お肉大好き、E太です。ファーストキッチンで「発酵熟成肉黒毛和牛バーガー」なるものを発見しました。

E太
発酵熟成肉!
E太
黒毛和牛!!
E太
バーガー!!!

最高に響きの良いネーミングに魅了され、大金(1,000円)をはたいて食べてみました。

結論からいうと、「値段の割に、そんなに美味しくない」です。以下、詳細レポートです。

スポンサーリンク




食事前に少しだけリサーチ

15時10分、発酵熟成肉黒毛和牛バーガーを注文しました。しかし、ハンバーガーがなかなか来ません。

その間に、このハンバーガーについて調査してみました。

エイジングシート!

バーガーに挟んである肉にコダワリがあるようです。「エイジングシート」という発酵熟成肉製造技術を使っているとのこと。

これまでの熟成肉の製造では、熟成肉を作る環境を整えた庫を作るのに約1年、その庫で約100日間熟成させる長期間を要し、劣化・腐敗のリスクがありました。
この「エイジングシート」は、熟成肉に必要なカビの胞子を人為的にシートに付着させたもので、このシートで肉を巻くことにより、短期間で熟成を進行させかつ腐敗を防止し、安定的に『発酵熟成肉』を供給することが可能となりました。
※引用:明治大学プレスリリース

熟成肉を作るのに約100日を要していたのが、30日で熟成できてしまう凄い技術らしいです。

味付けはシンプル

エイジングシートにて熟成させた肉(ビーフパティ)は、味付けは”塩”と”コショウ”のみ。

素材の味を楽しんでもらうのがコンセプトのようです。

バーガー到着、いざ実食!

15時25分、発酵熟成肉黒毛和牛バーガーが到着しました。

注文から届くまで10分。注文が入ってから、作ってくれているんでしょう。

熟成肉黒毛和牛バーガー到着!上品に包まれています。

E太
これは期待大です!

熟成肉黒毛和牛バーガーの包みをあける包みを解いてみました。肉が分厚いです。

E太
よし、一口食べてみるか!

熟成肉黒毛和牛バーガーを一口食べる口に入れた瞬間、とても幸せな気分になりました。

噛み応えもしっかりしています。また、味付けがシンプルだからこそ、熟成肉の風味を堪能できます。

バンズも、ほんのり甘くて良い感じです。

E太
肉汁が出ないのは残念。
でも、美味しいぞ!

3口目くらいから、くどくなってきます。

肉の割合に比べてレタスやトマトの量が少ないのが原因かと思います。ずっと、濃い肉の味が続き、とても単調です。

なので、味を少し変えるのが良いと思います。でも、ファーストキッチンで味を変える方法は、ディップソースを付けるくらいですね。合わなそうですね…。

E太
わさび醤油があれば、最後まで美味しく食べられたかも。

結論

  • 注文から出てくるまでに10分位かかります。時間がない人にはお勧めしません。
  • 一口目は熟成肉を堪能でき、美味しいです。しかし次第に重たくなってきます。覚悟してください。
  • 1,000円は高いです。ロッテリアの絶品バーガーの方が安くて、美味しいと思います。
安くて、美味しい肉を食べよう!

肉を喰らいマイルを貯める、肉マイラー生活のススメ

この記事が気に入ったらシェアしよう!
スポンサーリンク