【エクセル】結果を否定するNOT関数!AND・ORと組み合わせて使おう

Excel関数NOT
スポンサーリンク

「NOT関数って何?」「どのように使えばいいの?」といった疑問を、1分以内に解消できるように分かりやすく説明します。

NOT関数とは?

エク先輩
セル子さん、NOT関数って知っている?
セル子
“You are not a woman!!”のように使う、NOTですか?
エク先輩
その通り!否定として使うんだ。

用途

結果を反転させる(否定する)。

使用頻度

★☆☆(1つ星)

(使用頻度の目安)
★★★:よく使う。手が勝手に動くレベルまで練習したほうがいい。
★★☆:まあまあ使う。知っておいて後悔しない。
★☆☆:あまり使わない。頑張って覚えなくてもいい。

入力方法

=NOT()

条件を指定します。
NOT関数は、①がTRUEならFALSEを、FALSEならTRUEを返します。
エクセルNOT関数1
  • エク先輩は男だよね?答えはTRUE(真実)です。
    • =B2=”男”のように、表現できます。
  • エク先輩は男じゃないよね?答えはFALSE(嘘)です。
    • =B2<>”男”のように、表現できます。
    • また、=NOT(B2=”男”)のように、表現できます。
      →「B2=”男”」は男だよね?という意味です。
      →その答えをNOT関数で否定して、男じゃないよね?という意味にしています。

AND関数と組み合わて使おう

AND関数を用いて複数の条件が全てTRUEかどうか調べた結果を、NOT関数で反転させます。

エクセルNOT関数2

「30歳以下、かつ年収600万円以上」ではない人を探すには、2つの入力方法があります。

  • 「30歳以下、かつ年収600万円以上」であるかAND関数で調べ、NOT関数で反転させる。E2セルに入力する関数は以下の通りです。
    =NOT(AND(B2<=30,C2>=600))
  • 「30歳超え、または年収600万円未満である」と言い換えて、OR関数を使う。E2セルに入力する関数は以下の通りです。
    =OR(B2>30,C2<600)
エクセルNOT関数2補足

上表のように、一度頭で整理してみて、使う関数を決めるようにしましょう。
NOT関数とAND関数を組み合わせて使わなくても、OR関数だけで代用できてしまいます。

OR関数と組み合わて使おう

OR関数を用いて複数の条件が一つでもTRUEかどうか調べた結果を、NOT関数で反転させます。

エクセルNOT関数3

「30歳以下、または年収600万円以上」ではない人を探すには、2つの入力方法があります。

  • 「30歳以下、または年収600万円以上」であるかOR関数で調べ、NOT関数で反転させる。E2セルに入力する関数は以下の通りです。
    =NOT(OR(B2<=30,C2>=600))
  • 「30歳超え、かつ年収600万円未満である」と言い換えて、AND関数を使う。E2セルに入力する関数は以下の通りです。
    =AND(B2>30,C2<600)
エクセルNOT関数3補足

NOT関数とOR関数を組み合わせて使わなくても、AND関数だけで代用できてしまいます。

あわせて知っておきたい関数

関数名 頻度 できること
AND ★★☆ 複数の条件が、全てTRUEかどうか調べる。
OR ★★☆ 複数の条件が、一つでもTRUEかどうかを調べる。

>>【まとめ】仕事を早く終わらせるために、知っておくべきExcel関数

おさらい

セル子
結果を反転させる(否定する)NOT関数は、ややこしいです!!
エク先輩
そうだね!NOT関数を使うと複雑になるんだよね。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!