【仮想通貨】FUN(FunFair:ファンフェア)の価格は上がる?特徴・将来性を知る

仮想通貨『FUN(FunFair)』
スポンサーリンク

仮想通貨『FUN(FunFair:ファンフェア)』を買うか検討するために、FUNの価格推移・特徴・将来性を調べてみました。

このコインは、世界最大級の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」で取り扱っています。

Binance(バイナンス)は怪しい?メリット・デメリット・評判【まとめ】

2017.12.31

『FUN(FunFair)』の基礎情報

通貨単位 FUN
通貨名 FunFair
日本語名 ファンフェア
公開月 2017年6月
発行上限枚数 約172億枚
アルゴリズム
公式サイト https://funfair.io/
Twitter @FunFairTech

『FUN(FunFair)』の特徴

FunFair(ファンフェア)はイーサリアムブロックチェーン上のオンラインカジノであり、低コスト・高品質・透明性のあるカジノ体験をユーザーに提供します。

Funfairの通貨「FUN」はERC20トークンであり、プラットフォーム内で使用されます。

 

FunFairのプロダクト

FunFairのショーケースには、12種類のゲームがラインナップされていました(2018年3月時点)。

<12種類のゲーム>

  1. バカラ(Baccarat)
  2. 3カードポーカー(Three Card Poker)
  3. レットイットライド(Let it Ride)
  4. カリビアンスタッド(Caribbean Stud)
  5. ブラックジャック(Blackjack)
  6. ヨーロピアンルーレット(European Roulette)
  7. クラップス(Craps)
  8. トゥー ザ スターズ(To The Stars!)
  9. クラシック(Classic)
  10. パイレーツ(Pirates)
  11. ワンス アポン ア タイム(Once Upon A Time)
  12. ビデオポーカー(Video Poker)
一般的なものがラインナップされていますね!海外旅行中にカジノで大敗した記憶がよみがえります…。

 

FunFair ヨーロピアンルーレット

FunFair ヨーロピアンルーレット

FunFairのショーケースには、「①ローカル」と「②ブロックチェーン」という2つのモードがあります。アプリインストール不要&無料の「①ローカル」であれば、気軽に触れます。

FunFairが「高品質」と謳っている通り、デザインも良い感じで快適にプレイできました。

 

イーサリアムブロックチェーンの利用

ブロックチェーンに記録する回数を減らす

高品質だけでは、既存のオンラインカジノと差別化できません。

やはり、FunFairは「イーサリアムブロックチェーン上で動いていること」がポイントだと考えます。

 

イーサリアムのスマートコントラクト機能を利用することにより、FunFairの提供するカジノは「高い透明性」を実現します。

不正を許さないので、安心してプレイできるというわけです。

 

しかし、イーサリアムブロックチェーンに記録するためには、手数料がかかりますし、時間もかかります。

FunFairはイーサリアムのブロックチェーンに記録する回数を最小限にし、「低コスト」で「スピーディ」な取引を実現します。

<ブロックチェーンへの記録回数を減らす>

  1. ランダムに番号を生成し、ブロックチェーンに記録する。【1回目】
  2. 実際の賭けは、オフチェーン(ブロックチェーン外)で行う。
  3. ゲームの終わりに、それぞれの賭博結果を束ねた上でブロックチェーンに記録する。【2回目】

 

FUNトークンの用途

FUNトークンの用途

FunFairの通貨「FUN」の用途は、以下の通りです。

  1. カジノで遊ぶためのクレジット(例えば、チップ)を購入する。
  2. フリーミアム・カジノゲームのアプリ内課金する。
    • 「フリーミアム」はスマホアプリに多いビジネスモデルであり、基本的には無料で提供して一部の有料サービスから収益を得る手法。
  3. ゲーム制作者へ報酬を支払う。

『FUN(FunFair)』の価格

価格推移チャート

FUN価格推移チャート(2017年6月27日~2018年3月13日)

FUN価格推移チャート(2017年6月27日~2018年3月13日)

  • 2017年の最安値/最高値/高騰率を見る(グラフのグリーン線
    • 最安値=約0.01ドル
    • 最高値=約0.1ドル
    • 高騰率=約10倍
  • 「対BTC」で実質的な価格を見る(グラフのオレンジ線
    • 2017年7月1日、1FUN=0.000136BTCまで高騰。(これまでのピーク)
    • その後は乱高下を繰り返しており、2018年1月頭から下落傾向にある。

 

