【ウェルスナビ運用実績】はじめて1か月で、いきなり損失発生(2018年6月)

ウェルスナビ1か月目
スポンサーリンク

ウェルスナビで運用開始して1か月が経過しますが、結果は「マイナス」でした。

ウェルスナビに興味がある方へ向けて、資産評価額の推移やポートフォリオを包み隠さず公開します。

参考:僕の運用プラン

  • 僕は初期に10万円、毎月1万円の積立にしました。
  • 運用プラン(リスク許容度)は、最大値「5」にしています。

ウェルスナビ運用実績(1か月経過)

ウェルスナビ実績推移|2018年6月

まだ始めたばかりですが、わずかにマイナスになっています。来月から積立が開始するので、長い目で見守りたいですね。

現在 1ヵ月前
合計投資額 100,000円
資産評価額 97,248円
損益 -2,752円

ポートフォリオ(資産内訳)

ウェルスナビのポートフォリオ|2018年6月

米国株・日欧株・新興国株・金は赤字であり、特に新興国株の損失幅が大きかったです。米国債券と不動産は少しだけ頑張っています。

各資産の配分比率
資産クラス 現在 1ヵ月前
米国株 34%
日欧株 33%
新興国株 14%
米国債券 5%
8%
不動産 5%
現金 2%

※リスク許容度を下げれば「株」の比率が下がるので、損失を抑えたい方はリスク許容度を下げましょう。

損失が出ている人ばかり

ツイッターを見ると、損失を出している仲間たちが沢山いました。

 

上記の通り、「マイナス収益になっている…」という報告が多いです。

それもそのはず。ウェルスナビが買い付けている米国株・日欧株・新興国株は「どれもマイナス」に転じています。

米国株(VTI)チャート|2018年6月27日

米国株(VTI)1か月チャート|2018年6月27日

日欧株(VEA)チャート|2018年6月27日

日欧株(VEA)1か月チャート|2018年6月27日

新興国株(VWO)チャート|2018年6月27日

新興国株(VWO)1か月チャート|2018年6月27日

まとめ:短期的な損失で一喜一憂しない

米国株(VTI)長期チャート|2018年6月27日

米国株(VTI)長期チャート|2018年6月27日

上画像は米国株(VTI)の長期チャートですが、景気が良い時もあれば悪い時もあります。

しかし長期で見れば、大きく成長しているのも事実。17年前の今頃(2001年7月)に買っていれば、資産を「3倍近く」まで増やせたことになります。

僕は、価格下落時に沢山買い付けてくれる「積立」をしながら、ウェルスナビを長期運用していこうと思います。

 

ウェルスナビの特徴・評判をまとめました。最新の運用実績も確認できます!

ウェルスナビは評判が良い?メリット・デメリット・運用実績を解説

2018.07.08

 

▼ウェルスナビ以外にも色々と運用中!積立運用実績を包み隠さず公開しています。

【資産運用実績をブログ公開】30代サラリーマンが毎月10万円以上を積立中

2018.11.10
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

仮想通貨取引所「Liquid」の激アツキャンペーン

QUOINEX
23,000円相当の仮想通貨を配布中。すぐに現金化するのも良し、値上がりを待つのも良し!