「バルミューダ」のトースターで焼いたチーズトーストが至福すぎる【口コミ】

バルミューダトースタ―でチーズトーストを焼いてみた
スポンサーリンク

「バルミューダ トースター」が自宅に届いてから、毎日チーズトーストを食べているE太です。

トースターなのに2万円以上しますが、本気で買ってよかったと思います。(即決して良いレベル)

本記事では「バルミューダ トースター」の素晴らしさを紹介します。

「バルミューダ」のトースターを購入した理由

引用:バルミューダ公式サイト

引用:バルミューダ公式サイト

先日里帰りした時に、前々から気になっていた「バルミューダ トースター」が置いてありました。

早速、トースターを使わせてもらうことに。

外がカリっと、中がもっちりフワッとしているね!
そうだね!チーズがしっかり溶けてるよ!

 

購入した理由は、毎朝、美味しいパンを食べれたら幸せだろうと感じたからです。

少し値段が張るものの、Amazonでポチっと注文しました。

早速、バルミューダでチーズトーストを焼いてみた

パンに具材を乗っける。

僕が大好きな「明太子マヨネーズ」をパンに塗り、「チーズ」「パセリ」を振りかけました。

バルミューダトースターに水を少しだけ注ぎます。(上画像の緑矢印

BALMUDA The Toasterで調理をする時は、給水口に5ccの水を入れてください。

運転が始まるとスチームが庫内に充満し、パンの表面は薄い水分の膜で覆われます。

水分は気体よりもはるかに速く加熱されるため、パンの表面だけが軽く焼けた状態になり、パンの中の水分やバターなどの油脂成分、香りをしっかり閉じ込めたまま、本格的なヒーター制御で焼き上げを開始します。

※引用:バルミューダ公式サイト

 

バルミューダトースターのメニュー

バルミューダトースターには5つのモードがあります。今回は「チーズトースト」モードを選択。

<5つのモード>

  1. トースト(こんがり)
  2. チーズトースト(上火強め)
  3. フランスパン(焦げ目をつけない)
  4. クロワッサン(表面サクッと)
  5. クラシック(スチーム調理しないで温度調整:170/200/230℃)

 

それでは焼いていきます。(今回は、5分間)

蒸気が出てきた

しばらくすると、蒸気が出てきます。

 

仕上げに、チーズが焼かれていきます。

 

チーズトースト完成

出来上がりました。蓋を開けると、香ばしい匂いに包まれます。

 

チーズトーストの中がフワフワ

パン表面はサクサク、チーズ部分はとろーり、パンの中はモチっとしています。

また、チーズの下にある明太子マヨネーズも温かく、全体のバランスが整っています。

 

電子レンジのオーブントースター機能でパンを焼いていましたが、全然ちがいますね。

バルミューダトースターの良い所(電子レンジと比較)
  • 両面を焼くために、ひっくり返す必要が無い
  • 高級ホテルで食べるような食感(外がカリっと、中がフワッとモッチリ)
  • しっかりチーズが溶けるし、わずかに焼き目がつく
  • チーズの下にあるハムやベーコンも温かい

バタートーストも美味しい。他にも出来るレシピは沢山ある

バルミューダトースターでバタートーストを焼いた

バタートーストも美味でした。

 

パンを焼くだけでなく、「焼きおにぎり」や「焼き餅」「アヒージョ」「ローストビーフ」も作れちゃいます。

その他に何が出来るか気になる方は「バルミューダ トースターで作れるレシピ」をどうぞ。

バルミューダトースターの口コミ・評判まとめ

Amazonや、ツイッターでの口コミを見てみましたが、悪い評判は全然なかったです。感動している人ばかり。

購入のハードルは「値段」だけでしょうね。

 

Amazonでの口コミ・評判

いつもの食パンがしっとりサクサクに焼けます。
パン好きな妻はご機嫌です。
価格は高いですが、毎日使うものと思えば損はないと思います。

うたい文句『外はパリッと中はフンワリ』以上にトーストが美味しく焼けます。

とても良くトーストが美味しく焼き上がりよかったです。贈り物にも良い商品だと思います。

 

ツイッターでの口コミ・評判

まとめ:バルミューダ トースターで「感動のパン」を食べよう

バルミューダトースターの値段は高めですが、「美味しさ」と「使用頻度」を考えると購入して後悔しないアイテム!

普段食べるパンに感動を求めたい人は、バルミューダトースターを使ってみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

3,000円相当のビットコインをもらえます

BITPOINT
売買・送金手数料が0円なので、お得に仮想通貨を始められます!