【仮想通貨】「取引所」と「販売所」の違いは?使い分け方は?Zaifを例に説明

取引所を有効活用して、安く買おう!
スポンサーリンク

「取引所」を有効活用することで仮想通貨はオトクに買うことができます。しかし、多くの方は「販売所」を使っているのは事実。

この記事では、以下の事を説明していきます。

<本記事を読むことで得られる知識>

  1. 「取引所」と「販売所」の違い
  2. どのように「取引所」と「販売所」を使い分けるか
  3. 「取引所」の使い方

仮想通貨は「取引所」と「販売所」のどちらかで買える

画像説明:ZaifのWebサイト画面(簡単売買と取引のどちらかでコインを売買する)

上画像は仮想通貨取引所Zaifのサイト画面です。

  • 簡単売買とは、「販売所」で仮想通貨を売買すること。
  • 取引とは、「取引所」で仮想通貨を売買すること。

 

仮想通貨を売買するパターンは、2つあるのです。

<仮想通貨を売買できるパターン>

  1. 販売所
  2. 取引所

 

これから、「販売所」と「取引所」のことを説明していきます。

「販売所」とは?

画像説明:Zaifの販売所画面

上画像の通り、とても簡単に仮想通貨を売買できるのが「販売所」です。買いたい数量を指定して、ボタンをポチっと押せば、仮想通貨を購入できます。

※「コインチェックのスマホアプリ」で仮想通貨を購入している方は、「販売所」で購入していることになります。

 

もっと分かりやすく説明してみます。

イラスト説明:販売所とは?

「販売所」では、仮想通貨取引所から仮想通貨を買うことになります。

「販売所」のメリットは、何よりも簡単であること。そして、即座に売買できることです。

しかし、仮想通貨購入価格が高くなってしまうのがデメリットです。

「取引所」とは?

画像説明:Zaifの取引所画面

上画像の通り、複雑で難しそうに見えるが、安値で仮想通貨を買えるのが販売所」です。自分が買いたい「価格」と「数量」を指定します。

 

取引所のことを分かりやすく説明すると、以下の通り。

イラスト説明:取引所とは?

「取引所」では他の人から仮想通貨を買うことになります。

  • 買いたい人は、買いたい「価格」と「数量」を指定します。
  • 売りたい人は、売りたい「価格」と「数量」を指定います。

 

「取引所」のメリットは、お得に仮想通貨を売買できること。

しかし、取引が必ず成立なるわけではないのがデメリットです。

<取引成立の例>

  • 僕が「ビットコインを1BTC分を100万円で買いたい」と宣言しました。
  • 「1BTC100万円で売っても良いよ」という人が居たら、売買成立です。
<取引不成立の例>

  • 僕が「ビットコインを1BTC分を100万円で買いたい」と宣言しました。
  • 「1BTC100万円で売っても良いよ」という人がいなかったら、売買は不成立です。

「取引所」で買った方が安いって本当?

取引所と販売所の価格の違い

販売所と取引所の価格を比較してみます。同じタイミングです。

<販売所と取引所の価格差>

  • 販売所=約133万円
  • 取引所=約131万円

 

1ビットコインあたりの価格差は「2万円」でした。取引所で買う方がオトクです。ビットコインだけでなく、他の仮想通貨(イーサリアムやライトコイン)にも言えます。

「取引所」と「販売所」を使い分けよう

「取引所」の方が、断然オトクに仮想通貨を購入できます。なので、基本的には「取引所」で売買することを薦めます!

 

では、どんな時に「販売所」を使うのか?

