楽ラップ運用コースのおすすめは?運用成績を比較分析【2018年最新】

楽ラップの運用コースおすすめ
スポンサーリンク
  • 楽ラップを始めてみたいけど、運用コースは何にしようか?
  • 各運用コースの成績が気になる。

という方に向けて、楽天証券の運用実績レポートを分析してみました。

「楽ラップ」の運用コースは全9種類

楽ラップの運用コース

楽ラップの運用コース

楽ラップの運用コースは9種類ありますが、それぞれ資産配分が異なります。

株式の割合が大きいとリターン・リスクが高く、債券の割合が大きくなれば、リターン・リスクが低くなります。

<運用コースの種類>

  • 1000100(保守型)
  • 1000200(やや保守型)
  • 1000300(やや積極型)
  • 1000400(積極型)
  • 1000500(かなり積極型)
  • 1000600(やや保守型 – TVTあり)
  • 1000700(やや積極型 – TVTあり)
  • 1000800(積極型 – TVTあり)
  • 1000900(かなり積極型 – TVTあり)
TVT(下落ショック軽減)とは?

  • 株式市場で値動きの大きさが継続すると見込まれる場合、一時的に株式の投資比率を下げ、債券の投資比率を上げることで、資産全体の値動きのブレを軽減してくれる機能です。
  • TVT発動後は、株式市場の値動きが落ち着いてくる過程で、もともとの配分へ徐々に戻されます。

成績が良い運用コースは?

楽ラップのコース別運用実績(出典:楽ラップ パフォーマンスデータを加工)

楽ラップ パフォーマンスデータを加工。2016年7月4日を100として指数化しています。

2016年7月4日~2018年7月31日において、成績が良い順に運用コースを並べてみます。

<運用成績順>

  1. 1000500(かなり積極型)
  2. 1000900(かなり積極型 – TVTあり)
  3. 1000400(積極型)
  4. 1000800(積極型 – TVTあり)
  5. 1000300(やや積極型)
  6. 1000700(やや積極型 – TVTあり)
  7. 1000200(やや保守型)
  8. 1000600(やや保守型 – TVTあり)
  9. 1000100(保守型)

 

これまでの運用成績を踏まえると「1000500(かなり積極型)」や「1000900(かなり積極型 – TVTあり)」あたりが良さそうです。

2018年2月の値動きを見ての通り、市場が悪化したときの下落幅が大きいです。リスクをとっているから、リターンが大きいことを理解しておきましょう。

 

逆に「1000100(保守型)」は値動きが小さいものの、着実に資産を増やしていることが分かります。

みんなに人気の運用コースは?

申込時の運用コース

楽ラップのレポートによると、申込時の運用コースで最も人気だったのは「1000600(やや保守型 – TVTあり)」でした。

順番に並べると以下の通り。

<申込時の運用コース人気順>

  1. 1000600(やや保守型 – TVTあり)
  2. 1000200(やや保守型)
  3. 1000700(やや積極型 – TVTあり)
  4. 1000300(やや積極型)
  5. 1000500(かなり積極型)
  6. 1000800(積極型 – TVTあり)
  7. 1000400(積極型)
  8. 1000900(かなり積極型 – TVTあり)
  9. 1000100(保守型)

 

楽ラップは運用コースを変更できます。実際に運用を始めてから、変更している人も多いみたいです。

運用コース変更後の運用コース

最初は保守的だった人も、積極的な運用コースに変更しているようです。

<変更後の運用コース人気順>

  1. 1000700(やや積極型 – TVTあり)
  2. 1000300(やや積極型)
  3. 1000800(積極型 – TVTあり)
  4. 1000500(かなり積極型)
  5. 1000400(積極型)
  6. 1000900(かなり積極型 – TVTあり)
  7. 1000600(やや保守型 – TVTあり)
  8. 1000200(やや保守型)
  9. 1000100(保守型)

まとめ:楽ラップのおすすめ運用コースを考える

さいごに楽ラップ運用コースをランキング形式でまとめてみました。

運用コース 運用成績順 人気順
1000100(保守型) 9位 9位
1000200(やや保守型) 7位 8位
1000300(やや積極型) 5位 2位
1000400(積極型) 3位 5位
1000500(かなり積極型) 1位 4位
1000600(やや保守型 – TVTあり) 8位 7位
1000700(やや積極型 – TVTあり) 6位 1位
1000800(積極型 – TVTあり) 4位 3位
1000900(かなり積極型 – TVTあり) 2位 6位

 

運用成績が好調で、人気のあるコースが良ければ、「1000500(かなり積極型)」がオススメです。

楽ラップはロボット・専門家に運用をお任せできるサービスなので、ハイリターンを狙うのは有り!

僕は「1000900(かなり積極型 – TVTあり)」にしています。

 

しかしながら、人によって資産運用の目的や性格が異なります。自分に合った運用コースを選んでいきたいですね。

どうしても悩む方は、無料診断で提案された運用コースを選ぶのが良いでしょう。

 

関連記事:合わせて読みたい

▼楽ラップを始めてみたい方向け!楽ラップの特徴を理解しておくべし。

楽ラップは評判が良い?メリット・デメリット・運用実績を解説

2018.04.25

 

楽ラップ1年間の運用実績を公開!順調に資産が増えています。

【楽ラップ運用実績】1年間でリターン+4.0%!最初から積立すべきだった(2018年7月)

2018.08.01
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

3,000円相当のビットコインをもらえます

BITPOINT
売買・送金手数料が0円なので、お得に仮想通貨を始められます!

初心者でも安心!ウェルスナビでほったらかし運用

銘柄選び・ポートフォリオ管理も全てロボットにお任せ!