【仮想通貨】BNB(Binance Coin:バイナンスコイン)の価格は上がる?特徴・将来性を知る

仮想通貨『BNB(バイナンス・コイン)」
スポンサーリンク

仮想通貨『BNB(Binance Coin:バイナンス コイン)』は、仮想通貨取引所Binanceが発行しているトークンです。

この仮想通貨は「Binance(バイナンス)」で取り扱っています。

 

BNBを積極的に保有するか検討するために、価格推移・特徴・将来性を調べてみました。

『BNB(バイナンス コイン)』の基礎情報

Binance(バイナンス)のイメージ
通貨単位 BNB
通貨名 Binance Coin
日本語名 バイナンス コイン
公開月 2017年7月
発行上限枚数 2億枚
アルゴリズム
公式サイト https://www.binance.com/
Twitter

『BNB(バイナンス コイン)』の特徴

Binance(バイナンス)手数料

BNBは、仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が発行している「ERC20トークン」です。

ホワイトペーパーによると、BNBは「Binance運営に欠かせないガソリン」であるとのこと。

 

BNBの特徴は、ずばり、Binanceの取引手数料が「超激安」になることです。なのでBNBコインを買う人が多いです。

Binanceの取引手数料は、もともと激安です。なんと0.1%!しかしBNBで取引手数料を支払うと、手数料が0.075%0.05%になります。

2018/8/1追記

BNBで支払った場合の手数料割引率が50%→25%に変更になりました。よってBNBで手数料を支払う場合、手数料は0.075%になります。

『BNB(バイナンス コイン)』の価格

価格推移チャート

2017年7月に、1BNB=0.1ドルから始まりました。(日本円で10円くらい)

2017年12月に、1BNB=10.7ドル付近まで高騰しました。2017年は、最大で『107倍』近くの成長を見せています。

 

2018年に入り、更にBNBが伸びていますね。Binanceの勢いが止まらないです!想像以上のユーザー増加により、新規登録を一時休止しているほどです。

【登録再開】Binance(バイナンス)に登録できない!1月5日~、人気につき登録休止中

2018.01.08

 

現在の価格

最新の価格は、以下の通りです。

『BNB(バイナンス コイン)』の将来性を考える

BNBはコンテンツプラットフォームなどの機能(例:TRON)を有しておらず、単純に『通貨』としての役割のみです。

そんなBNBの価格が一層伸びていくには、「どのように『通貨』としての価値を発揮していくのか?」がポイントだと思います。

ホワイトペーパーによると、以下の施策により、コインの成長を描いているように見えました。

<BNBの施策>

  1. BNBで支払う取引手数料の割引率が低くなる
  2. BNBの発行量が減っていく

 

施策①:BNBで支払う取引手数料の割引率が低くなる

BNBで支払う取引手数料の割引率

先ほども説明した通り、BNBで取引手数料を支払うと、手数料が0.05%になります。

もともとBinanceの取引手数料は0.1%なので、50%の割引率になります。

 

ただし、取引手数料が通常の半額になるのは、「1年目」だけです。2年目以降は割引率が半減していきます。

BNB支払いによる手数料の割引率>

  • 1年目:50%
  • 2年目:25%(50÷2)
  • 3年目:12.5%(25÷2)
  • 4年目:6.75%(12.5÷2)
  • 5年目:割引なし

 

Binanceを利用している人たちにとって、BNBで手数料を支払うメリットが薄れることになります。

2018/3/15追記

  • バイナンス独自のパブリックブロックチェーン「Binance Chain」を開発すると発表がありました。
  •  「BNB」は、このブロックチェーン内で使用される通貨になるとのこと。
    • 「BNBの価値を高める策略があるだろう」と思っていましたが、まさか独自ブロックチェーンを開発するとは…。

 

施策②:BNBの発行量が減っていく

仮想通貨『BNB』の発行量は減っていく

BNBは、発行元であるBinanceに買い戻され、最終的には「1億BNB」になります。

四半期に一回、Binanceの利益20%分が、買い戻しのために使われていくのです。買い戻されたBNBは、破棄されます。

 

BNBの供給が減ると、BNBの価値は高まっていくはずです。

例えば、オイルショックがおきると、石油が出回らなくなります(=供給が減る)。

そうすると、ガソリン価格が高騰します。これと同じ原理です。(現に、数年前に価格が高騰しましたね…)

 

価格は高騰するはず

以下の法則は、仮想通貨だけでなく、どの商品にも言えることです。

<モノの価格が上がる法則>

  1. 需要が増える(皆が欲しがる)
  2. 供給が減る(市場に出回らなくなる)

 

BNBで支払う取引手数料の割引率の素晴らしさによって、BNBを持つユーザー数が増えます。(=需要増

手数料の割引率は年々減っていき需要が減りそうですが、同時にBNBの供給量が減ることで価格が高騰します。

BNBの価格が高騰すれば、ユーザーはBNBを手放せなくなるはず。

よってBNBは『手数料を支払う用途』で保有されるのではなく『資産』として保有されることになると予想しています。

僕はBNB(バイナンス コイン)を買うか?

  • BNB(バイナンス コイン)を手数料支払いのために使うと、手数料が半額になります。
    • Binanceを使う場合は、手数料分だけでもBNBを購入した方が良いです!
  • 今後、BNBで手数料を支払うメリットが減りますが、同時にBNB自体の発行量が減るため、BNBの価格が高騰する可能性が大いにあります。
    • ただし、Binanceが成長し続けるのが大前提です。
  • Binanceに期待している僕は、BNBを「ぜひ買いたい」と思います。

 

>>おすすめ銘柄ランキング(TOP10)を見る

おすすめの取引所・買い方

海外取引所「Binance(バイナンス)」で購入することを推奨します。手数料が安く、取り扱い銘柄が豊富で、文句無し!

>>Binance取り扱い銘柄一覧を見る

>>Binanceで口座開設する詳しい手順

 

Binanceは日本円で仮想通貨を売買できないので、国内取引所からBinanceへ仮想通貨を送金する必要があります。

以下の手順であれば、スムーズに購入でき、ムダな手数料を支払わずに済みます。

<お得な買い方>

  1. 国内取引所「ビットポイント」へ日本円を入金し、ビットコインかイーサリアムを購入する。
  2. 国内取引所「ビットポイント」から、海外取引所「Binance」へ送金する。
  3. 海外取引所「Binance」で、お目当てのコインを購入する。
※ビットポイントは売買・送金手数料が無料!詳しくは「ビットポイントの評判・メリット・デメリット」をどうぞ。

 

▼この記事を読んだ方へのオススメ記事3選▼

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

3,000円相当のビットコインをもらえます

BITPOINT
売買・送金手数料が0円なので、お得に仮想通貨を始められます!