運営者プロフィール

「僕」に関する記事を書いてみました。少しでも興味を持っていただけましたら幸いです。

簡単に生い立ちを紹介

鹿児島で生まれて横浜に住んでいる、30代の男です。

(華が全くないですが、ご容赦ください)

 

幼稚園時代

記憶にございません。両親曰く、「人見知りが激しく、内向的な性格だった」ようです。

しかし、幼稚園の先生に告白していた模様。見事、初の告白は撃沈という…。

 

小・中学生時代

公立に通いました。まわりは不良だらけです。「不良だと、モテる」のが私の田舎の常識でした。

そんな中、皆がやりたがらないクラスの学級委員など、多くの雑用をいつも押し付けられていました。

 

毎年、学級委員!

今振り返ると、「イジメだったかもしれない…」と思います。超マイペースだったので、気づいていなかったですが。

おかげで仕事力に活きていると思います。(そう思いたい…)

 

高校生時代

夢中になったもの

高校生になって夢中になったのは、バイトと麻雀。バイト代を軍資金にして、麻雀していました。

愛読書は、かの有名な阿佐田 哲也さん著「Aクラス麻雀」です。同年代で読んでいる人を見たことないですが、良書です。

 

受験勉強

高校2年の終わり頃、初めて東京へ進出。夜の歌舞伎町で迷子になり、怖かったのを今でも覚えています。

ネオンの光が忘れられず、東京にある大学に行きたいと思い、必死で受験勉強するようになりました。

麻雀で稼いだお金を「河合塾(予備校)」に全て投資しました。自分で稼いだお金だから必死で元を取り返そうとしたこともあり、偏差値55から70にアップ!

進学校ではない高校にいたこともあり、全校生徒の中でトップに。鼻が天狗になりました。

 

大学生時代

慶應大学に入学し、東京ライフを満喫しました。

田舎から出てくると、遊んじゃいますよね(奨学金を借りている身分なのに…)。

テスト前に一夜漬けで勉強するような、その場しのぎの生活を過ごしました。

 

社会人①(某日系企業時代)

社会人になってから、毎日のように「死〇よ、お前!」や「バ〇か、ク〇。」等という罵声を浴びました。

とても辛かった…。

でも、おかげで、「天狗の鼻」が折れました。それ以降は、物事がスムーズに進むようになったのです。

 

仕事が楽しい、楽しくて仕方がない。

  • もっと仕事に本気を出したい!
  • 日系企業の終身雇用に守られているのではなく、自分でキャリアを築いていきたい!

と考えるようになり、転職を決意。

 

社会人②(外資コンサル時代)

家に帰れない

外資コンサルで、馬車馬のように働く日々。朝11時出社、朝5時帰り。もちろん土日も。

難易度が高く業務量も多いということもありますが、パソコン操作にめちゃめちゃ時間をかけてしまっていたのです。

コツを掴まないと、一向に早く帰れないんですよね。

「若手も早く帰れるスキルを身につけてほしい」想いから、社内でボランティア講師をしていました。

 

妻との出会い

2014年、合コンで妻に出会う。ピンときた僕は、草食系でありながらも猛アプローチ。

そして、1年後に結婚!(…してよかったと思っています)

 

第一子の誕生

2017年、第一子が誕生。立ち合い出産にチャレンジしたのですが、なんとも壮絶。僕は出産できる自信が無いです。

【立ち合い出産:夫の感想】僕は無能、妻と胎児は36時間も頑張っている

2017.11.13

 

また、半年間の育休を取得しています。育休は、辛いですが、楽しいです。

【男性育休】外資コンサルで働く僕が育児休暇を取得した理由と心配事

2017.11.09

ブログをはじめた理由

ブログをはじめたのは、2つの理由があります。

①趣味がなかった

家に帰った瞬間、ゲーム。土日は昼まで寝て、起きたらゲーム。趣味というわけではありませんでしたが、癖になっていたんだと思います。

趣味が欲しい。趣味のついでに、小銭を稼げたら嬉しい。

 

②有益な情報を発信したい

自分の生い立ち・強みを生かして、世の中にメリットのある情報を届けたい。

また、せっかくであれば、生き様を文字に残しておきたく、ブログをはじめようと思いました。

ブログ実績

2017年10月からブログをはじめ、4か月で10万PVを達成することができました。

また、書籍の取材なども受けるようになり、近々出版予定です。

 

お仕事のご依頼等ございましたら、問い合わせフォームからお願いいたします。

※申し訳ございませんが、本業との兼ね合いから、お受けできない可能性もございます。

どうぞ、よろしくお願いします!

いつでもブログに遊びに来てください!

Twitterでは、ブログ更新情報を中心に、地味に役立つことをつぶやいています。宜しければフォローお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今後とも宜しくお願いいたします。