【仮想通貨】ARN(Aeron:アエロン)の価格は上がる?特徴・将来性を知る

仮想通貨『ARN(Aeron)』
スポンサーリンク

仮想通貨『ARN(Aeron:アエロン)』を買うか検討するために、ARNの価格推移・特徴・将来性を調べてみました。

このコインは、世界最大級の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」で取り扱っています。

Binance(バイナンス)は怪しい?メリット・デメリット・評判【まとめ】

2017.12.31

『ARN(アエロン)』の基礎情報

Aeron (引用:ホワイトペーパー)
通貨単位 ARN
通貨名 Aeron
日本語名 アエロン
公開月 2017年11月
発行上限枚数 2,000万枚
アルゴリズム
公式サイト https://aeron.aero/
Twitter @aeron_aero
もともと発行上限は1億枚でしたが、2,000万枚に減りました。

2017年11月27日に未販売のトークンをバーンする(燃やす)ことが決定しました。

『ARN(アエロン)』の特徴

Aeron(アエロン)は、ブロックチェーン技術を活かした空の安全を守るプラットフォームです。

アエロンのトークン「ARN」はERC20トークンであり、プラットフォーム内で使用されます。

 

空は安全ではないのか?

航空事故の主な理由

航空は、安全で便利な移動手段の一つ。1日に10万便が200万人の移動に役立っているとのこと。

しかし、毎年およそ3,302件の事故が起きています。これらの事故の57%は人的要因で発生してしまっているようです。

 

具体的な理由は、以下の通り。

<事故発生理由の例>

  • パイロットの経験不足(フライトログレコードを簡単に偽造可能)
  • 航空学校の腐敗の可能性(パイロットの経験を偽造するインセンティブあり)
  • 航空機事業者は飛行時間を短く申告することで、かなりの維持費を節約可能
  • ログデータ改ざんに対する解決策の欠如
  • 航空機には最新の技術が利用されるべきであること
  • 航空学校の生徒の記録や航空機を管理するためのツールが洗練されていない

 

データを正しく記録・管理できていないことが問題だと、Aeronは考えています。

また、旅客サービスや乗組員管理などの様々なシステムが乱立しているせいで、スムーズにデータ連携できないことも問題視しています。

 

Aeronが提供するプラットフォーム

アプリケーション

Aeronは、ブロックチェーン技術を活かして、ログデータの損失/改ざん/偽造などを排除し、事故のリスクを低減しようとしています。

 

以下3つのアプリで、ブロックチェーンにデータを記録していきます。

パイロットや会社によって作られたログを検証し、実際にフライトがあったか確認することも可能とのこと。

<3つのアプリケーション>

  1. パイロットアプリ(iOS/Androidアプリをリリース済)
    • パイロットは、飛行時間を記録する。
  2. ウェブポータル(リリース済)
    • 乗客や航空学校の生徒は、航空サービスの検証済みのグローバル・データベースにアクセスできる。
  3. 航空会社用アプリ
    • メンテナンス機関は、サービスデータを記録する。
    • 航空機事業者は、飛行データを記録する。
    • 運航支援事業者は、空港サービスのデータを送信する。

 

既に、「②ウェブポータル」はリリースされていました。

ウェブポータル「aerotrips.com」

ウェブポータル「aerotrips.com

航空券やトレーニングの予約ができるようになっていました。

ブロックチェーン/スマートコントラクトにより、仲介者が不要になります。無駄が排除されるのは良いですね。

まだまだ情報量が少ないため、実用化されるのは未だ先でしょうね。

とは言え、プロダクトが存在し、安心感のある銘柄。

 

Aeronのメンバー

メンバー

豊富な飛行経験を持ち、認定パイロット、航空エンジニアと航空愛好家が集まっているようです。

  • Nadezhda氏(CTO):航空テクノロジーまわりで活躍
  • Konstantin氏(CDO):金融が専門分野でありつつも、認定パイロット

 

Aeronのアドバイザー

アドバイザー

グリフォン航空の取締役であり、公認会計士・監査人でもあるConstantinos氏を筆頭に、アドバイザーが構成されています。

『ARN(アエロン)』の価格

価格推移チャート

ARN価格推移チャート(2017年11月8日~2018年2月27日)

ARN価格推移チャート(2017年11月8日~2018年2月27日)

