【格安SIM】ソフトバンクから楽天モバイル[旧:DMMモバイル]に乗り換えて「毎月7千円」の節約

格安SIMに変更して年間8万円節約
スポンサーリンク

我が家は「ソフトバンク」から格安SIM「DMMモバイル」に乗り換えました。使い勝手は全然変わりませんが、毎月の支払いをグッと抑えることに成功です!

まだ格安SIMを使っていない方は、乗り換えを検討してみては如何でしょうか。

補足

楽天モバイルがDMMモバイルを買収したので、晴れて楽天モバイルユーザーになりました。

ソフトバンクからDMMモバイルに乗り換えて「毎月7千円」の節約

ソフトバンクとDMMモバイルの料金明細

ソフトバンクは毎月9千円近く支払っていましたが、DMMモバイルに乗り換えて2千円程度になりました。

 

格安SIMを使うことで、毎月7千円の節約ができています。

  • 1年で、8万4千円のお得
  • 10年で、84万円のお得
  • 20年で、168万円のお得
  • 30年で、252万円のお得

 

我が家は夫婦でDMMモバイルに乗り換えたので、節約額は上記の2倍です。30年スパンで考えると500万円も節約できることに!

E太
60代の両親もDMMモバイルに乗り換え済。

節約して浮いたお金は、孫のために使ってくれるみたいです!

僕が「DMMモバイル」を選んだ理由

格安SIMは何を選ぶ?

格安SIMの種類は沢山あります。「LINEモバイル」や「UQmobile」などが有名どころ。

自分の好きな会社のSIMカードを使えば良いですが、僕は以下の理由で「楽天モバイル(旧:DMMモバイル)」にしました。

  1. ドコモ回線を使いたい
  2. データ通信量を繰り越しできる
  3. 他端末とデータ通信量をシェアできる
  4. 料金体系がシンプルで分かりやすい
  5. 料金プランの種類が多い(1GBから小刻みにデータ通信量を選択できる)

解約手数料が発生しても、すぐに乗り換えた

解約手数料が勿体ない?すぐに取り返せるよ。

格安SIMに乗り換えるには通信キャリアを解約する必要がありますが、タイミングによっては解約手数料がかかります。

 

更新月以外に解約すると約1万円の手数料がかかる「2年縛り」があるし…。

更新月まで待ってから、格安SIMに乗り換えるべきかな?

上記の答えは「No」だと思います。

解約には1万円近くの手数料が発生しますが、格安SIMに乗り換えることで2か月目に取り返せます。「思い立ったが吉日」です。

 

更新月まで解約を待つのは、ソフトバンクやドコモの術中にハマっている気がします。

解約手数料を支払うのは勿体ないと思わせ、高いスマホ代を支払い続けさせる「2年縛り」はズル賢い仕組みです。

格安SIMに乗り換える方法は簡単

僕はiPhoneを使用していますが、SIMカードを「ソフトバンク」から「DMMモバイル」に変更しました。

僕が実際に行った手順をまとめました。たったの4ステップで大きな節約が可能です。

格安SIMへ乗り換える手順
  1. iPhoneをSIMロック解除する
  2. MNP予約番号を発行する
  3. 楽天モバイルを申し込む
  4. DMMモバイルのSIMカードに差替え

まとめ:スマホ代は節約しておきたい。将来のために。

スマホに払っている無駄なお金は、将来のために使う

スマホが教育費を減らしている?!」でも書いたように、スマホ代は知らず知らずのうちに家計を圧迫しています。

我が家は、格安SIM乗り換えで節約したお金を投資に回しています(ウェルスナビで積立中)。

無駄に支払っていたお金を、将来(子どもの教育費や老後資金)のために使えるのは有意義ですね。

 

▼浮いたお金は積立運用に回しています。おすすめの金融商品は何?

資産運用実績まとめ

【資産運用実績をブログ公開】30代サラリーマンが毎月20万円以上を積立中

2019-03-31

 

ズボラでも出来る節約術をまとめました。がっつり節約してお金を貯めましょう!

ズボラ節約術

【ズボラ節約術まとめ】疲れる&辛いことをしないで、年間40万円以上の節約効果あり

2018-09-15
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

1円から始められる!初心者向け資産運用

シェア投資Funds(ファンズ)
Fundsはチャートを気にせず、1円から投資できるサービスです。なんと利回りは、メガバンク普通預金金利の1,000倍以上。