【株主優待・配当実績をブログ公開】30代サラリーマンの不労所得生活

株主優待・配当の実績まとめ
スポンサーリンク

【2018/12/4更新】

積立投資を主軸にしつつ、株主優待・配当狙いの個別株も投資しているE太(妻子持ちで30代前半のサラリーマン)です。

本記事では株主優待や配当の受け取り実績、投資損益を赤裸々に公開します。皆さまの株主優待・配当生活の役に立てば幸いです。

さっそく株主優待・配当結果を公開

株主優待・配当結果まとめ

2017年10月から約50万円を投資し、1年で2万円近く回収できています。

株主優待・配当結果(単位:円)
銘柄 開始年月 元本 優待・配当額
シダックス 2017/10 44,200 4,057
クックパッド 2017/10 75,300 2,450
双日 2017/10 34,100 479
東急不動産 2017/10 72,900 599
楽天 2017/10 126,300 3,160
ヴィレッジヴァンガード 2017/11 115,000 11,116
PFF(海外ETF) 2017/10 61,888 1,121
CWB(海外ETF) 2017/10 29,078 999
VT(海外ETF) 2018/11 39,412 0
VTI(海外ETF) 2018/12 0 0
合計 598,178 23,981

※海外ETFは米ドルで配当を貰っています。上記は日本円換算しています。

 

株主優待・配当を利回り換算すると4%程度。1,000万円を投資していれば毎年40万円、1億円で毎年400万円になります。

汗水流して働かなくても、1億円あれば配当だけで生活できるのです。テレビでお馴染みの桐谷さんが好例ですね。

株主優待・配当の受け取り金額推移

受け取り金額の推移

株主優待・配当の受け取り実績を、時系列で整理していきます。

受け取り金額推移(単位:円)
年月 株主優待 配当 累計
2017/11~
2018/10
+17,312 +6,554 23,866
2018/11 +0 +115 23,981

※今後は毎月発表していきます。

まずは毎月1万円の不労所得を目指して、給料やブログ収益を積極的に投資していく予定です。

株主優待・配当生活の始め方~口座開設しよう~

まずは証券口座を開設し、株主優待・配当を貰える株を買うだけで、株主優待・配当生活をエンジョイできます。

証券口座を持っていない人は、楽天証券あたりで口座開設しておきましょう。

 

SBI証券やマネックス証券など、どのネット証券も手数料は安いです。(価格競争が激しい)

楽天証券の場合、手数料の安さだけでなく、以下のようなメリットもあります。

楽天証券のメリットは盛り沢山

さいごに:第一歩を踏み出さなければ始まらない

タンス預金していても何も貰えない

タンス預金していても、お金は増えません。銀行に預けていても、微々たる利息しか貰えません。お金を眠らせていては勿体ないです。

もちろん投資は元本割れリスクがあります。しかし売却せずに保有し続ければ、株主優待・配当を貰えるわけです。

株主優待・配当生活に憧れている方は、少額から始めてみると良いでしょう。第一歩を踏み出さなければ、何も貰えません。

 

関連記事:合わせて読みたい

  1. 国内銘柄の優待・配当情報
  2. 海外ETFの配当情報
  3. その他おすすめ記事
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

3,000円相当のビットコインをもらえます

BITPOINT
売買・送金手数料が0円なので、お得に仮想通貨を始められます!