【2018年】住宅ローン繰上返済額は250万円。22ヶ月期間短縮&47万円利息軽減

【2018年】住宅ローン繰り上げ返済結果
スポンサーリンク

そろそろ2018年も終わろうとしています。今年は8月に200万円、12月に50万円の繰り上げ返済を行いました。

その結果、返済期間は22カ月(1年10か月)短縮、約47万円の利息を軽減できました。

我が家の住宅ローン借入条件

  • 借入金額5,000万円(個人から中古マンションを購入)
  • 変動金利0.52%
  • 35年元利均等返済/ボーナス返済なし
  • 2017年11月から返済開始

住宅ローン繰上返済シミュレーション方法

外部サイト「ke!san」でシミュレーションしてみます。繰り上げ返済を複数回に分けて実施した場合にも対応していて便利です。

借入内容を入力

借入内容を入力

借入内容を入力しました。

まだまだ気が長い額ですが、返済する目途を早く立てて、アーリーリタイアに向けて準備したいものです。

 

繰り上げ返済額を入力

繰り上げ返済額を入力

これまでの繰り上げ返済履歴を入力して「計算」を押すと、すぐに返済総額・利息軽減額が出てきます。

2018年の住宅ローン繰り上げ返済を振り返る

繰り上げ返済結果

繰り上げ返済結果

2018年は総額250万円を住宅ローンの繰り上げ返済に充てました。

その結果、返済期間は22カ月(1年10か月)短縮され、約47.2万円の利息軽減に成功!

 

内訳は以下の通り。

  • 2018年8月(借入から10か月目)
    • 返済額 :200万円
    • 期間短縮:18ヶ月
    • 利息軽減:約38.1万円
  • 2018年12月(借入から14か月目)
    • 返済額 :50万円
    • 期間短縮:4か月
    • 利息軽減:約9.1万円

 

住宅ローン繰り上げ返済は、早ければ早いほど効果が大きいです。今後も現金がある程度貯まったら、すぐに繰り上げ返済に充当していきます。

関連記事:住宅ローン繰り上げ返済を色々シミュレーションしてみた

 

とはいえ住宅ローン控除も最大限生かすべきなので、しっかり返済計画を立てたいです。

我が家は中古物件なので住宅ローン残高が2,000万円を下回らない限り、住宅ローン控除をフル活用できます。

関連記事:住宅ローン控除額はいくら?我が家は毎年20万円でした

 

借入金利が高い人は「繰り上げ返済」より「住宅ローンの借り換え」がお得になるケースもあります。

僕の上司はモゲチェック・プラザで借り換えの検討をしていましたよ。

さいごに:2019年は150万円の繰り上げ返済を目指す

2019年の家計やりくりを考えてみましたが、僕は90万円を住宅ローン繰り上げ返済に充当します。

そして妻には60万円程度を貯めてもらい、合計150万円は繰り上げ返済する計画。完済年齢を65歳から51歳に短縮します。

 

 

関連記事:合わせて読みたい

ズボラでも出来る節約術をまとめました。がっつり節約して、繰り上げ返済しましょう!

ズボラ節約術

【ズボラ節約術まとめ】疲れる&辛いことをしないで、年間40万円以上の節約効果あり

2018-09-15

 

▼住宅ローン返済も大事ですが、今から資産運用も始めたい。僕は積立株主優待・配当投資をやっています。

積立投資結果を公開中

【資産運用実績をブログ公開】30代サラリーマンが毎月10万円以上を積立中

2019-03-31
株主優待・配当の実績まとめ

【株主優待・配当実績をブログ公開】30代サラリーマンの不労所得生活

2019-05-01
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

DMMビットコインなら無料で仮想通貨を始められる!

DMM Bitcoin
現金をもらえるキャンペーンは珍しい!口座開設だけでも1,000円もらえます。今なら最大16,000円キャッシュバックも。