クイックアクセスツールバーのインポート・エクスポート方法は?追加・削除も全て解説!

クイックアクセスツールバー設定
スポンサーリンク

マイクロソフトオフィス(Word,PowerPoint,Excelなど)を素早く操作するのに、欠かせないのがクイックアクセスツールバー。

クイックアクセスツールバーの使い方が分からない時に役立てるように、詳細に手順を整理してみました。

クイックアクセスツールバーへボタンを追加

クイックアクセスツールバー:追加1

追加したいボタンにカーソルを合わせましょう。カーソルを合わせたら、右クリックします。

 

クイックアクセスツールバー:追加2

「クイックアクセスツールバーに追加」を左クリックします。

 

クイックアクセスツールバー:追加3

これでクイックアクセスツールバーにボタンを追加することができました。よく使うボタンを登録していきましょう!

なお私が推奨する、Excelのオススメ設定は以下の記事をどうぞ。

関連記事:Excelクイックアクセスツールバーのおすすめ設定

クイックアクセスツールバーのボタンを削除

クイックアクセスツールバー:削除1

クイックアクセスツールバー上の削除したいボタンにカーソルを合わせましょう。カーソルを合わせたら、右クリックします。

 

クイックアクセスツールバー:削除2

「クイックアクセスツールバーから削除」を左クリックします。

 

クイックアクセスツールバー:削除3

これでクイックアクセスツールバーからボタンを削除することができました。

クイックアクセスツールバー設定のインポート

クイックアクセスツールバー:インポート1

「ファイル」タブを左クリックします。

 

クイックアクセスツールバー:インポート2

「オプション」を左クリックします。

 

クイックアクセスツールバー:インポート3

Excelのオプション画面で、「クイックアクセスツールバー」を左クリックします。

そして「インポート/エクスポート」を左クリックします。

 

クイックアクセスツールバー:インポート4

「ユーザー設定ファイルをインポート」を左クリックします。

 

クイックアクセスツールバー:インポート5

クイックアクセスツールバー設定ファイルを選択します。

そして「開く」を左クリックします。

 

クイックアクセスツールバー:インポート6

「このプログラムの既存のリボンとクイックアクセスツールバーのユーザー設定をすべて置き換えますか?」という警告が出ます。

「はい」を左クリックします。

 

クイックアクセスツールバー:インポート7

これで設定ファイルのインポートが完了です。

関連記事:Excelクイックアクセスツールバーのおすすめ設定サンプル

クイックアクセスツールバーの設定のエクスポート

「ファイル」→「オプション」と進み、Excelのオプション画面で「クイックアクセスツールバー」を左クリックします。
※詳細は上記「設定のインポート」を参照。

 

クイックアクセスツールバー:エクスポート1

Excelのオプション画面で、「インポート/エクスポート」を左クリックします。

 

クイックアクセスツールバー:エクスポート2

「すべてのユーザー設定をエクスポート」を左クリックします。

 

クイックアクセスツールバー:エクスポート3

保存する場所を選択し、「保存」を左クリックします。

PC交換などの際には、自分のユーザー設定ファイルを必ずエクスポートしておきましょう。

クイックアクセスツールバーのボタン並び替え

「ファイル」→「オプション」と進み、Excelのオプション画面で「クイックアクセスツールバー」を左クリックします。
※詳細は上記「設定のインポート」を参照。

 

クイックアクセスツールバー:並び替え1

Excelのオプション画面で、並び替えたいボタンを左クリックします。

そして上(▲)か下(▼)を左クリックし、クイックアクセスツールバーのボタンの並び替えを行います。

補足
ドラッグ&ドロップできません。面倒くさいですが、自分好みの順序になるようカスタマイズしましょう。
そうすることで、格段に作業スピードが向上します。

クイックアクセスツールバーの表示位置を変更

クイックアクセスツールバーは、リボンの上か下に表示を変更することができます。

好みが分かれますが、リボン下に表示することをオススメします。

 

クイックアクセスツールバー:位置変更1

クイックアクセスツールバーにあるボタンのどれかを右クリックします。

 

クイックアクセスツールバー:位置変更2

「クイックアクセスツールバーをリボンの下に表示」を左クリックします。

 

クイックアクセスツールバー:位置変更3

これで、リボンの下にクイックアクセスツールバーが表示されました。

クイックアクセスツールバーをリボン下に表示するメリット

  • リボン上に表示すると、ファイル名が隠れてしまいます。
  • クイックアクセスツールバーが広く使え、表示されるボタン数が増えます。
  • リボン上に表示すると、ボタンがモノトーンカラーになりますので直観的に操作ができないです。

 

▼Excel作業を高速化したい方は必見

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

売買&送金手数料0円の仮想通貨取引所BITPoint

新規口座開設&入金で、3,000円相当のビットコインをもらえます。9月末までなのでお早めに!

初心者でも安心!ウェルスナビでほったらかし運用

銘柄選び・ポートフォリオ管理も全てロボットにお任せ!