Excel(エクセル)は難しすぎ?知っておくべき関数を分かりやすく解説

1分でわかるExcel関数の授業
スポンサーリンク

「Excel(エクセル)が難しすぎて取っつきにくい」と感じている方は、沢山います。特に、関数に苦手意識を持っている方が多いです。

Excel関数のことをネットで調べていても、「結局、分からなかった」という経験をしたことがありませんか?

本サイトでは、Excel関数の使い方を「誰でも、1分でわかる」ことを目指し、画像をふんだんに使って徹底解説しています。

注意
エクセル関数を説明しているだけの本は、買う必要ありません!買わなくても十分なレベルまで、必要なことを分かりやすく書いています。

学習の前に

関数の使用頻度

業務で使用する頻度を、3つに分類しています。自分のレベルに応じて、学習できます。

使用頻度の目安)

★★★:よく使う。手が勝手に動くレベルまで練習したほうがいい

★★☆:まあまあ使う。知っておいて後悔しない

★☆☆:あまり使わない。頑張って覚えなくてもいい

※業務内容によって使用頻度が異なると思います。目安としてお考えください。

学習の仕方

  • Excelを100人以上に教えてきた筆者が、400以上ある関数の中から厳選し、関数一覧を作成しました。
    • 一覧に追加してほしい関数や、分かりにくい表現があれば、E太(@raku2life55)まで連絡ください!
  • わからない関数は、「詳細ページ」で学習していきましょう。
    • 関数名をクリックすれば、「詳細ページ」に飛びます。

関数一覧(★★★=よく使う)

手が勝手に動くレベルまで練習すべき、必須の関数です。

関数名 できること
IF 条件を満たす場合と、満たしていない場合に、返す値を指定する。
MAX 指定した範囲内の最大値を求める。
MIN 指定した範囲内の最小値を求める。
AVERAGE 指定した範囲内の平均を求める。
SUM 数値の合計を求める。
SUMIF 1つの条件に一致する数値の合計を求める。
COUNTA 指定した範囲に含まれる、空白ではないセルの個数を求める。
COUNTIF 1つの条件に一致するセルの個数を求める。
ROW 指定したセルの行番号を求める。
INDEX×MATCH 検索範囲内で指定した値で検索し、最初に見つかったセルのデータを取得する。(INDEX関数とMATCH関数を組み合わせて使う。VLOOKUP関数の代わりに覚えるべき!)
エク先輩
これらは本当に役立つ関数なんだ!

たった10個を覚えるだけで、Excel作業が劇的に楽になるよ。

関数一覧(★★☆=まあまあ使う)

知っておいて後悔しない関数です。

関数名 できること
AND 複数の条件が、全てTRUEかどうか調べる。
OR 複数の条件が、一つでもTRUEかどうかを調べる。
IFS 複数の条件を順に判定し、結果に応じた値を返す。
SUMIFS 複数の条件に一致する数値の合計を求める。
COUNT 指定した範囲に含まれる、数値が入力されているセルの個数を求める。
COUNTIFS 複数の条件に一致するセルの個数を求める。
LEFT 左側(先頭)から指定した文字数分の文字列を取り出す。
MID 指定した位置から指定した文字数分の文字列を取り出す。
RIGHT 右側(末尾)から指定した文字数分の文字列を取り出す。
FIND 指定した文字列を他の文字列の中で検索し、その検索文字列が最初に現れる位置を返す。
ROUNDUP 数値を指定した桁で切り上げる。
ROUNDDOWN 数値を指定した桁で切り捨てる。
INT 小数点を切り捨てて整数にする。
VLOOKUP 検索範囲の1行目で特定のデータを検索し、該当する行の指定列にあるデータを取得する。
CONCATENATE 複数の文字列を結合する。
セル子
余裕ができたら、覚えれば良いよね!

関数一覧(★☆☆=あまり使わない)

頑張って覚えなくてもいい関数です。必要になった時に、ネットで調べればOK。

関数名 できること
NOT 結果を反転させる。
ROUND 数値を指定した桁で四捨五入する。
INDEX 指定した行番号・列番号にあるデータを取得する。
MATCH 検索範囲内で指定した値で検索し、最初に見つかったセルの位置を数値で返す。
LOOKUP 検索範囲の1行目または1列目で特定のデータを検索し、該当する行の指定列にあるデータを取得する。
HLOOKUP 検索範囲の1列目で特定のデータを検索し、該当する列の指定行にあるデータを取得する。
RANK 指定した数値の順位を求める。同順位の場合、最上位の順位になる。
RAND 0以上で1を超えない数値をランダムで発生させる。
MOD 割り算の余りを求める。
SQRT 平方根を求める。
STDEV セル範囲に含まれる数値を標本として計算した標準偏差を求める。
STDEVP セル範囲に含まれる数値を母集団として計算した標準偏差を求める。

おまけ:本シリーズの登場人物を紹介

エク先輩セル子さんのやりとりを読みながら、関数を勉強できます。

エク先輩
はじめまして!エク先輩と言われています。

趣味・特技は、エクセル。世話好きな、中年サラリーマンです。

セル子
新入社員のセル子です!!

仕事でエクセルを使うようになったから、しぶしぶ頑張っています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!