【仮想通貨ICO】UZN(Unizon)は保険の在り方を変える!少し怪しいけど、AirDropだけ参加

仮想通貨『UZN(Unizon)』
スポンサーリンク

保険の在り方を変えることを目指す『Unizon』がICOを開催しています。

若干きな臭いですが、せっかくなので簡単に紹介します。

【2018/3/16追記】
エアドロップは終了しました。
>>他のエアドロップ案件を探す

Unizonを簡単に紹介

Unizonイメージ
通貨単位 UZN
通貨名 Unizon
日本語名 ユニゾン
公式サイト https://unizon.io/
Twitter @UnizonProject

 

実現できること

Unizonで実現できること

現在の保険は、保険会社が保険商品を作って個人に販売しています。

Unizonは、個人が保険プランを自由に作成でき、そのプランに共感したユーザーが自由に加入できるようになります。

 

Unizonを利用することで、無駄な業務プロセスやコストを削減でき、不透明な資金管理をする必要が無くなります。

また、不確実なリスクが発生しなければ、余剰金が生まれ、保険プラン加入者へ分配されるようになります。

 

大手保険会社も黙っていないと思いますが、Unizonは「3つの優位性がある」と言っています。

<Unizonの優位性>

  1. 無駄な手数料を支払う必要がない(仲介業者が存在せず、直接取引できる)
  2. 運用損失リスク、不払いリスクが除外される
  3. 低所得者向けの保険や、ニッチな分野の特定リスクなど、新しい保険商品が誕生

※詳しくは公式サイトホワイトペーパーをどうぞ。(日本語対応しています)

 

ロードマップ

Unizonのロードマップ

Unizonのロードマップで僕が重要だと思う点をピックアップしてみると、以下の通り。

<僕が重要だと思うマイルストーン>

  • 2018年9月
    • 仮想通貨取引所への上場(どこに上場するのか不明)
  • 2018年10~12月
    • α版のテストを実施
  • 2019年1~3月
    • プレメンバーを募集
  • 2019年4~6月
    • β版リリース
  • 2020年
    • 正式リリース
2018年9月の「仮想通貨取引所への上場」や、2019年1~3月の「プレメンバーによるサービス利用」が注目ポイントだと思います。

 

ICOスケジュール

ICOスケジュール

3月15日からトークンセールが始まります。早い段階で買えば、お得に購入できるみたいです。

アーリーバードステージ1stは2日間だけの開催ですが、100%のボーナスです。同じ金額で2倍コインを手に入れることができます。

>>トークンセールに関する詳細はこちら

 

3月1日時点では、登録受付中です。録するだけで、40UZN(およそ800円分)をもらえます。

AirDrop参加方法

登録は簡単です。流れをまとめておくと、以下の通り。

<登録方法まとめ>

  1. 公式サイトへアクセスする。
  2. 仮登録する。
  3. 本登録する。

 

①公式サイトへアクセス

公式サイト トップ画面

公式サイト トップ画面

公式ページにアクセスし、[AIRDROPに参加して40UZNを無料獲得]ボタンを押します。

※上画像の黄色矢印部分です。

 

②仮登録

新規会員登録画面

新規会員登録画面

メールアドレスを入力し、[登録]ボタンを押します。

以下のように表示されます。

登録ボタンを押した後の画面

登録ボタンを押した後の画面

 

③本登録

メールを確認

メールを確認

入力したメールアドレスにメールが届きます。[本文中に書かれたURL]を押します。

※メール件名:マイページの仮登録が完了しました。

 

本登録画面

本登録画面

以下の項目を入力し、[登録]ボタンを押します。

  • 生年月日
    • 入力例:1980/11/01
  • パスワード
  • パスワード確認
    • 同じものを入力します。

 

これで登録完了です。

ログインした後、[トークン履歴]メニューを押すと、40UZNを獲得できたことが分かります。

トークン履歴画面

トークン履歴画面

まとめ:僕はトークンセールに参加するか

  • Unizonは、保険の在り方を変えるブロックチェーンです。「保険の原点に還る」発想が功を奏すか気になるところ。
  • しかし、僕は買いません。理由は以下の通り。AirDropに参加し、貰えるものだけ貰っときます。
    • 現時点では何も進んでいないので信頼性に欠ける。2019年4~6月「β版リリース」の様子を見てからでも、それなりのリターンを得られると思う。
    • ICO評価サイトやbitcointalkに情報が無い。
    • トークン販売先が限定されている。
    • 誇張されたセールストークが目立つ。
  • ICOは超ハイリスク・ハイリターン商品です。各自で納得できるまで調査した上で「余剰資金」での購入をオススメします。

 

▼AirDrop情報を他にも探す▼

仮想通貨エアドロップ(AirDrop)情報まとめ【2018年最新&厳選】

2018.06.20

▼有望コインを探す▼

【仮想通貨】これから伸びる有望アルトコインは?銘柄100種類以上の将来性・特徴・買い方まとめ

2018.01.15
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

\CMで話題!スマートフォンで簡単取引/
DMMビットコイン

口座開設するだけで1,000円もらえるキャンペーン中です!6月30日締切です。この機会にどうぞ。