話題のビットコイン積立をはじめよう!

【積立投資信託 運用実績】2年経過で+7.7%!ひふみプラス解約したよ(2019年11月)

投資信託2年経過!

2017年12月から投資信託を再開し、24か月(2年)経過しました。本記事では、これまでの成績を赤裸々に公開します。

「投資信託を買ってみたい!」「どの商品の成績が良いんだ?」と思っている方の参考になれば幸いです。

積立投資信託の運用実績(2年経過)

投資信託の資産評価額推移(~2019/11)

1年目の実績データ(クリックして開く)
投資信託の積立結果(単位:円)
年月元本評価額損益
2017/1243,00044,202+1,102
(+2.8%)
2018/166,00066,850+850
(+1.3%)
2018/289,00087,212-1,788
(-2.0%)
2018/3112,000108,322-3,678
(-3.3%)
2018/4135,000134,365-635
(-0.5%)
2018/5158,000156,366-1,634
(-1.0%)
2018/6181,000178,513-2,487
(-1.4%)
2018/7184,000183,634-366
(-0.2%)
2018/8212,000212,421+421
(+0.2%)
2018/9236,000241,997+5,997
(+2.5%)
2018/10270,000255,290-14,710
(-5.4%)
2018/11306,000297,486-8,514
(-2.8%)
2年目の実績データ
投資信託の積立結果(単位:円)
年月元本評価額損益
2018/12359,000315,709-43,291
(-12.1%)
2019/1410,700388,895-21,805
(-5.3%)
2019/2462,000461,176-824
(-0.2%)
2019/3414,000414,331+331
(+0.1%)
2019/4346,000347,524+1,524
(+0.4%)
2019/5302,000299,479-2,521
(-0.8%)
2019/6354,000354,438+438
(+0.1%)
2019/7405,000415,939+10,939
(+2.7%)
2019/8459,000461,924+2,924
(+0.6%)
2019/9542,000558,930+16,390
(+3.1%)
2019/10568,000602,980+34,980
(+6.2%)
2019/11428,000460,801+32,801
(+7.7%)

ひふみプラスを解約したため先月から元本が減っている(詳細は後述)ものの、損益は過去最高水準に達しました!

 

投資信託の最新実績や、投資信託との上手な付き合い方を紹介しています!興味がある方は、ご覧ください。

投資信託(自分用)投資信託で儲けよう!運用実績・おすすめ銘柄を紹介【楽天証券の活用テクも】

投資信託のポートフォリオ(金融商品ごとの成績)

今は下記4銘柄を積立中です。11月30日時点の成績を紹介しておきます。

<金融商品毎の積立成績>

  1. たわらノーロード 先進国リート
    • 元本=180,000円
    • 評価額=201,582円
    • 損益=+21,582円(+12.0%)
  2. ニッセイJリートインデックスファンド
    • 元本=70,000円
    • 評価額=77,234円
    • 損益=+7,234円(+10.3%)
  3. eMAXIS Slim国内債券インデックス
    • 元本=140,000円
    • 評価額=139,508円
    • 損益=−492円(−0.4%)

 

積立だけでなく、楽天ポイントを使って投資信託を買っています。身銭を切っていないので、元本は実質0円。

<楽天ポイント投資の成績>

  1. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
    • 元本=38,000ポイント
    • 評価額=42,477円
    • 損益=+4,477円(+11.8%)

関連記事:楽天ポイントで投資信託を買う方法!これまでの運用成績も公開中

さいごに:ひふみプラス解約して、気持ちスッキリ

2年近く積立していた「ひふみプラス」を解約しました。

  • 元本=180,000円
  • 売却額=186,470円
  • 損益=+6,470円(+3.6%)

 

最終的にはプラスになりましたが、ずーっと赤字でした。しかし手数料は1%近く払い続けるという…。

積立を解除しても手数料を支払うことになるため、どんどん損をしていく辛い状態でした。

 

今回ひふみプラスを解約したことで、ようやく低手数料のインデックス型商品のみになりました。

これで安心して積立ができます。今後はアクティブ型を選びません。

ぶるたろう

ひふみプラスが調子良かった。
→みんなが積立している。
→積立する!

というアホな思考回路。当時の自分を恨みたい。