「CoinGecko」の2018年Q1レポ―トメモ|暴落時に強かった銘柄とICO成功銘柄は?

CoinGecko2018年Q1レポート
スポンサーリンク

仮想通貨のランキングチャートを提供する「CoinGecko」の2018年Q1レポートが発行されました。このレポートを読んで面白いと感じた事をメモしておきます。

>>レポートをダウンロードする

2018年Q1に起きたイベントを振り返る

CoinGecko 2018年Q1レポート P11

CoinGecko 2018年Q1レポート P11

  • コインチェックのハッキング被害
  • FacebookやGoogleの仮想通貨(ICO)広告の禁止
  • クレジットカードでの仮想通貨購入の禁止 など

投資家にとってはマイナス情報が多く、価格下落が相次ぎました。

2017年度全体で見れば価格は高騰していた

CoinGecko 2018年Q1レポート P7

CoinGecko 2018年Q1レポート P7

2018年1月前半まで仮想通貨の価格は高騰しました。特にリップルの値動きには目を離せませんでしたね。

リップル以外にも、多くの銘柄が高騰したのが2017年度。1,000%成長を見せた銘柄をまとめてみました。

1,000%以上高騰したトップ30銘柄
銘柄名 シンボル 価格高騰率
リップル XRP 2,156%
ライトコイン LTC 1,571%
ステラ XLM 7,113%
ネオ NEO 24,644%
トロン TRX 1,643%
ネム XEM 1,133%
バイナンスコイン BNB 9,654%
オミセゴー OMG 2,046%
リスク LSK 2,325%
ナノ NANO 15,921%
ヴァージ XVG 83,269%
ディジックス ダオ DGD 1,232%

2018年Q1は厳しい相場だった

CoinGecko 2018年Q1レポート P6

CoinGecko 2018年Q1レポート P6

2018年Q1におけるトップ5銘柄はどれも「マイナス成長」でした。

粘り強くプラス成長を維持していたイーサリアムも、最終的には「-50%」近くまで下落しています。

 

トップ30の銘柄を見ると、プラス成長だったのは4銘柄だけ。今振り返ると、本当に厳しい相場でしたね。

プラス成長だったトップ30銘柄
銘柄名 シンボル リターン
バイナンスコイン BNB 18%
オントロジー ONT 76%
バイトム BTM 41%
ディジックス ダオ DGD 51%

ICO資金調達が成功した銘柄の傾向

CoinGecko 2018年Q1レポート P17

CoinGecko 2018年Q1レポート P17

バンキング銘柄「バンクエラ」が、断トツで資金を調達できたようです。

 

CoinGecko 2018年Q1レポート P18

CoinGecko 2018年Q1レポート P18

上画像はインダストリごとのICO数(左側)/実際に資金調達できた額(右側)です。

「ICO数が多ければ、資金調達額が多くなる」という訳では無さそうです。以下を参照。

インダストリ ICO数 資金調達額
ビジネスサービス 1位 3位
プラットフォーム 2位 1位
エンタメ 3位 6位
投資 4位 4位
バンキング 5位 2位

 

ICO数の割に資金調達額が多い「プラットフォーム銘柄」「バンキング銘柄」は、世界的に注目度が高いのでしょう。

ブロックチェーンを活かしたビジネス展開には「プラットフォーム」が必要。そして「バンキング銘柄」はブロックチェーンとの相性が抜群に良いので納得です。

 

逆に「エンタメ銘柄」はICO数が多い割に、資金調達は苦戦しているように見えます。エンタメ系は「別にブロックチェーンを使わなくて良いのでは?」と感じる銘柄が多い印象。

さいごに:2018年もプラットフォーム銘柄に注目したい

  • 時価総額トップ30銘柄だけでなく、ICOが成功している銘柄は「プラットフォーム銘柄」「バンキング銘柄」が多いです。
  • 2018年も、僕は「プラットフォーム銘柄」に積極投資していきます。
  • 「プラットフォーム銘柄」「バンキング銘柄」は成功時のリターンは大きいでしょうが、競合が多いのも事実。今後も丹念に銘柄調査していきます。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

3,000円相当のビットコインをもらえます

BITPOINT
売買・送金手数料が0円なので、お得に仮想通貨を始められます!