30代会社員のリアルな投資成績公開中

【個別株 vs ETF】PG(プロクター&ギャンブル)を投資対象外へ!VYMで良いと判断

VYM vs PG

株式投資は資産形成のためであり、趣味でやっている訳ではありません。

…と言いながら、個別株投資は惹きつけられる何かがあり、ついつい手を出してしまいます。

 

しかし、そんな個別株の魅惑を断ち切れるように、個別株保有基準を考えました。

その基準と照らし合わせながら、私が保有している個別株を保有し続けるか?それともETFにスイッチングするか?判断していくのです。

当記事で分かること

楽々生活式!個別株保有基準のおさらい

VYMに勝る個別株を見つけるために、3つの基準を定めました。

シーゲル風の考え方を持っている私は、以下の通り、ディフェンシブな高配当株を保有したいと考えています。

個別株保有基準

下記3つの基準のうち2つを満たせば、個別株を投資対象とする
※VYMのデータを取得可能な2007年から比較する。複数回の金融危機も含まれている期間であり、有用性は高いと判断。

  1. 高配当
    • 該当期間において、VYMより利回りが高い
  2. 高増配
    • VYMより増配率が高い
    • VYMより増配年数が長い
  3. 高ディフェンシブ
    • リーマンショック・コロナショック時に、VYMより下落率が低い
保有中の個別株はETFより魅力的なのか?【ETFより魅力的?】VYMをベンチマークにして個別株を保有判断

では早速、PGが3つの基準のうち、いくつ満たすか調べていきます。

個別株保有基準①PGはVYMより高配当?

VYMとPGにおける、2007年からの配当利回り推移を見てみます。

VYMとPGにおける、2007年からの配当利回り推移

VYMPGVYM−PG
20072.7%1.9%0.8%
20084.3%2.5%1.8%
20093.1%2.8%0.2%
20102.6%2.9%-0.3%
20112.9%3.1%-0.2%
20123.2%3.3%0.0%
20132.8%2.9%-0.1%
20142.8%2.8%0.0%
20153.2%3.3%-0.1%
20162.9%3.2%-0.3%
20172.8%3.0%-0.2%
20183.4%3.1%0.3%
20193.0%2.4%0.7%
20203.2%2.2%0.9%
平均3.1%2.8%0.3%

かなりPGとVYMの利回りは均衡していますが、配当利回り勝負はVYMの勝ちと言えるでしょう。

個別株保有基準②PGはVYMより高増配?

増配に関しては以下2つの観点で比較していきますが、PGは2つクリアしていました。

  • VYMより増配率が高いか?
  • VYMより増配年数が長いか?

それぞれ詳しく見てみます。

VYMより増配率が高いか?

VYM・PG比較:増配率

VYMPGVYM−PG
20086.3%14.0%-7.6%
2009-19.1%11.0%-30.0%
2010-6.6%9.7%-16.2%
201121.6%9.1%12.6%
201220.0%7.5%12.6%
20139.8%7.1%2.7%
20149.1%7.0%2.1%
201512.6%3.9%8.7%
20162.7%1.5%1.1%
20178.8%2.5%6.3%
201810.3%3.7%6.6%
20197.3%4.0%3.3%
20202.3%5.5%-3.3%
平均6.6%6.6%-0.1%

2009年・2010年を除いてVYMの方が増配率が高いですが、PGは安定的です。

そのため増配率の平均は、誤差レベルでPGが上でした。今回は厳しめに見て、結果は引き分けとします。

厳しく評価しないと、何でもかんでも個別株へ投資してしまいますからね。

VYMより増配年数が長いか?

2020年末時点で、VYMの増配年数が10年なのに対して、PGが64年です。

増配年数はPGは圧巻の勝利です!私の人生の2倍近く増配しているなんて、さすがの配当王です。

個別株保有基準③PGはVYMより高ディフェンシブ?

さいごにディフェンシブさを比較します。金融危機が起きても、狼狽売りしないのが狙いです。

VYM・PG比較:リターン比較

PGの方が高ディフェンシブっぽいですが、リーマンショック・コロナショック時のチャートを見て確認していきましょう。

リーマンショック時のチャート

VYM・PG比較:リーマンショック時のチャート

 VYMPG
ピーク値55.6ドル74.3ドル
ボトム値23.1ドル45.6ドル
下落率−58.5%−38.6%

リーマンショックにおいては、PGの方が暴落に強かったです。

コロナショック時のチャート

VYM・PG比較:コロナショック時のチャート

 VYMPG
ピーク値94.8ドル127.1ドル
ボトム値61.0ドル97.7ドル
下落率−35.7%−23.2%

コロナショックにおいても、PGの方が暴落に強かったです。

まとめ:PGを投資対象外へ

PGとVYMとの比較が全て完了しました。まとめると以下表の通りです。

基準比較項目結果
①高配当VYMより利回りが高いNo
②高増配VYMより増配率が高いNo
VYMより増配年数が長いYes
③高ディフェンシブリーマンショック時に、VYMより下落率が低いYes
コロナショック時に、VYMより下落率が低いYes

3つの基準のうち、1つ(③高ディフェンシブ)のみ満たしているPGは投資対象外にします。

とても辛いですが、仕方がありません。近々、PGをVYMにスイッチングします。

 

以上です。関連記事も合わせてどうぞ。

米国株ポートフォリオを全て公開しています。年々と配当が増えています。

株主優待・配当の実績まとめ【最新】優待・配当金成績をブログ公開!高配当米国株とETFに分散投資中