2017年は最大で「約27倍(0.48ドル→7.4ドル)」の高騰。

  • ~2018年1月初旬
    • ICO価格は1ARN=0.5ドルでした。
    • 1ARN=0.27~0.7ドル付近を推移していたが、12月18日に1.2ドルまで高騰する。
    • すぐに下落し、0.46~1ドル付近を推移。
  • 2018年1月初旬~
    • 1月5日から6日にかけて、9.34ドルまで急上昇。
    • その後、乱高下があり、1月16日に1.9ドルまで下落。

 

現在の価格

最新の価格は、以下の通りです。

『ARN(アエロン)』の将来性を考える

ロードマップ

Aeron Roadmap

2018年3月に、パイロットアプリと航空会社用アプリがリリースされます。それ以降は、機能連携やビジネス開発が主です。

<ロードマップ概要>

  • 2018年3月
    • パイロットアプリと航空会社用アプリの一般公開
  • 2018年4月
    • aerotrips.comのブロックチェーンとの統合
  • 2018年11月
    • API(アプリケーションプログラミングインタフェース)の公開
  • 2019年1月
    • セールスフォースと連携
  • 2019年3月
    • ヨーロッパ、中東及びアフリカにおけるビジネス開発
  • 将来
    • SpaceX、Uber、Googleの「空飛ぶ車(Flying Cars)」とのコラボレーション

 

2019年1月に予定している「セールスフォースとの連携」が気になります。

Aeronを航空会社向けのパッケージサービスとして売り出していきたいのか?

 

ベンチマーク比較

ベンチマーク

ベンチマーク比較(ホワイトペーパーより引用)

Aeronのホワイトペーパーに、ベンチマーク調査結果として上画像がありました。

<比較観点>

  1. 信頼性(記録が消失しない)
  2. 利便性(記録・閲覧が容易)
  3. 透明性(監査可能)
  4. 検証性(記録が偽造されない)

 

<ベンチマーク比較結果>

※上記4つの観点で、ざっくり比較されています。

 

  • 紙での記録簿は、良い所なし。
  • データベースをローカルで持ったアプリは、信頼性と検証性に欠ける
  • データベースがクラウド上にあるアプリは、検証性に欠ける
  • Aeronのブロックチェーンソリューションは、全てに優れる。

残念ながら、航空業界/Aeronだけに言えた比較ではなく、ブロックチェーン技術のどれにも言えそうですね…。

※「ブロックチェーンって何?」と思った方は、「ブロックチェーンとは?難しい用語を使わないで、超分かりやすく図解」をどうぞ。

 

しかし、航空業界においてブロックチェーンが普及していくのは間違いないと思います。
(Aeronが普及していくかは別として…)

 

「ブロックチェーンは、航空業界と相性が良く、革新的な技術」だと、ニュースサイトやアクセンチュア(外資のコンサル会社)が言っています。

業界の歴史が長いほど、変革できる程度が大きい気もします。

僕はARN(Aeron:アエロン)を買うか?

  • Aeronは、ブロックチェーン技術を活かした空の安全を守るプラットフォームです。
  • とても将来性のあるプロジェクトだと感じます。安いうちにARNを購入しようと思います。
    • 個人としては、これまでより安全に空を移動できるのは嬉しい。
    • 航空業界としては、システムを乱立しないで良く、システム停止しないブロックチェーンは最高。

 

>>おすすめ銘柄ランキング(TOP10)を見る

おすすめの取引所・買い方

海外取引所「Binance(バイナンス)」で購入することを推奨します。簡単売買・手数料激安・取り扱い銘柄が豊富で、文句無し!

>>Binance取り扱い銘柄一覧を見る

>>Binanceで口座開設する詳しい手順

 

▼オトクに海外銘柄を購入する手順▼

  1. 国内取引所「ビットポイント」へ日本円を入金し、ビットコインかイーサリアムを購入する。
  2. 国内取引所「ビットポイント」から、海外取引所「Binance」へ送金する。
  3. 海外取引所「Binance」で、お目当てのコインを購入する。
※ビットポイントは売買・送金手数料が無料!詳しくは「ビットポイントの評判・メリット・デメリット」をどうぞ。

 

▼この記事を読んだ方へのオススメ記事3選▼

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

\CMで話題!スマートフォンで簡単取引/
DMMビットコイン

口座開設するだけで1,000円、最大5,000円をもらえるキャンペーン中です!8月末までなのでお早めにどうぞ。