【エクセル】数値を指定した桁数で切り捨てるROUNDDOWN関数

Excel関数ROUNDDOWN
スポンサーリンク

「ROUNDDOWN関数って何?」「どのように使えばいいの?」といった疑問を、1分以内に解消できるように分かりやすく説明します。

ROUNDDOWN関数とは?

セル子
小数点の桁数を統一したい場合はどうすればいいんだろう?
エク先輩
じゃじゃーん、ぼくの出番だね!ROUND系の関数を使おう!
セル子
Round a number!!数値を丸めるということですね!数値を切り捨てて丸めたい場合は、ROUNDDOWN関数を使うんですね。

用途

数値を指定した桁で切り捨てる。

使用頻度

★★☆(2つ星)

(使用頻度の目安)
★★★:よく使う。手が勝手に動くレベルまで練習したほうがいい。
★★☆:まあまあ使う。知っておいて後悔しない。
★☆☆:あまり使わない。頑張って覚えなくてもいい。

入力方法

=ROUNDDOWN(,)

切り捨てる対象とする数値を指定します。
数値を切り捨てた結果の桁数を指定します。
※指定するイメージは以下の通り。
「②指定する桁数」について
ROUND系関数の桁数指定

  • 0 :小数点以下を切り捨て、整数にする
  • 1 :小数点第2位以下を切り捨て、小数点第1位までの数値にする
  • 2 :小数点第3位以下を切り捨て、小数点第2位までの数値にする
  • 3 :小数点第4位以下を切り捨て、小数点第3位までの数値にする
  • -1:1の位までを切り捨てた整数にする
  • -2:10の位までを切り捨てた整数にする
  • -3:100の位までを切り捨てた整数にする

ROUNDDOWN関数の使い方

エクセルROUNDDOWN関数1
  • B2セルに入力する関数は以下の通りです。
    =ROUNDDOWN(A2,1)
  • A2セルの「1.234」の小数点第2位を切り捨て、小数点第1位までの数値にします。その結果は「1.2」です。

 

補足:A3セルの「2000.72」をROUNDDOWNする

関数 結果
=ROUNDDOWN(A3,0) 2000
=ROUNDDOWN(A3,1) 2000.7
=ROUNDDOWN(A3,-1) 2000

あわせて知っておきたい関数

関数名 頻度 できること
ROUNDUP ★★☆ 数値を指定した桁で切り上げる。
ROUND ★☆☆ 数値を指定した桁で四捨五入する。
INT ★★☆ 小数点を切り捨てて整数にする。

>>【まとめ】仕事を早く終わらせるために、知っておくべきExcel関数

おさらい

セル子
ROUNDDOWN関数は、数値を指定した桁で切り下げる!

桁数の指定方法を覚えられないのですが、どうしましょう?

エク先輩
桁数の指定は覚えられなければ、ネットで調べればいいよ。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!