【仮想通貨】POA(POA Network:ポア ネットワーク)の価格は上がる?特徴・将来性を知る

仮想通貨『POA(POA Network)』
スポンサーリンク

仮想通貨『POA(POA Network:ポア ネットワーク)』は、スマートコントラクトを実現できる高スペックなdAppsプラットフォームです。

この仮想通貨は、世界最大級の海外取引所「Binance(バイナンス)」で取り扱っています。

 

POAを買うか検討するために、価格推移・特徴・将来性を調べてみました。

『POA(POA Network)』の基礎情報

通貨単位 POA
通貨名 POA Network
日本語名 ポア ネットワーク
公開月 2018年2月
発行上限枚数 約2.5億枚
アルゴリズム PoA(Proof of Authority)
公式サイト https://poa.network/
Twitter @poanetwork
もともと、「Oracles Network」という名前でした。

『POA(POA Network)』の特徴

POA Networkは、スマートコントラクトを実現できるdApps(分散型アプリ)プラットフォームです。

POA Networkの通貨「POA」はERC20トークンであり、プラットフォーム内で使用されます。

 

POA Networkとイーサリアムの違いは?

イーサリアムで出来ることは、POA Networkでも実現できる

公式サイトでは、イーサリアムで出来ることは、POA Networkでも実現できると言っています。

 

主な違いは、承認アルゴリズム(取引の承認方法)にあります。

※「承認アルゴリズムって何?」と思われた方は、「ビットコインの承認アルゴリズムを難しい言葉を使わないで説明」をどうぞ。

 

イーサリアムとPOA Networkの承認アルゴリズムは、以下の通り。

<承認アルゴリズムの比較>

  • イーサリアム=PoW(Proof of Work)
    • PoS(Proof of State)に変更予定。
  • POA Network=PoA(Proof of Authority)

「PoA」は、安価/高セキュリティ/高スピードな取引を実現します。

 

3つのアルゴリズムのイメージ(引用:NEWS ON JAPAN)

3つのアルゴリズムのイメージ(引用:NEWS ON JAPAN

先ほど挙がった3つの承認アルゴリズムを簡単に説明すると…

  • PoW(イーサリアム変更前)
    • 難しい問題を一番早く計算した人が、取引を承認する
    • 計算には膨大な電力を必要とする
    • 誰でも承認できる(悪い人でも、お金を持っていたらOK)
  • PoS(イーサリアム変更後)
    • 多くのコインを保有する人が、取引を承認する
    • 難しい問題の計算不要
    • 誰でも承認できる(悪い人でも、お金を持っていたらOK)
  • PoA(POA Network)
    • 承認者の身元が証明されている
    • 承認者は交互に承認していく(計算不要)

 

  • 難しい問題を計算しないで良いため、承認作業が「安価」で「高スピード」になる。
    • ブロック生成時間は5秒。イーサリアムより3倍早いスピード!
  • 承認者の身元が証明されているため、「高セキュリティ」である。

※詳しくは、ホワイトペーパーをどうぞ。

 

承認者の身元証明とは?

上画像の通り、『取引の承認者(バリデーターと呼ぶ)』の氏名や住所が公開されています。

「犯罪記録が無いこと」なども確認した上で、バリデーターを選出しています。

 

POAでは、身元が明らかな人に大事な作業(承認)を任せられるというわけです。

『POA(POA Network)』の価格

価格推移チャート

POA価格推移チャート(2018年3月1日~3月4日)

POA価格推移チャート(2018年3月1日~3月4日)

ICO価格は1POA=0.0724ドルでしたが、Binanceに上場した翌日3月1日に0.708ドルまで上昇しています。

その後は0.42ドル~0.5ドル付近で落ち着いています。

短期的に『約9.8倍(0.0724ドル→0.708ドル)』の高騰です。

 

現在の価格

最新の価格は、以下の通りです。

『POA(POA Network)』の将来性を考える

POA Networkは「dAppsプラットフォーム」です。

沢山のアプリが開発されて世の中に普及していかないと、価値を発揮しません。(イーサリアムやNEOも同じ)

 

既にdAppsが存在する

2018年3月時点では、POA Networkを稼働させる上で必要なアプリや、ICOキャンペーンを簡単に行えるアプリ、証明系アプリが誕生しています。

 

証明系アプリでいえば、様々な持ち物(電話番号/Githubアカウント/住所/銀行口座)の所有を証明するアプリが開発されています。

絶対的な証明ができるようになれば、ますます世の中が便利になりますよね。

中国版イーサリアムと言われている「NEO」のように、POA NetworkもdAppsが増えていくと思います。

注目しておきたいポイントです!

 

ロードマップ

POAのロードマップ

POA Networkは、2018年までのロードマップを描いています。

既にメインネットは公開されているので、更にdAppsを増やしていく段階にいます。

<ロードマップ概要>

  • 2017年12月
    • POA Networkのメインネットがローンチされた。
  • 2018年1月
    • ブロックチェーンのスケーラビリティに更に注力した。
  • 2018年前半
    • ブリッジを使って、複数のPoAベースのネットワークがdAppsを繋ぐ。
  • 2018年後半
    • Interledgerプロトコルで繋いだ複数のネットワークを持つプラットフォームになる。

僕はPOA(POA Network:ポア ネットワーク)を買うか?

  • POA Networkは、スマートコントラクトを実現できるdAppsプラットフォームです。
    • 独自の承認アルゴリズム「PoA(Proof of Authority)」によって、安価/高セキュリティ/高スピードな取引を実現します。
    • トークンセールで即完売するほどの魅力を有する銘柄!
  • 僕は、POAをお試し買いしておきます。もう少しdAppsが増えてきたら積極投資を検討。

 

>>おすすめ銘柄ランキング(TOP10)を見る

おすすめの取引所・買い方

海外取引所「Binance(バイナンス)」で購入することを推奨します。手数料が安く、取り扱い銘柄が豊富で、文句無し!

>>Binance取り扱い銘柄一覧を見る

>>Binanceで口座開設する詳しい手順

 

Binanceは日本円で仮想通貨を売買できないので、国内取引所からBinanceへ仮想通貨を送金する必要があります。

以下の手順であれば、スムーズに購入でき、ムダな手数料を支払わずに済みます。

<お得な買い方>

  1. 国内取引所「ビットポイント」へ日本円を入金し、ビットコインかイーサリアムを購入する。
  2. 国内取引所「ビットポイント」から、海外取引所「Binance」へ送金する。
  3. 海外取引所「Binance」で、お目当てのコインを購入する。
※ビットポイントは売買・送金手数料が無料!詳しくは「ビットポイントの評判・メリット・デメリット」をどうぞ。

 

▼この記事を読んだ方へのオススメ記事3選▼

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

初心者でも安心!ウェルスナビでほったらかし運用

銘柄選び・ポートフォリオ管理も全てロボットにお任せ!