現在の価格

最新の価格は、以下の通りです。

『FUN(FunFair)』の将来性を考える

FunFairのプラットフォーム内に、どれだけユーザー数を集めることができるかが焦点ですね。3つの観点で将来性を考えてみます。

<3つの観点>

  1. ロードマップ
  2. ライバルの存在
  3. 市場規模から考えるトークンの価値

 

①ロードマップ

FunFairは2016年からスタートしているプロジェクトです。ブロックチェーン界隈では、比較的歴史が長いですね。

ロードマップを簡単にまとめると以下の通りですが、ほとんど開発完了していそうです。

<ロードマップ概要>

  • 2016年7~9月
    • スロットプロトタイプ開発
  • 2017年2月
    • EDCON(イーサリアムの開発カンファレンス)で実演
  • 2017年4月
    • プロジェクト発表
  • 2017年4~6月
    • 「バカラ」と「ブラックジャック」をリリース
  • 2017年6月
  • 2017年7~9月
    • 「ルーレット」をリリース
  • 2017年10~12月
    • 「クラップス」と「ビデオポーカー」をリリース
  • 2018年1~3月
    • ベータリリース、公式リリース
    • 「プログレッシブスロット」をリリース

2018年4月以降が気になりますが、ゲームの拡充やプロモーション活動が中心だと推測します。

 

②ライバルの存在

『公正なカジノ』を謳ったブロックチェーンカジノ銘柄は、結構多く存在します。

上場済のライバル銘柄として、Edgeless/DAO.Casino/RouletteToken/CoinPokerがありました(他にもあるはず)。

 

FunFairの時価総額は、これらのライバル銘柄よりも上であり、知名度も高いです。

しかし、FunFairの強み「低コスト・高品質・透明性の高いカジノ」は、他銘柄も同じように主張しています。

この業界は「機能面での差別化」が難しそうです。ユーザー獲得のためには、操作感やデザイン、口コミが大切なのかもしれません。

 

③市場規模から考えるトークンの価値

FunFair公式サイトによると、「市場規模は460億ドル」だと言われています。

仮に、FunFairが市場を独占した場合、「1FUN=2.67ドル(約300円)」程度になります。

※「460億ドル(市場規模)」を「172億FUN(発行上限枚数)」で割っています。「FUN」だけで市場経済が循環するイメージ。

 

既存のオンラインカジノ会社も黙っていないでしょうし、ブロックチェーンカジノ銘柄も数多く誕生しています。

市場シェア「10%」を獲得するのも苦戦すると思います。頑張っても「1FUN=0.267ドル(約30円)」程度。

これ以上の市場シェアを獲得できそう、もしくは市場が大きくなるのを期待している場合は、FUNを購入して良いかもしれません。

僕はFUN(FunFair:ファンフェア)を買うか?

  • FunFairは、イーサリアムブロックチェーン上のオンラインカジノです。
    • 公正・高機能・低コストを実現すると、FunFairは言っています。
  • 以下の理由から、僕は買いません。
    • ライバルが多く、差別化要素を見出しにくそうです。
    • 僕自身がカジノ業界に疎い。興味が薄い。(判断に欠かせない要素だと思っている)

 

>>おすすめ銘柄ランキング(TOP10)を見る

おすすめの取引所・買い方

海外取引所「Binance(バイナンス)」で購入することを推奨します。簡単売買・手数料激安・取り扱い銘柄が豊富で、文句無し!
>>Binance取り扱い銘柄一覧を見る

 

費用を安く済ませる買い方は、以下の通り。

  1. 国内取引所「Zaif」へ日本円を入金し、イーサリアムかビットコインを購入する。
  2. 国内取引所「Zaif」から、海外取引所「Binance」へ送金する。
  3. 海外取引所「Binance」で、お目当てのコインを購入する。

 

>>Zaifで口座開設する

>>Binanceで口座開設する詳しい手順

国内取引所は取引手数料が安い「Zaif」を推奨します!

ビットコイン=マイナス0.05%
イーサリアム=無料

 

▼この記事を読んだ方へのオススメ記事3選▼

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

人気のオススメ取引所

【国内】Zaif
ビットコインやNEMを買うならZaif!長期投資の味方「コイン積立」もオススメ。

【国内】ビットバンク
リップルやイーサリアムを買うならココ!

【海外】Binance
世界最大級の取引所!取り扱い銘柄は100種類以上、激安手数料。(登録方法

【海外】Huobi
日本語対応でアプリが使いやすい!簡単にトレードできる取引所。(登録方法