金・銀・プラチナ投資は儲かる?運用実績公開【メリット・デメリット・評判】

スポンサーリンク

まず初めに、私は金・銀・プラチナ投資をオススメしません。

本記事では投資成績を包み隠さず公開すると共に、金・銀・プラチナ投資のメリット・デメリットを思うままに書いてみました。

金・銀・プラチナの運用実績をブログ公開

金・銀・プラチナ積立の成績グラフ

金・銀・プラチナ投資をはじめて2年が経ちましたが、含み損を抱えたまま塩漬けしています。

実績データを見ていただければ分かりますが、購入した瞬間から赤字です。

1年目の実績データ(クリックして開く)
金・銀・プラチナの積立結果(単位:円)
年月 元本 評価額 損益
2017/5 40,000 39,584 -416
(-1.0%)
2017/6 40,000 39,478 -522
(-1.3%)
2017/7 46,000 45,326 -674
(-1.5%)
2017/8 66,000 65,724 -276
(-0.4%)
2017/9 86,000 83,700 -2,300
(-2.7%)
2017/10 106,000 102,210 -3,790
(-3.6%)
2017/11 126,000 120,326 -5,674
(-4.5%)
2017/12 146,000 140,645 -5,335
(-3.7%)
2018/1 166,000 159,976 -6,024
(-3.6%)
2018/2 186,000 171,940 -14,060
(-7.6%)
2018/3 186,000 168,440 -17,560
(-9.4%)
2018/4 186,000 171,776 -14,224
(-7.6%)
2年目の実績データ(クリックして開く)
金・銀・プラチナの積立結果(単位:円)
年月 元本 評価額 損益
2018/5 186,000 170,145 -15,855
(-8.5%)
2018/6 186,000 165,608 -20,392
(-11.0%)
2018/7 186,000 161,674 -24,326
(-13.1%)
2018/8 186,000 155,851 -30,149
(-16.2%)
2018/9 186,000 158,613 -27,387
(-14.7%)
2018/10 186,000 163,391 -22,609
(-12.2%)
2018/11 186,000 160,297 -25,703
(-13.8%)
2018/12 186,000 162,693 -23,307
(-12.5%)
2019/1 186,000 165,086 -15,276
(-8.5%)
2019/2 186,000 170,079 -15,921
(-8.6%)
2019/3 186,000 165,066 -20,934
(-11.3%)
2019/4 186,000 168,064 -17,936
(-9.6%)
3年目の実績データ(クリックして開く)
金・銀・プラチナの積立結果(単位:円)
年月 元本 評価額 損益
2019/5 186,000 158,976 -27,024
(-14.5%)
2019/6 186,000 168,685 -17,315
(-9.3%)
2019/7 186,000 176,595 -9,405
(-5.1%)
2019/8 186,000 185,377 -623
(-0.3%)
2019/9
[売却]
186,000 189,944 +3,944
(+2.1%)

金・銀・プラチナ投資のメリット

  1. 美しさは永遠である
  2. 信用リスクの小さい実物資産である

 

メリット①:美しさは永遠である

引用:インベスターZ(18巻)

引用:インベスターZ(18巻)Kindle版No.89/211

金のネックレスや、銀のピアス、プラチナの結婚指輪などを見て、「キレイ!欲しい!!」と感じるのは世界共通の価値観でしょう。

キレイなものを手にしたいのは人間の性。本能的に需要があるのが、金・銀・プラチナだと思っています。

インベスターZ

【口コミ】インベスターZはお金の勉強ができる漫画!Kindle版なら激安で読める

 

メリット②:信用リスクの小さい実物資産である

引用:インベスターZ(18巻)

引用:インベスターZ(18巻)Kindle版No.45/211

株式・債券・不動産だけでなく、現金でさえ信じられなくなった時、私たちは何を信じられるのでしょうか。

信用リスクの小さい実物資産を持つことは、私たち投資家の精神に安定をもたらすでしょう。

たーすけ
日本円が安全だとは限らないからね。

金・銀・プラチナ投資のデメリット

  1. 買付手数料が高い
  2. スプレッドが高い
  3. 配当が出ない

 

デメリット①:買付手数料が高い

買付手数料の高さから、投資した時点でいきなり大損します。

楽天証券の場合、買付手数料は売買代金の1.62%(2019/9時点)です。1万円分を買った時点で、162円分の損失を抱えることになります。

 

デメリット②:スプレッドが高い

買付手数料を取られるだけでなく、スプレッドが高いのも要注意です!以下の通り、買う時と売る時の価格が異なるのです。

金・プラチナ・銀の売買スプレッド

1グラム買った場合の損失額/リターンは以下の通り。

  • 金:−78円(−1.5%)
  • プラチナ:−125円(−3.7%)
  • 銀:−3.9円(−5.9%)

 

たーすけ
銀を1万円分買った瞬間、751円の損失になるよ。

※買付手数料162円+スプレッド手数料589円

 

デメリット③:配当金が出ない

金・銀・プラチナを持っていても、配当金をもらえるわけでは無いです。つまり儲けを出すにはキャピタルゲインを狙うしかないのです。

2.7%分の手数料を支払った時点で、2.7%分だけ値上がりしなければ元を取れなくなります。辛すぎますね。

金・銀・プラチナ投資の評判・口コミは?

金・銀・プラチナ投資それぞれ、世間の人はどのように考えているのか?(銀やプラチナに関するコメントは、ほとんど無し)

まとめ:「美しい×希少」だから価値が生まれる

美しかったり、実用的な金・銀・プラチナ。そして何よりも希少性が高いからこそ、価値があるのです。

金は金貨、宝飾品の他、コンピュータ、スマートフォン(携帯電話)などに使用されており、今日の経済活動においても必要不可欠な金属です。

しかしながら、これまで人類が発掘した総量は約17万トン(オリンピック公式プール約3.4杯分)ですが、一方で世界の金の埋蔵量は推定7万トン、可採年数は約30年とされ、有史以来希少価値の高い資源です。
※引用:楽天証券

金の採掘も約30年で終わると考えると、ますます価値が高まると予想されます。

しかしながら金・銀・プラチナに投資価値があると分かっていても、手を出しにくいです。手数料が高すぎます。

 

これから投資を行おうと考えていた人は、「手数料の支払い以上に価値を見出せるか」吟味すべきです。

どうしても欲しい人は、金にも投資しているロボアド「ウェルスナビ」のポートフォリオを見て、保有割合を研究すると良いでしょう。

ウェルスナビ(Wealthnavi)のメリット・デメリット

【解約済】ウェルスナビは評判が良い?メリット・デメリット・運用実績を解説

 

私は保有しているだけで配当をもらえる「優待・配当投資」をメインでやっています。これらの運用実績を大公開していますので参考にどうぞ。

資産運用実績まとめ

【資産運用実績をブログ公開】30代サラリーマンが毎月20万円を積立中

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!