「COUNT関数って何?」「どのように使えばいいの?」といった疑問を解消します。

それでは、分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク




COUNT関数とは?

セル子
テストを受けた人を数えるか!いちいち数えるのが面倒くさいー。
エク先輩
ちょっと待った!COUNT関数を使おうじゃないか。

 

用途

指定した範囲に含まれる、数値が入力されているセルの個数を求める。

使用頻度

★★☆(2つ星)

(使用頻度の目安)
★★★:よく使う。手が勝手に動くレベルまで練習したほうがいい。
★★☆:まあまあ使う。知っておいて後悔しない。
★☆☆:あまり使わない。頑張って覚えなくてもいい。

入力方法

=COUNT(,)

数値の個数を数えたいセルの範囲を指定します。
※”=COUNT(①,②,③…)”のように、セル範囲を複数指定できます。

エクセルCOUNT関数の使い方

  • D3セルに入力する関数は以下の通りです。
    =COUNT(B3:B6)
    ①範囲=B3:B6(”点数”列)
  • 指定した範囲「B3~B6セル」に含まれる、数値の個数を数えるのがCOUNT関数です。
    • B5セルの”欠席”以外は、数値です。よって、テスト受講者は3人です。
エク先輩
1点だけ補足しておくと…
日付や時刻、計算式の結果が数値だった場合は、数値として扱われるんだ。

エクセルCOUNT関数の詳細説明

エク先輩
日付や時刻が入力されているセルも、COUNT関数は数値として扱うんだ!
セル子
A6セルのように、計算式”=10+10″の答えは”20″だから、これも数値扱いになるんですね!

あわせて知っておきたい関数

関数名 頻度 できること
COUNTA ★★★ 指定した範囲に含まれる、空白ではないセルの個数を求める。
COUNTIF ★★★ 1つの条件に一致するセルの個数を求める。
COUNTIFS ★★☆ 複数の条件に一致するセルの個数を求める。

まとめ

セル子
COUNT関数は、数値の個数を数えてくれるんですね!

エク先輩
そうだね!日付や時刻、計算式の結果が数値の場合は、数値として扱われることを理解しておこうね。

この記事が気に入ったらシェアしよう!
スポンサーリンク