【資産運用実績をブログ公開】30代サラリーマンが毎月20万円を積立中

資産運用実績まとめ
スポンサーリンク

【毎月更新】
将来の生活に不安を覚え、積極的に資産運用しているたーすけ(妻子持ちで30代前半のサラリーマン)です。

  • 子どもの養育費・教育費を貯めておかないと…
  • 年金だけで老後は大丈夫なのか?年金をそれなりに貰えたとしても、旅行する余裕が無いのは寂しい…

 

積立を中心に行っている私の運用実績をブログで大公開します。この生々しい情報が、皆さまのお役に立つことを願っております。

さっそくブログ公開!30代会社員の資産運用実績

毎月20万円を積立中

私は毎月20万円を使って、個別株・ETF・投資信託・クラウドファンディング・仮想通貨など手広く積立しています。

金融資産別の積立額・配分
種類 積立額 積立配分
従業員持株会 23,000円 11.1%
株主優待・配当投資 110,000円 52.9%
投資信託[自分用] 50,000円 24.0%
投資信託[子供用] 20,000円 9.6%
仮想通貨 5,000円 2.4%
合計 208,000円 100.0%

※上記以外にも確定拠出年金や終身保険に加入しています。いざという時に備えて預金もしています。

 

儲かっているの?現在の含み損益

現在保有している金融資産の含み損益は、以下の通り。

資産運用実績(単位:円)
種類 元本 評価額 含み損益
従業員持株会 3,697,621 6,461,799 +3,341,173
(+54.8%)
株主優待・配当投資 4,213,673 4,276,398 +62,725
(+1.5%)
投資信託[自分用] 684,000 657,471 -26,529
(-3.9%)
投資信託[子供用] 520,000 564,599 +44,599
(+8.6%)
クラウドファンディング 30,000 32,391
[見込]
+2,391
(8.0%)
仮想通貨
166,284 267,975 +101,691
(+61.2%)
合計 9,311,578 12,837,627 +3,526,050
(+37.9%)

7年以上積立している従業員持株会のおかげでプラスを維持できています。

 

これまでの確定損益

2019/2020年は赤字続きの塩漬け銘柄を処分しています。

  • 2015年:+144,849円
  • 2017年:+35,529円
  • 2018年:+215,214円
  • 2019年:−9,163円
  • 2020年:−76,383円

実践中の資産運用をそれぞれ紹介

皆さまが自分に合った資産運用が見つけられるよう、私が実践している資産運用各々の特徴を紹介していきます。

従業員持株会

従業員持株会(勤め先の株式)

従業員持株会は通常よりお得に買えることが多いため、会社の将来に期待しているなら良い買い物になります。

ただし勤め先の株式に依存し過ぎると、会社の業績が傾いた時に大変です。仮に倒産した場合、株券はただの紙切れになりますし、就職先を探す必要があります。

よって他の金融資産もポートフォリオに組み込み、リスク分散した方が良いです。
※私の勤務先は公開していません。よって運用履歴を非公開にしています。

 

株主優待・配当投資

株主優待・配当投資(高配当個別株・ETF)

株主優待・配当生活を目指し、日本株・米国株をコツコツと買付しています。

1年目は約50万円を投資し、2万円近く回収できました。利回り換算すると年率4%ほど。しかし投資可能な銘柄が多いので、それなりに勉強が必要です。

 

投資信託[自分用]

投資信託[自分用]

私の投資デビューは投資信託でした。投資信託は100円から購入可能であり、NISA(少額投資非課税制度)を利用できるのが魅力的。

楽天証券であれば楽天ポイントを使って投資信託を購入できて、実質0円で投資可能!

 

投資信託[子供用]

投資信託[子供用]

子供向け資産運用としてロボアド(楽ラップウェルスナビ)をやっていましたが、ロボアドの手数料が割高に感じるように…。

そしてジュニアNISAに魅力を感じたことから、投資信託に切り替えています。手間をかけないポートフォリオ・運用ルールがモットーです!

