【口コミ】赤ちゃん連れ箱根旅行!ベビーカーでの移動は辛い(1歳児)

赤ちゃん連れ箱根旅行
スポンサーリンク

【画像多め】
2019年2月に箱根へ1泊2日旅行してきました。赤ちゃん連れの宿泊旅行は人生2回目です。(1回目はリゾナーレ熱海に行きました)

自然を感じられて有意義でしたが、赤ちゃん連れは中々大変でした。ベビーカーでの移動がキツいです。

 

本記事では時系列で旅行記を紹介していきます。赤裸々に感想を書いていきますので、箱根旅行の雰囲気を感じていただければ幸いです。

箱根旅行記①:箱根湯本駅に到着してオムツ替え

箱根湯本の近くにある富士屋ホテル

長い時間、電車に揺られ、箱根湯本駅に到着です。まず最初にしたことはオムツ替え。

箱根湯本駅周辺でオムツ替えするには、以下の場所が良いでしょう。駅周辺を散策する前に済ませておきたいです。

<駅周辺のオムツ替えスポット>

  1. 箱根湯本駅構内のトイレ
    • 男性、女性ともにオムツ台があった
    • オムツ用ゴミ箱なし
  2. 湯本富士屋ホテル
    • 男性、女性ともにオムツ台があった
    • オムツ用ゴミ箱あり(とは言え、ゴミ袋に入れて捨てるのが良いでしょう)

箱根旅行記②:箱根湯本駅周辺の商店街で食べ歩き

箱根湯本駅周辺の商店街は、歩道の脇にある灰皿の数が多く、タバコの臭いがキツイです。喫煙者に優しすぎ…

とは言え、箱根を楽しむのであれば、食べ歩きは必須級!タバコの臭いに我慢しながら散策してみましょう。

 

僕が食べ歩きしたお店は以下の通り。

「湯本富士屋ホテル」のクラシックカレーパン

富士屋ホテルのカレーパン

湯本富士屋ホテルが作っている本格的カレーパンを購入。そこそこ値段が張りますが、まあまあ美味しいです。

<基礎情報>

  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本706-35
  • 箱根湯本駅より徒歩1分
  • 定休日:不定休

>>食べログを見る

 

「みのや吉兵衛」の塩辛コロッケ

「みのや吉兵衛」の塩辛コロッケ

揚げたての塩辛コロッケを購入。中身がホクホクで味わい深いです!塩辛がそんなに好きじゃない僕でもペロリと食べられました。

<基礎情報>

  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本691-5
  • 箱根湯本駅より290m
  • 定休日:年中無休

>>食べログを見る

 

「グランリヴィエール箱根」のラスク&はちみつチーズタルト

「グランリヴィエール箱根」のラスクを試食

人気のラスクを試食した後、はちみつチーズタルトを購入。はちみつチーズタルトは出来立てで、口の中で溶ろけます。

<基礎情報>

  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本704
  • 箱根湯本駅より3分
  • 定休日:無休

>>食べログを見る

箱根旅行記③:「はつ花そば」でランチ

はつ花の蕎麦

箱根湯本で有名な蕎麦屋さん「はつ花そば」でランチ。

駅のホームにあるような立ち食い蕎麦と、大して変わらないというのが僕と妻の感想です。「なぜ食べログの評価は高いんだ…」と疑問に感じます。

 

  • 蕎麦の風味を感じない
  • 山かけはまあまあ美味しいが、麺つゆが微妙
  • 天ぷらはアツアツではなかった
  • 蕎麦湯は普通
  • 座敷が狭いのに相席だった(僕も妻も相席した人も、足がシビれる事態)

 

<基礎情報>

  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本474-2
  • 箱根湯本駅より5分
  • 定休日:木曜日

>>食べログを見る(新館)
>>食べログを見る(本館)

どうしても行きたい方は、ピーク時間帯を避けた方が良いです。ものすごく混みますので。

箱根旅行記④:箱根登山鉄道で「彫刻の森美術館」へ

箱根フリーパスを利用

箱根フリーパスを利用

箱根フリーパスを買って、箱根登山電車に乗りました。子供は興味深々で、車窓から景色を眺めていました。
※ロープウェイや海賊船、登山バスにも乗れます。

折り返しポイントで進行方向が逆になる「スイッチバック」も注目です!

