【仮想通貨】YOYOW(ヨヨー)の価格は上がる?特徴・将来性を知る

有望コイン調査『YOYOW』
スポンサーリンク

仮想通貨『YOYO(YOYOW:ヨヨー)』を買うか検討するために、YOYOの価格推移・特徴・将来性を調べてみました。

このコインは、世界最大級の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」で取り扱っています。

Binance(バイナンス)は怪しい?メリット・デメリット・評判【まとめ】

2017.12.31

『YOYOW(ヨヨー)』の基礎情報

YOYOWサイト画像
通貨単位 YOYOW
(バイナンスの場合=YOYO)
通貨名 YOYOW
日本語名 ヨヨー
公開月 2017年3月
発行上限枚数 3億枚
アルゴリズム POT(Proof of Taste)
公式サイト https://yoyow.org/
Twitter

『YOYOW(ヨヨー)』の特徴

YOYOWサイト画像

YOYOW(ヨヨー)は、コンテンツ報酬型ネットワークです。

この記事が役に立ったから、記事を書いた人に『YOYOW』を与えよう!といった感じ。

なお、「YOYOW」はERC20トークンです。

 

公式サイトによると…

  • YOYOWとは「You Own Your Own Words(自分自身の言葉を所有する)」の略称であり、ブロックチェーンベースのネットワークです。
  • コンテンツ制作部門の参加者の貢献度を定量化し、「分散されたコンセンサス方式」で報酬を与えることを目指しています。
    • それは、コンテンツ・エコシステムのコンテンツ制作者・コンテンツ投資家・キュレーター・消費者に、適切なインセンティブとリターンを提供するためです。
  • YOYOWは、合理的なコンテンツ生成収入分配メカニズムと、コンテンツに対するユーザー評価に基づくバリューネットワークを確立するために設計されています。
  • あらゆるコンテンツ・プラットフォーム(ウェブサイトやアプリを含むが、これだけでない)が、YOYOWネットワークに基づく「コンテンツ指向のインセンティブプラットフォーム」を創る資格があります。
    • ここで言う、コンテンツ・プラットフォームとは、テキスト・ビデオ・画像・音声/Live放送などの形式で示されたテーマに限りません。
  • コンテンツ・エコシステムのコンテンツ制作者、コンテンツ投資家、キュレーターおよびビルダーは、「YOYOWのエコ環境」と「ユーザーによるコンテンツ評価」によって報酬を得られるでしょう。

 

 

YOYOWネットワークを使ったデモサイト

デモサイトはブログメディアのようです。

各記事に「yoyo」という単位で数字化されているのが、注目ポイントです。例えば、一番上の記事には、「約8万yoyo」が付与されています。

コンテンツの価値を測ることができ、『本当に良い記事』を書いた人が報酬を得られるのは理想的ですね。

『YOYOW(ヨヨー)』の価格

価格推移チャート

2017年9月、1YOYO=0.02ドル付近まで下がりました。(日本円で2円くらい)

2017年12月に、1YOYO=0.5ドル付近まで上昇しています。最大で『25倍』の増加でした。

価格変動が大きいですが、最近は0.26ドル付近が底値なんですかね!

 

現在の価格

最新の価格は、以下の通りです。

『YOYOW(ヨヨー)』の将来性を考える

将来を推測してみる

ホワイトペーパーによると、7つの面で攻めていくみたいです。

現在のあらゆるコンテンツ・プラットフォームに、コンテンツ報酬サービス「YOYOW」を浸透させていくイメージだと思います。

  1. ソーシャルメディアプラットフォーム
  2. ブログ、事典やフォーラムのプラットフォーム
  3. 質問系プラットフォーム
  4. 広告収入中心のWebサイト
  5. ビデオ/ライブのブロードキャスト配信プラットフォーム
  6. コンテンツ集約型プラットフォーム
  7. 証人と著作権保護サービス

 

記事自体に「価値指標」を付与することで、その指標を見れば「この記事は、価値が高い!」と分かります。

情報が溢れている世の中にピッタリだと思います。

でも、Googleのおかげで、『検索』すれば欲しい記事が見つかるのも事実。

YOYOWとGoogleは「情報へのアクセス」という点で競い合っていくことになるのか、気になるところです。

※今の段階では、情報が少なすぎます。上記は勝手な推測に過ぎないです。

 

類似コインと比較してみる

先駆者である「STEEM」は、もともと20~30円だったのが、上がっていますね。

 

 

運営サイトは、以下のような感じです。

 

YOYOWは、中国市場を攻めていく模様です。

YOYOWが正式版をリリースし、中国市場に浸透していけば、まだまだ価値は上昇していくでしょうね!

僕はYOYOW(ヨヨー)を買うか?

  • YOYOWは、中国発のコンテンツ報酬型ネットワークです。良い記事を書いた人に『YOYOW(仮想通貨)』を与えようといった感じ。
  • 中国市場で成功をおさめれば、価格高騰の可能性もあります。
  • もともと「お試し買い」していましたが、アップデートが全然無いように見えるため投資対象から外しました。【2018/4/15追記】
    • β版でも良いので、早めにサービスをリリースしてほしいものですね。
    • STEEM(スチーム)」の設計に賛同できなかったです。YOYOWのトークン設計を確認しておきたい。

 

>>おすすめ銘柄ランキング(TOP10)を見る

おすすめの取引所・買い方

海外取引所「Binance(バイナンス)」で購入することを推奨します。簡単売買・手数料激安・取り扱い銘柄が豊富で、文句無し!
>>Binance取り扱い銘柄一覧を見る

 

費用を安く済ませる買い方は、以下の通り。

  1. 国内取引所「Zaif」へ日本円を入金し、イーサリアムかビットコインを購入する。
  2. 国内取引所「Zaif」から、海外取引所「Binance」へ送金する。
  3. 海外取引所「Binance」で、お目当てのコインを購入する。

 

>>Zaifで口座開設する

>>Binanceで口座開設する詳しい手順

国内取引所は取引手数料が安い「Zaif」を推奨します!

ビットコイン=マイナス0.05%
イーサリアム=無料

 

▼この記事を読んだ方へのオススメ記事3選▼

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

▼登録して後悔しない取引所まとめ▼

◆Zaif(ザイフ) ☚イチオシ
ビットコインやイーサリアムを買うなら、激安手数料のZaifで買うべき!毎日コツコツ買い付けてくれるコイン積立もオススメ。

◆ビットバンク
手数料無料キャンペーン中!リップルやライトコインを購入するならココ!

◆バイナンス
世界最大級の取引所であり、取り扱いコインは100種近く。手数料が安すぎる0.05%!
>>登録方法を見る