【ウェルスナビ】種類が沢山あるけど違いは?「長期割」を活かすなら本家がおすすめ

ウェルスナビには種類が沢山ある。何を選べばいいの?
スポンサーリンク

2018年6月現在、ウェルスナビは8種類のサービスがあります。選択肢が多いと、迷いますよね。

  1. WealthNavi
  2. WealthNavi for SBI証券
  3. WealthNavi for 住信SBIネット銀行
  4. WealthNavi for ソニー銀行
  5. WealthNavi for イオン銀行
  6. WealthNavi for 横浜銀行
  7. WealthNavi for JAL
  8. WealthNavi for ANA

 

僕は本家本元の「WealthNavi(ウェルスナビ)」を使うことにしましたが、そのように判断した理由を紹介します。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」には多くの種類がある

ウェルスナビは多くの会社と提携しており、8種類のサービスがあります。

サービス内容は一緒ですが、「最低投資額」や「長期割の適用有無」に違いがあります。各サービスの違いを表にまとめました。

2018年6月16日時点
サービスの種類 最低投資額 長期割
WealthNavi(本家本元) 10万円
WealthNavi for SBI証券 30万円
WealthNavi for 住信SBIネット銀行 30万円
WealthNavi for ソニー銀行 30万円
WealthNavi for イオン銀行 10万円
WealthNavi for 横浜銀行 10万円
WealthNavi for JAL 30万円
WealthNavi for ANA 10万円

 

10万円から始められ、長期割が適用されるのは、本家ウェルスナビだけです。

JALやANAはマイルが貯まるメリットもありますが、僕は本家のウェルスナビにしました。

そもそもウェルスナビの「長期割」とは?

ウェルスナビの長期割

本家のウェルスナビだけに適用される「長期割」は、運用金額に応じて手数料を最大0.90%まで割引されます。上画像のように年々手数料が減少するのです。

 

最初に10万円を入れ、毎月1万円を積立していた場合、10年後には「130万円」になります。支払う手数料は以下の通り。

  • 手数料1%の場合=毎年13,000円
  • 手数料0.9%の場合=毎年11,700円
長期割を使うことで、1年あたり1,300円もお得になります。

もっと月日が経過すると投資金額が増えていくので、より恩恵を受けられますね!

まとめ:「ウェルスナビ」に申し込めばOK

ウェルスナビのシミュレーション結果

僕は「子供の教育費」のためにウェルスナビをやっていますが、相場が悪かろうと続けていく予定です。

長く付き合っていくウェルスナビなので、手数料が割引される「長期割」は嬉しいですね。

 

▼ウェルスナビに関する記事一覧です。合わせてどうぞ。

ウェルスナビは評判が良い?メリット・デメリット・運用実績を解説

2018.07.08

【スマホで簡単】WealthNavi(ウェルスナビ)の登録/口座開設~入金・積立方法

2018.06.03

 

▼積立投資実績を公開中。色々な金融商品にチャレンジしています!

【資産運用実績をブログ公開】30代サラリーマンが毎月10万円以上を積立中

2018.11.10
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

仮想通貨取引所「Liquid」の激アツキャンペーン

QUOINEX
23,000円相当の仮想通貨を配布中。すぐに現金化するのも良し、値上がりを待つのも良し!