【エクセル】「または」を調べるOR関数!IF関数と組み合わせて使おう

Excel関数OR
スポンサーリンク

「OR関数って何?」「どのように使えばいいの?」といった疑問を、1分以内に解消できるように分かりやすく説明します。

OR関数とは?

セル子
30歳以下、かつ年収600万以上の男性と結婚したいけど、中々いないよなー。

この場合は、AND関数ではなくて、何を使えばいいんだろう。

エク先輩
「30歳以下、または年収600万以上の人」だったら、結婚相手候補が多くなるんじゃないかな?OR関数を使おう!
セル子
エク先輩、私の独り言を聞いていたの…。
エクセルOR関数1
セル子
2つの条件を両方満たすのはAさんだけですが、どちらか満たせばいい場合はAさんとBさんになりますね!

用途

複数の条件が、一つでもTRUEかどうかを調べる。

使用頻度

★★☆(2つ星)

(使用頻度の目安)
★★★:よく使う。手が勝手に動くレベルまで練習したほうがいい。
★★☆:まあまあ使う。知っておいて後悔しない。
★☆☆:あまり使わない。頑張って覚えなくてもいい。

入力方法

=OR(,)

条件を指定します。
2つ以上の条件を指定する場合は、”=AND(条件1,条件2,…条件255)”と入力します。

OR関数の使い方

エクセルOR関数2
エク先輩
D2セルで「=OR(B2<=30,C2>=600)」と入力するだけなんだ!
セル子
結果が“TRUE”だったら条件を満たす“FALSE”だったら条件を満たさないということですね!

IF関数と組み合わて使おう

OR関数は、IF関数の脇役として利用することが多いです。AND関数と使い方は一緒です。

 

エクセルOR関数3
  • D2セルに入力する関数は以下の通りです。
    =IF(OR(B2<=30,C2>=600),”結婚相手候補”,””)
  • Aさんは28歳で年収700万円だから、「30歳以下」と「年収600万以上」という2つの条件を満たします。
    • 結婚相手候補(TRUE)になります。
  • Bさんは22歳で年収400万円だから、「年収600万以上」ではないですが、「30歳以下」という条件を満たします。
    • 結婚相手候補(TRUE)になります。
  • Cさんは31歳で年収580万円だから、「30歳以下」でもなく、「年収600万以上」でもないです。
    • 2つの条件をいずれも満たしませんので、空白(FALSE)になります。

あわせて知っておきたい関数

関数名 頻度 できること
IF ★★★ 条件を満たす場合と、満たしていない場合に、返す値を指定する。
AND ★★☆ 複数の条件が、全てTRUEかどうか調べる。
NOT ★☆☆ 結果を反転させる。

>>【まとめ】仕事を早く終わらせるために、知っておくべきExcel関数

おさらい

セル子
複数の条件が一つでもTRUEかどうか調べるOR関数を知っていると、IF関数で色々なことができますね!
エク先輩
そうだね!Excelは知っているか知らないかで作業スピードに違いが出るから、日々精進。この本は僕の愛読書なんだ!
セル子
エク先輩も勉強してきたんだ…私も頑張ってみるか!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

\CMで話題!スマートフォンで簡単取引/
DMMビットコイン

口座開設するだけで1,000円もらえるキャンペーン中です!6月30日締切です。この機会にどうぞ。