【仮想通貨】CHAT(ChatCoin:チャットコイン)の価格は上がる?特徴・将来性を知る

仮想通貨『CHAT(コインチャット)』
スポンサーリンク

仮想通貨『CHAT(ChatCoin:チャットコイン)』は、ウォレット機能付きメッセンジャーアプリです。

この仮想通貨は、2018年1月31日に世界最大級の海外取引所「Binance(バイナンス)」で取り扱うようになりました。

 

CHATを買うか検討するために、価格推移・特徴・将来性を調べてみました。

『CHAT(チャットコイン)』の基礎情報

dApps「BeeChat」

dApps「BeeChat」

通貨単位 CHAT
通貨名 ChatCoin
日本語名 チャットコイン
公開月 (不明)
発行上限枚数 10億枚
アルゴリズム
公式サイト http://openchat.co/
Twitter (不明)
ほとんどの仮想通貨の公式サイトはSNSアカウントのリンクを貼っていますが、ChatCoinには存在しませんでした。

SNSを使って自分たちの活動を宣伝したくないのかな?

『CHAT(チャットコイン)』の特徴

ERC20トークンである「CHAT」は、OpenChatが提供するプロトコルで動くdApps(分散型アプリ)で使用できるようになります。

※OpenChatとは、Google元従業員によって設立されたオープンソース組織のこと。

 

dAppsの代表作は「BeeChat」という名の、ブロックチェーン技術を用いたウォレット機能付きメッセンジャーアプリです。

「BeeChat」の特徴をまとめると、以下の通り。

<BeeChatの特徴>

  1. ソーシャルネットワーク
  2. ウォレットが付いている
  3. アプリのプラットフォームでもある
  4. QTUMベースのシステム

 

特徴①:ソーシャルネットワーク

CHAT:ソーシャルネットワーク
  • チャットを通じて、家族や友人と連絡を取って、自分のソーシャルサークルを確立することができる。
  • プラットフォーム内の他のdappsをソーシャルネットワークと共有できる。
  • 遅延無しで高品質の音声/ビデオ通話ができる。
  • 同時に20000件のオンライングループチャットをサポート。

 

特徴②:ウォレットが付いている

CHAT:ウォレットが付いている
  • ウォレットの機能がついており、BeeChatアプリで仮想通貨の送金・受取が可能です。
2018年1月31日、「LINE」が仮想通貨ビジネスに参入することを表明しましたね!(参考:日本経済新聞

既に莫大なユーザーを抱えているチャットアプリで仮想通貨決済できるようになれば、BeeChatに勝ち目が無い気がする…。

 

特徴③:アプリのプラットフォームでもある

CHAT:アプリのプラットフォームでもある
  • BeeChat上で、様々な関連アプリ(dApps)をダウンロードできる。
  • アプリ開発者は、開発したdAppsで収益化することができる。報酬の受け取りはChatCoinです。

 

特徴④:QTUMベースのシステム

CHAT:QTUMベースのシステム
  • 日常生活の一部になるであろう「QTUM(クオンタム)」をベースに構築している。

『CHAT(チャットコイン)』の価格

価格推移チャート

CHAT価格推移チャート(2018年1月20日~31日)

CHAT価格推移チャート(2018年1月20日~31日)

上図の通り、2018年1月22日、1CHAT=0.25ドル付近でした。

Binanceへ上場した2018年1月31日に、0.54ドル付近まで上昇しています。

ICO価格が0.082ドルだったことを考えると、短期的に『約6.6倍(0.082ドル→0.54ドル)』の高騰です。

 

現在の価格

最新の価格は、以下の通りです。

『CHAT(チャットコイン)』の将来性を考える

ロードマップが見つからない

CHATは、まだロードマップを公開していないみたいです。

既にBeeChatというアプリが、Google Playで公開されています。既にプロダクトは存在するので、「ユーザー獲得」に注力すると推測します。

 

dApps「BeeChat」公式サイト

dApps「BeeChat」公式サイト

「BeeChat」公式サイトを見るに、Google Playでリリース済、App Storeでは未リリースでした。

そろそろ、App Storeでアプリを公開するのかな…?

 

BeeChatのGoogle Play評価

BeeChatのGoogle Play評価(2018年2月1日時点)

Google Playでの評価は、可もなく不可もなくといった点数でした。

高評価を得られるように機能改善しつつ、ユーザー獲得のためにプロモーションしていくことになるでしょうね。

 

不信感を抱いてしまった

僕はChatCoinのことを一通り調べてみましたが、不信感を抱いてしまいました。怪しいと思った点が2つあります。

 

怪しい点①:ユーザー数

CHAT公式ページ

CHAT公式ページ(Google翻訳)

CHAT公式ページを見るに、BeeChatは世界中で「数億人」ものユーザーを抱えているとのことでした。

しかし、Google Playのダウンロード数と乖離があるんです。下の画像を見てください。

 

BeeChatのGoogle Play評価(2018年2月1日時点)

BeeChatのGoogle Play評価(2018年2月1日時点)

Google Playでのインストール数が「1,000~5,000」なのです。

「BeeChatは数億人のユーザーを抱えている」という記載には疑問が残ります。

 

怪しい点②:メンバーの身元が非公開

CHATのチームメンバーの身元が分からないのです。

CHAT公式ページ

CHAT公式ページ

顔写真が表示されていなくても、LinkedInやFacebookページへのリンクも貼っていないです。

また、名前もフルネームではなく、ハンドルネーム。

上位ランクにいる仮想通貨の大半は、開発メンバの身元は公開されています

やっぱり、身元を公開している仮想通貨の方が信頼できるんですよね。

僕はCHAT(ChatCoin:チャットコイン)を買うか?

  • CHATの武器は、ブロックチェーン技術を用いた、ウォレット機能付きメッセンジャーアプリです。
  • 既に大成功を収めているLINEなどのチャットアプリも、仮想通貨ビジネスに参入しつつあります。
    • ライバルに負けないくらいの差別化要素が不可欠なんでしょうね。
  • 全然、CHATは情報を開示していない状況。現時点では、僕はCHATの購入を見送ります。

 

>>おすすめ銘柄ランキング(TOP10)を見る

おすすめの取引所・買い方

海外取引所「Binance(バイナンス)」で購入することを推奨します。手数料が安く、取り扱い銘柄が豊富で、文句無し!

>>Binance取り扱い銘柄一覧を見る

>>Binanceで口座開設する詳しい手順

 

Binanceは日本円で仮想通貨を売買できないので、国内取引所からBinanceへ仮想通貨を送金する必要があります。

以下の手順であれば、スムーズに購入でき、ムダな手数料を支払わずに済みます。

<お得な買い方>

  1. 国内取引所「ビットポイント」へ日本円を入金し、ビットコインかイーサリアムを購入する。
  2. 国内取引所「ビットポイント」から、海外取引所「Binance」へ送金する。
  3. 海外取引所「Binance」で、お目当てのコインを購入する。
※ビットポイントは売買・送金手数料が無料!詳しくは「ビットポイントの評判・メリット・デメリット」をどうぞ。

 

▼この記事を読んだ方へのオススメ記事3選▼

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

売買&送金手数料0円の仮想通貨取引所BITPoint

新規口座開設&入金で、3,000円相当のビットコインをもらえます。9月末までなのでお早めに!

初心者でも安心!ウェルスナビでほったらかし運用

銘柄選び・ポートフォリオ管理も全てロボットにお任せ!