 

クラウドファンディング

クラウドファンディング

利回りと運用期間があらかじめ決まっているので、計画的な投資ができます。つまり定期預金のような感覚で資産運用できるのです。

利回りは定期預金の30~100倍以上であること。元本割れ経験が無いサービスも多いことから、旨味がある投資先だと感じています。実際に儲かって何より。

 

仮想通貨(ビットコイン積立)

仮想通貨(ビットコイン積立)

仮想通貨は価値が定まっておらず、価値は未知数です。私は毎月1万円を投資していますが、将来いくらになるのか楽しみです。

超ハイリスク・ハイリターンなので、生活に支障が出ない程度の資金を投じましょう。

資産運用の始め方~口座開設しよう~

種類 始め方
従業員持株会 お勤めの会社による
株主優待・配当投資 楽天証券の口座開設
※優待券をもらえる株式など、投資の選択肢が広がる。
楽天ポイントを使って投資できる。
投資信託[自分用]
投資信託[子供用]
クラウドファンディング Fundsの口座開設
仮想通貨 仮想通貨取引所の口座開設

 

 

  • 株より低リスクで、コツコツと利息を稼げる新しい資産運用Fundsが超人気です!

 

Tポイント&小銭投資(ネオモバ)もオススメ

Tポイント&小銭投資(ネオモバ)

ネオモバでは1株単位で株を売買できるため、少額投資が可能です。なんと500円以下で「みずほ銀行」や「ヤフー」などの超有名企業の株を買えます!

Tポイントカードを使えるため、損せずに資産運用を始められます。
※月額200円(税抜)かかりますが、200円分のTポイントをもらえるので、実質タダで利用できます。

番外編:資産運用するお金が無いなら節約すべき

収入を増やす?節約する?

資産運用したいけどお金が無い…

転職して「収入アップ」を狙うのも良いですがハードルが高いです。仮に収入アップしても、多くの税金を支払うことになります。

なので私は「節約」して浮いたお金を資産運用に回すことを推奨します。誰でも、すぐに始められますからね。

 

以下3つを実践するだけで、年間15万円の節約効果あり!これだけで毎月1万円以上を積立できます。

節約①:効果絶大!格安SIMに乗り換え

格安SIMに乗り換える

私は「ソフトバンク」から「DMMモバイル」の格安SIMに変更して、毎月7,000円程度の節約に成功しました。

SIMロック解除や解約手続きなど少しだけ手間がかかりますが、年間8万円近く節約できるのはメリット大です!

詳細記事:格安SIMに乗り換えた理由!手順も説明

 

節約②:電力会社・ガス会社の見直し

電力会社・ガス会社を見直す

電力自由化・ガス自由化が始まったことで、電力会社・ガス会社を自由に選べるようになりました。

お得な電力・ガス会社に見直すだけで、我が家は年間1万円近く節約できています。

詳細記事:電力会社・ガス会社のお得な組み合わせは?コストを徹底比較

 

節約③:地味だけど効果あり!小銭貯金

小銭貯金して、浪費を防ぐ

財布に小銭が入っていると財布自体が重たくなりますし、無駄な出費が多くなることに気づきました。

小銭貯金することで上記の悩みは解消できますし、毎年6万円くらい貯金できます。

詳細記事:長く続けられる小銭貯金のコツ

 

▼その他にも簡単に出来る節約術を紹介しています。合わせてどうぞ!

ズボラ節約術

【ズボラ節約術まとめ】疲れる&辛いことをしないで、年間40万円以上の節約効果あり

まとめ:将来の事は誰も分からない!だからリスクヘッジが重要

将来のことは誰も分からない。だからリスクヘッジしておきたい!

銀行にお金を預けていても利息は微々たるものですし、インフレが進むと現金の価値は目減りします。

投資は元本割れリスクがありますが、預金にもリスクがあるということ。うまくリスクヘッジしながら資産形成していきたいですね。

<預金と投資の違い>

  • 預金
    • 元本が保証されているが、インフレにより現金価値が目減りするリスクがある。
  • 投資
    • 元本が保証されないリスクを背負う分、リターンも大きい。

 

私が経験した資産運用

実践してみたからこそ分かるメリット・デメリットを書いています。合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!