【Excel:COUNTA関数】空白ではないセルの個数を求める

Excel関数COUNTA
スポンサーリンク

「COUNTA関数って何?」「どのように使えばいいの?」といった疑問を、1分以内に解消できるように分かりやすく説明します。

COUNTA関数とは?

セル子
1、2、3…と!
エク先輩
セル子さん、何を数えているの?
セル子
エク先輩、邪魔しないでください!先輩のせいで、どこまで数えたか忘れちゃったじゃないですか!
エク先輩
ごめんごめん、COUNTA関数を教えるから勘弁してよ!

用途

指定した範囲に含まれる、空白ではないセルの個数を求める。

COUNTA関数の使用頻度

★★★(3つ星)

(使用頻度の目安)
★★★:よく使う。手が勝手に動くレベルまで練習したほうがいい。
★★☆:まあまあ使う。知っておいて後悔しない。
★☆☆:あまり使わない。頑張って覚えなくてもいい。

COUNTA関数の入力方法

=COUNTA(,)

空白以外の個数を数えたいセルの範囲を指定します。
※”=COUNTA(①,②,③…)”のように、セル範囲を複数指定できます。

COUNTA関数の使い方

エクセルCOUNTA関数1
  • G2セルに入力する関数は以下の通りです。
    =COUNTA(B3:B8)
    ①範囲=B3:B8(”タスク”列)
  • 指定した範囲「B3~B8セル」に含まれる、空白ではないセルの個数を数えるのがCOUNTA関数です。
    • B8セル以外は文字が入力されています。
    • よって、全てのタスク数は5個です。

 

エク先輩
もしB8セルに” (スペース)”や” (半角スペース)”が入力されていたら、カウントされてしまうんだ。気を付けよう!
セル子
え…、気を付けてと言われても、人の目で見えないんですが。
エク先輩
心配なら空白セルに見えるセルをフィルタ抽出して、セル内のデータを削除しておこう!

(空白セルを全部選択してDELETEキーを押す)

あわせて知っておきたい関数

関数名 頻度 できること
COUNT ★★☆ 指定した範囲に含まれる、数値が入力されているセルの個数を求める。
COUNTIF ★★★ 1つの条件に一致するセルの個数を求める。
COUNTIFS ★★☆ 複数の条件に一致するセルの個数を求める。

>>【まとめ】仕事を早く終わらせるために、知っておくべきExcel関数

おさらい

セル子
COUNTA関数は空白以外のセルの個数を数えてくれるんですね!これは便利!
エク先輩
そうだね!ところで、ちゃんとExcelの勉強してるよね?
セル子
えーと、最近は飲み会が多くてですね…。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

3,000円相当のビットコインをもらえます

BITPOINT
売買・送金手数料が0円なので、お得に仮想通貨を始められます!