【Excel:AVERAGE関数】平均を求める(文字列・空白セル・論理値を無視)

Excel関数AVERAGE
スポンサーリンク

「AVERAGE関数って何?」「どのように使えばいいの?」といった疑問を、1分以内に解消できるように分かりやすく説明します。

AVERAGE関数とは?

セル子
英語テストの結果が出ました。私が一番でした!
エク先輩
僕の点数のことは置いておき、今日はAVERAGE関数を使ってみよう。簡単に平均値を求めることができるんだ!

用途

指定した範囲内の平均値を求める。

AVERAGE関数の使用頻度

★★★(3つ星)

(使用頻度の目安)
★★★:よく使う。手が勝手に動くレベルまで練習したほうがいい。
★★☆:まあまあ使う。知っておいて後悔しない。
★☆☆:あまり使わない。頑張って覚えなくてもいい。

AVERAGE関数の入力方法

=AVERAGE(,…)

数値、またはセル範囲を指定します。

AVERAGE関数の使い方

エクセルAVERAGE関数1
  • 平均値を求めるために、F3セルに以下の関数を入力します。
    =AVERAGE(B3:B6)
  • 太郎さんはテストを欠席していますので、3人(エク先輩・セル子・権吉)の平均を出します。答えは「70」になります。
    (50+90+70)÷3=70

 

エク先輩
文字列、空白セル、論理値(True/False)は無視されるんだ!

あわせて知っておきたい関数

関数名 頻度 できること
MAX ★★★ 指定した範囲内の最大値を求める。
MIN ★★★ 指定した範囲内の最小値を求める。
AVERAGEA ★★☆ 範囲内の平均を求める。(文字列、空白セル、論理値は0として扱う)

>>【まとめ】仕事を早く終わらせるために、知っておくべきExcel関数

おさらい

セル子
平均を求めるのが、AVERAGE関数!覚えやすいですね。
エク先輩
基本中の基本の関数だから、絶対に忘れないでね。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

仮想通貨取引所「Liquid」の激アツキャンペーン

QUOINEX
23,000円相当の仮想通貨を配布中。すぐに現金化するのも良し、値上がりを待つのも良し!