 

心地よい電車の揺れによって眠り込んでしまうと、あっという間に「彫刻の森美術館」へ到着。

彫刻の森美術館

屋内外に彫刻があり、見どころ十分です。

館内はベビーカーで基本的に移動できますが、遠回りになる場合もあります。その際には、抱っこ&ベビーカー手持ちで対応しました。

箱根旅行記⑤:「ホテルはつはな」で宿泊&ディナー

ホテルはつはなのベランダから

部屋からの景色。横のベランダが近すぎた。

「ハイクラス」の旅館と言われていますが、1人42,000円は高いですね。気づけば、ほとんど写真撮影していませんでした(お察しください…)。

 

  • 送迎が無かった
  • ロビーにオムツ替えスペースは無し
  • 接客の質にバラつきがある
  • 部屋からの景色は、いたって普通
  • 夕食は、まあまあ美味しい
  • 朝食は普通
  • 赤ちゃん連れなのに、お食事処の真ん中でご飯を食べる羽目に(赤ちゃんがグズるから脇の席が良かった)
  • 女性用の温泉は満足

 

<基礎情報>

  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町須雲川20-1
  • 箱根湯本駅からは「温泉組合の循環バス」にて約10分

>>じゃらんで見る

箱根旅行記⑥:海賊船&ロープウェイに乗って自然を満喫

2日目はホテルをチェックアウトし、元箱根→(海賊船)→桃源台→(ロープウェイ)→大涌谷のルートを攻略しました。

重たい荷物を預け、ベビーカーではなく抱っこ紐で出かけることを推奨します。

 

お昼は「ベーカリーアンドテーブル箱根」のパン

ホテルから「元箱根駅」へバス移動し、まずは腹ごしらえ。

「ベーカリーアンドテーブル箱根」のパン

総菜パン、菓子パンともに超美味でした!2Fはカフェ、3Fはレストランになっていて、芦ノ湖を一望できます。

食事時は長蛇の列になるため要注意です。

<基礎情報>

  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根字御殿9-1
  • 芦ノ湖湖畔/箱根海賊船 元箱根港すぐ
  • 定休日:無休

>>食べログを見る

 

海賊船に乗る

満腹になったら海賊船に乗って「桃源台駅」へ向かいます。

海賊船に乗る

フリーパスを買っていれば、海賊船にも乗れます。自然を満喫できて、子供も満足げでした。冬場は寒いので温かい恰好をしていきましょう。

なお乗船客が多くて混雑が辛かったら、追加料金を払って「特別船室」を利用するのも良いです。列に並ばずとも座れたので満足!

参考:海賊船の時刻表・運賃表

 

ロープウェイに乗って「大涌谷」へ

桃源台駅に着いたら、ロープウェイで「大涌谷」へ向かいました。

ロープウェイから見える景色は素晴らしいですが、高所恐怖症の人は辛いはず…。子供はずっと外を見ていました。

参考:ロープウェイの営業時間・運賃表

 

「大涌谷」で火山の迫力を感じる

ロープウェイで「大涌谷」に到着しました!

大涌谷の景色

大涌谷の景色

大涌谷では、大迫力の自然を感じることができます。硫黄のにおいも充満しています。

名物は「黒たまご」ですが、お腹いっぱいだったのでお預け。普通のゆで卵と比べて、うまみ成分が高いらしいです。

富士山も見える

富士山も見える

富士山を間近で見ることができました。日本の良さを改めて体感したところで帰宅。

さいごに:赤ちゃん連れ箱根旅行は楽しいけど、ベビーカーでの移動は辛い

上記の通り、けっこう箱根自体は満足できました。やはり緑の大自然を感じられるのは素晴らしいです。

しかし赤ちゃん連れでの旅行は、正直しんどかったです。

 

その主な理由はベビーカー移動がキツイから。

箱根は山なので、バスや電車に頼ることになり、乗車の都度、ベビーカーを畳んで、子供を抱っこすることになります。

赤ちゃんがベビーカーを卒業している人や、自家用車で移動できる人には、箱根旅行は向いているかもしれませんね。

 

関連記事:合わせて読みたい

星野リゾート「リゾナーレ熱海」は、小さい赤ちゃんが居ても安心できる宿でした。ホスピタリティに感動しました!

リゾナーレ熱海に赤ちゃん連れ旅行

【口コミ】リゾナーレ熱海は赤ちゃん連れ旅行に超オススメ(0歳児6か月)

2018-05-12

 

「八景島シーパラダイス」に日帰り旅行しました。首都圏近郊に住んでいる人は日帰りで十分、満喫できます。

横浜・八景島シーパラダイスに赤ちゃん連れ旅行

【口コミ】八景島シーパラダイスは赤ちゃん連れでも楽しめる!0歳10か月児との日帰り旅行

2018-09-13
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

DMMビットコインなら無料で仮想通貨を始められる!

DMM Bitcoin
口座開設だけで現金1,000円もらえます。時給換算すると1万円を越える素敵なキャンペーンです。