すぐに売買したい時に「販売所」を使うのが良いです。

「取引所」は売買が成立するとは限らないです。売りたい人と買いたい人の間で、条件がマッチングしないと売買できないですよね。

仮想通貨取引所によって取扱い銘柄が異なる

有名な仮想通貨取引所3社(コインチェック・ビットフライヤ-・Zaif)も取り扱い銘柄が異なります。また手数料も異なるので整理してみました。

 

①コインチェック

コインチェック
販売所での取り扱い銘柄(手数料:無料)

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. ビットコインキャッシュ
  4. リップル
  5. ライトコイン
  6. ダッシュ
  7. ネム
  8. モネロ
  9. イーサリアムクラシック
  10. ファクトム
  11. リスク
  12. ジーキャッシュ
  13. オーガー
取引所での取り扱い銘柄(手数料:無料)

  1. ビットコイン

コインチェックは販売所・取引所ともに手数料無料です!しかし、「取引所」で扱っているのはビットコインのみであり、販売所ではスプレッドが大きいことで有名。

コインチェックは「アルトコインをお得に買えない」のが残念です。

 

②ビットフライヤー

販売所での取り扱い銘柄(手数料:無料)

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. ビットコインキャッシュ
  4. ライトコイン
  5. イーサリアムクラシック
  6. モナコイン
取引所での取り扱い銘柄(手数料:0.01~0.15%)

  1. ビットコイン

ビットフライヤーの取引所は、ビットコインのみ扱っています。そして、手数料がかかります。

アルトコインもビットコインも、お得に買えないのが残念です。

※ビットフライヤーの悪い所ばかり言いましたが、ビットフライヤーはビットコインがもらえますのが嬉しいところ!ネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答等をすればOK。

 

③Zaif(ザイフ)

販売所での取り扱い銘柄(手数料:無料)

  1. ビットコイン
  2. モナコイン
取引所での取り扱い銘柄(手数料:-0.05%~0.3%)

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. ビットコインキャッシュ
  4. ネム
  5. モナコイン
  6. その他、トークン複数

Zaifは、取引所で取り扱っているコインが豊富です。

ビットコインは「マイナス手数料」なので、Zaifから手数料をもらえます!

「取引所」のコインが豊富なので、ほとんどZaifを使っています!

「取引所」で仮想通貨を買う方法(例:Zaif)

ここではZaifの「取引所」を用いて、仮想通貨の買い方を説明します。

※コインチェック・ビットフライヤー・Zaifともに、「取引所での仮想通貨の買い方」は似たようなものです。

 

取引所には「板」がある

板

取引所には「板」がある

上画像の左側が「板」です。

「板」には、売りたい人と買いたい人の金額・数量が掲示されます。

  • 緑線で囲んだ部分は、売りたい人達が提示した金額・数量です。
  • 赤線で囲んだ部分は、買いたい人達が提示した金額・数量です。

 

「取引所」での取引方法

実際に取引してみる

「取引所」で実際にビットコインを買ってみる

4つのステップで購入可能です。慣れれば、簡単です!

  1. 注文方法か選ぶ(指値?成行?)
  2. 価格を指定する
    • ①で”成行”を選択したら入力不要です
  3. 数量を指定する
  4. [買い注文]を押す

 

補足:指値注文とは?

「指定した価格以下になれば買う」または「指定した価格以上になったら売る」という注文のこと。

補足:成行注文とは?

価格を指定せずに注文すること。成行で買いたい場合、 「板」に出ている最も低い価格の売り注文から順番に取引していくことになります。

まとめ:「取引所」を有効活用してオトクに仮想通貨を買う!

  • 少しでも安く買って、高く売りたいのであれば、「取引所」を利用しましょう。
  • そして、「取引所」によって仮想通貨の価格が異なります。Zaif(ザイフ)に登録しておいて後悔しないでしょう。

 

▼海外取引所Binanceも利用価値アリ!▼

Binance(バイナンス)は怪しい?メリット・デメリット・評判【まとめ】

2017.12.31
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

\CMで話題!スマートフォンで簡単取引/
DMMビットコイン

口座開設するだけで1,000円もらえるキャンペーン中です!6月30日締切です。この機会にどうぞ。