【エクセル】複数の文字列を結合するCONCATENATE関数

Excel関数CONCATENATE
スポンサーリンク

「CONCATENATE関数って何?」「どのように使えばいいの?」といった疑問を、1分以内に解消できるように分かりやすく説明します。

CONCATENATE関数とは?

セル子
CONCATENATE関数って長い文字数だなー。入力が面倒くさい。
エク先輩
CONCATENATE関数か、”&(アンド)”を使えば、複数の文字列を結合できるんだ。

どちらを使うかは好みの問題なんだけど、CONCATENATE関数は簡単だし、知っておこう。

用途

複数の文字列を結合する。

使用頻度

★★☆(2つ星)

(使用頻度の目安)
★★★:よく使う。手が勝手に動くレベルまで練習したほうがいい。
★★☆:まあまあ使う。知っておいて後悔しない。
★☆☆:あまり使わない。頑張って覚えなくてもいい。

入力方法

=CONCATENATE(,…)

文字列や数字を直接入力、またはセルを指定します。
※最大で255個の項目、合計 8,192 文字を指定可。

CONCATENATE関数の使い方

エクセルCONCATENATE関数1
  • 携帯電話番号の先頭3桁、上4桁、下4桁を結合してみましょう。E2セルに以下の関数を入力します。
    =CONCATENATE(B2,”-“,C2,”-“,D2)
  • B2・C2・D2セルの間に、”-(ハイフン)”を挟んでいます。
  • 結果は「080-aaaa-bbbb」になります。

 

エク先輩
“&(アンド)”を使う場合は、「=B2&”-“&C2&”-“&D2」と入力すれば良い。

こちらの方が簡単かな?

あわせて知っておきたい関数

関数名 頻度 できること
CONCAT ★★☆ 複数の文字列を結合する。
(CONCATENATE関数の上位互換であり、セル範囲を指定可)
※Excel2016から利用できます。
TEXTJOIN ★★☆ 複数の文字列を結合し、結合する各テキストの間に、指定した区切り記号を挿入する。
※Excel2016から利用できます。

>>【まとめ】仕事を早く終わらせるために、知っておくべきExcel関数

おさらい

セル子
複数の文字列を結合するのがCONCATENATE関数!

長ったらしい関数名ですね。

エク先輩
コンカチ関数って言う人もいるよ!

CONCATENATE関数か、”&(アンド)”を使って、文字列を結合できるようになっておこう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!