【PFF(iシェアーズ 米国優先株式ETF)】配当金を加味した損益実績

PFF(iシェアーズ 米国優先株式ETF)の運用実績
スポンサーリンク

【随時更新】
海外ETFの「PFF(iシェアーズ 米国優先株式ETF)」への投資状況を公開します!本記事では以下2点をまとめました。

  1. 配当金による儲け
  2. これらの儲けを加味した損益状況

PFF(iシェアーズ 米国優先株式ETF)の特徴

PFFは、米国の優先株式で構成される指数(S&P米国優先株式インデックス)と同等の投資成果をあげることを目指しています。

  1. 債券と株式の性質の両方を有する「米国の優先証券」に投資
  2. 1つのファンドにより米国の優先株式に投資できる
  3. インカムゲインを得るために活用できる

参考サイト:BlackRock

優先株式とは?簡単に説明

議決権が無い(会社経営に参加する権利が無い)代わりに、優先的に配当を受け取れる株式です。

 

PFFの投資先は米国&金融系がメイン

PFFの投資地域(2018年10月25日時点)

PFFの投資地域(2018年10月25日時点)

9割近く「米国」の株式に投資しています。イギリス・オランダが数%。

 

PFFの投資業種(2018年10月25日時点)

PFFの投資業種(2018年10月25日時点)

PFFの投資先は金融メインです。「銀行業」「各種金融」「保険業」の3業種だけで、約71%を占めています。

 

PFFの組入上位10銘柄

PFFの組入銘柄(2018年10月25日時点)

PFFの組入銘柄(2018年10月25日時点)

ヘルスケアのBDX、公益事業のSRE以外は、大手金融機関ばかり。

日本でも馴染みがあるのは、バークレイズ、シティグループ、HSBCあたりでしょうか。

 

PFFの配当金

毎月分配されます。1株あたりの年間配当額は2.24ドル(税引前)であり、配当利回りは6.21%!

 

PFFの信託報酬(運用管理費)

純資産総額に対して、毎年0.46%の手数料を支払うことになります。少々高めですが、配当利回りで十分に補えます。

 

PFFの価格チャート

PFFチャート(~2018年10月26日)

PFFチャート(~2018年10月26日)

PFFの値動きは横ばい状態が続いているので、僕はキャピタルゲインには期待していません。インカムゲイン狙いです。

ただしリーマンショックでは50$から15$まで暴落しています。含み損が大きくなるリスクを覚悟すべきですね…

 

PFFの最小購入単位

1株単位で購入できます。(株価が35ドルなら、最低35ドル必要)

PFF投資の損益状況まとめ

配当(税引後)による儲けを加味した損益をまとめました。ドルベースでも円ベースでも赤字です。

配当を加味した損益計算(単位:ドル
年月 元本 評価額 配当 損益
~2018/10 197.55 180.50 9.31 -7.74
(-3.9%)
配当を加味した損益計算(単位:
年月 元本 評価額 配当 損益
~2018/10
22,256 20,203
1,042 -1,011
(-4.5%)

※今後、配当をもらったタイミングで更新。

 

売買履歴

  1. 2017年10月:5株を購入(1株=39.51ドル、1ドル=112.66円)

PFF投資による配当金

配当金(税引後)の受け取り状況は、以下の通り。4%以上の利回りを実現しています。

配当金の受け取り・利回り状況(単位:ドル
元本 配当金 利回り
2017/11
~2018/10
197.55$
9.31$
4.71%

さいごに:海外ETF「PFF」の買い方

証券会社で口座開設すれば、PFFを購入できます。

僕は「楽天証券」を使っています。手数料はリーズナブルで、以下のような恩恵を受けられてオススメです。

 

関連記事:合わせて読みたい

▼毎月10万円以上を積立投資中。実際に儲けている金融商品・サービスが一目瞭然!

【資産運用実績をブログ公開】30代サラリーマンが毎月10万円以上を積立中

2018.11.10
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

仮想通貨取引所「Liquid」の激アツキャンペーン

QUOINEX
23,000円相当の仮想通貨を配布中。すぐに現金化するのも良し、値上がりを待つのも良し!