【エクセル】水平方向に検索してデータを取得するHLOOKUP関数

Excel関数HLOOKUP
スポンサーリンク

「HLOOKUP関数って何?」「どのように使えばいいの?」といった疑問、1分以内に解消できるように分かりやすく説明します。

HLOOKUP関数とは?

エク先輩
垂直(縦)方向に検索できるVLOOKUP関数と使い方が似ている、HLOOKUP関数を紹介するね。

HLOOKUP関数は水平(横)方向に検索できるんだ。

セル子
頭文字につける文字が”V”か”H”で、検索方向が変わるんですね!

・V(Vertical)=垂直
・H(Horizontal)=水平

用途

検索範囲の1列目で特定のデータを検索し、該当する列の指定行にあるデータを取得する。

使用頻度

★☆☆(1つ星)

(使用頻度の目安)
★★★:よく使う。手が勝手に動くレベルまで練習したほうがいい。
★★☆:まあまあ使う。知っておいて後悔しない。
★☆☆:あまり使わない。頑張って覚えなくてもいい。

入力方法

=HLOOKUP(,,,)

検索する値を指定します。直接入力するか、セル参照します。
検索範囲として、2行以上のセル範囲を指定します。
指定したセル範囲の一番上の行で、検索値()を検索することになります。
指定した検索範囲()の先頭行から数えた行数を指定します。
検索値が見つかった場合は、ここで指定した行にあるセルのデータを取得します。
検索方法を指定します。
・検索値()と完全一致する=FALSE
・検索値()と近似値である=TRUE
※TRUEは省略することもできます。

HLOOKUP関数の使い方

エクセルHLOOKUP関数の使い方
  • C3セルに入力する関数は以下の通りです。
    =HLOOKUP(B3,$F$2:$H$3,2,FALSE)
    ①検索値=B3(商品IDが”ID001″)
    ②範囲=$F$2:$H$3(商品マスタ)
    ③行番号=2(商品マスタの”商品名”行)
    ④検索方法=FALSE(完全一致)
  • ID001(①検索値)が、商品マスタ(②範囲)の一番上の”商品ID”行にあるか検索します。
    • ID001と完全に一致する列が、商品マスタの左端にあります。
    • 商品マスタの”商品名”行(③行番号)から、該当する列のデータを取得します。
    • よって、ID001の商品名は「フルーツ盛合せ」になります。
  • 「②範囲」には絶対参照を使っています。C3セルをコピーしてC4・C5・C6セルに貼り付ければ、購買データの”商品名”列は正しく商品名を取得できます。

あわせて知っておきたい関数

関数名 頻度 できること
VLOOKUP ★★☆ 検索範囲の1行目で特定のデータを検索し、該当する行の指定列にあるデータを取得する。
INDEX ★☆☆ 指定した行番号・列番号にあるデータを取得する。
MATCH ★☆☆ 検索範囲内で指定した値で検索し、最初に見つかったセルの位置を数値で返す。
LOOKUP ★☆☆ 検索範囲の1行目または1列目で特定のデータを検索し、該当する行の指定列にあるデータを取得する。
(検索範囲内で該当する行がない場合、検索値以下の最大値を取得する)

>>【まとめ】仕事を早く終わらせるために、知っておくべきExcel関数

おさらい

セル子
HLOOKUP関数は、水平方向に検索できる。
エク先輩
そうだね!でも、水平方向に検索することって滅多にないから、頭の片隅に入れておけば良いよ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!