落ち日、配当支払い日まとめ

 

日本個別株

日本株保有による予想配当収入は年21,960円です。ヴィレヴァン優待券が寄与しています。

ヴィレバン株主優待の使い方ヴィレッジ・ヴァンガード株主優待券はいつ届く?おすすめの使い方を紹介

配当生活に向けたKPIの達成状況

配当収入の目標・KPI設定」で書いたように、3つのKPIを定めています。それぞれの達成状況を確認しておきます。

 

KPI①:投資金額の目安は年間130万円

配当生活を目指して2年目(2018年11月~2019年10月)の投資金額は160万円であり、KPIを十分に満たしました。
リレー投資と配当の再投資分を除いた、純粋な投資額。

 

KPI②:配当利回り(税引き前)は3.3%以上

現在の評価額をベースに算出した配当利回り(税引き前)は4.2%であり、大いに達成しました。

しかし、インデックス戦略銘柄であるVT(全世界株式ETF)を増やしていく計画なので、今後も配当利回りが下がるのは止む無し。

 

KPI③:配当収入は100%再投資へ

今期中に受け取った配当金は、生活の足しにせず、再投資できているので問題なし。

株主優待・配当金生活2年目の振り返り

株主優待・配当金生活も2年が経過しました!月日が経つのは、あっという間です。

スズメの涙ほどの不労所得しか得られなかった1年目と比べ、2年目は成長したものです。

 

優待・配当金額の推移

毎月の配当金・3か月平均

過去3か月平均が上昇していることを、お分かりいただけるでしょう。

元本を増やしていくだけの単純作業を毎月繰り返すだけで、日に日に配当収入が多くなっていくのです。

 

優待・配当を踏まえた投資成績

配当収入を得られても、トータルで損していては意味がありません。

というわけで、優待・配当を踏まえた投資成績を見ていきます。

優待・配当を踏まえた投資成績

優待・配当金額は徐々に積みあがっていますが、買付時より評価額が下がっているので、損益としてはトントンです。

配当生活は複利効果を活かして「雪だるま式」に潤っていくものなので、時間を味方に投資していく他ないです。

さいごに:来月の買付計画

大暴落を想定した株式ポートフォリオ・売買手法」に従い、来月も買付していきます!

<買付手法>

  • 毎月
    • インデックス戦略銘柄(VT)から6.5万円分
    • リターン補完戦略銘柄(VYMPFF)から1.5万円分
    • リターン補完戦略銘柄(米国個別株7種)から5万円分
  • 都度
    • 予定より多くの収入を得られた際、ETF・米国個別株を追加買付
    • 国内個別株が希望価格より下回った際、買付を検討

さらに塩漬けしていた金・銀・プラチナを売却して生まれた軍資金(約18万円)を使って、11月も追加投資予定です。

 

以上です。

最新の株主優待・配当実績を見たい方は、合わせてどうぞ!配当受け取り額がじわじわと増えています。

株主優待・配当の実績まとめ【最新】優待・配当金成績をブログ公開!高配当米国株とETFに分散投資中