【エクセル】指定したセルの行番号を求めるROW関数

スポンサーリンク

「ROW関数って何?」「どのように使えばいいの?」といった疑問を、1分以内に解消できるように分かりやすく説明します。

ROW関数とは?

セル子
ROW関数?そもそも、ROWって何なんだろう…
エク先輩
ROWは、日本語で「行」という意味なんだよ。
セル子
さすが、エク先輩!困ったときに助けてくれる~!
エク先輩
いやー、それほどでも!!ROW関数は、指定したセルの行番号を求める時に使うんだ。

用途

指定したセルの行番号を求める。

使用頻度

★★★(3つ星)

(使用頻度の目安)
★★★:よく使う。手が勝手に動くレベルまで練習したほうがいい。
★★☆:まあまあ使う。知っておいて後悔しない。
★☆☆:あまり使わない。頑張って覚えなくてもいい。

入力方法

=ROW()

行番号を調べるセル、またはセル範囲を指定する。
省略した場合は、関数が入力されているセルの行番号が返される。

ROW関数の使い方

エクセルROW関数1
  • ★(星)“は何行目にあるか、ROW関数を用いて算出してみます。
  • C2セルに入力する関数は以下の通りです。
    =ROW(A2)
  • ★(星)“は2行目にあるので、ROW関数で「2」と求められました。

 

エク先輩
ROW関数は、「連続番号を自動で振る」のに便利なんだ。覚えておこう!

あわせて知っておきたい関数

関数名 頻度 できること
COLUMN ★★☆ 指定したセルの列番号を求める。

>>【まとめ】仕事を早く終わらせるために、知っておくべきExcel関数

おさらい

セル子
指定したセルの行番号を求めるのが、ROW関数!これで仕事がはかどります!
エク先輩
それは良かった!Excelは知っているか知らないかで作業スピードに違いが出るから、日々精進。この本は僕の愛読書なんだ!
セル子
エク先輩も勉強してきたんだ…私も頑張ってみるか!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!