【Excel:SUM関数】数値の合計を求める!合計が間違っている場合の対処も解説

Excel関数SUM
スポンサーリンク

「SUM関数って何?」「どのように使えばいいの?」といった疑問を、1分以内に解消できるように分かりやすく説明します。

SUM関数とは?

セル子
1月に売れたリンゴは10個、2月は5個、3月は15個…。電卓をポチポチっと。
エク先輩
ちょっと待った!電卓で入力ミスがあったら、どうするんだい?SUM関数を使うんだ!
セル子
SUM…っていうのは”和”という意味ですね。つまりは、足し算する関数

用途

数値の合計を求める。

SUM関数の使用頻度

★★★(3つ星)

(使用頻度の目安)
★★★:よく使う。手が勝手に動くレベルまで練習したほうがいい。
★★☆:まあまあ使う。知っておいて後悔しない。
★☆☆:あまり使わない。頑張って覚えなくてもいい。

SUM関数の入力方法

=SUM()

合計したい範囲を指定します。
※数値のみ計算対象となり、文字列は計算対象外。

SUM関数の使い方

エクセルSUM関数1
  • =SUM(B3:D3)は、B3セルからD3セルまでの値を合計します。
    • B3セル=10、C3セル=5、D3セル=15なので、合計は30になります。

すぐに使えるテクニック

個数や金額は数値として扱おう

エクセルSUM関数2
  • 「10個」のようにデータ入力すると、文字列として扱われます。
    • 10は数値でも、”個”は文字列です。
    • 文字列が入ると、文字列のデータとして扱われてしまいます。
  • SUM関数は数値しか扱ってくれませんので、合計が「0」という結果になってしまいました。
  • 合計や平均を算出するかもしれないので、個数や金額を入力する時は数値入力しておくことを心がけましょう。
    (セルの中に、”10個”、”1,000円”や”千円”と入力しないように!)

 

SUM関数で算出した合計が間違っている?

エクセルSUM関数3
  • 全て数値を入力したつもりですが、SUM関数で算出した合計が間違っているのでしょうか。
    • 「SUM関数も間違うことがあるの?」と思うかもしれませんが、SUM関数は常に正しいです。
    • まずは、データに文字列が入っていないか疑うようにしましょう。
  • 上記ケースでは、B3セル(1月の販売個数)が「’10」と入力されており、文字列になっています。
    • 文字列である「’(シングルクォーテーション)」が、数値「10」の前に入力されています。
    • 文字列+数値は、文字列として扱われます。

あわせて知っておきたい関数

関数名 頻度 できること
SUMIF ★★★ 1つの条件に一致する数値の合計を求める。
SUMIFS ★★☆ 複数の条件に一致する数値の合計を求める。

>>【まとめ】仕事を早く終わらせるために、知っておくべきExcel関数

おさらい

セル子
SUMは”和”という意味で、数値の合計を求めるのがSUM関数!
エク先輩
SUM関数は文字列を扱えないことは覚えておこうね!Excelは経験がモノを言うから、日々学んでいこう!
セル子
エク先輩は、タダ者ではないな…
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

3,000円相当のビットコインをもらえます

BITPOINT
売買・送金手数料が0円なので、お得に仮想通貨を始められます!