【楽ラップ運用実績】22か月目は-6.4%!そろそろ解約予定(2019年5月)

楽ラップ1年10か月目
スポンサーリンク

楽ラップに興味がある方へ向けて、資産評価額の推移やポートフォリオを公開しています。運用開始して22か月(1年10か月)経過しました。

参考:僕の運用プラン

  • 運用コースは「かなり積極型-TVTあり」にしています。

楽ラップ運用実績(22か月経過)

楽ラップ資産評価額の推移(~2019年5月)

※2018年12月に減額しています。

楽ラップの積立結果(単位:円)
年月 元本 評価額 損益
2017/8
~2018/7
320,000 332,759 +12,759
(+4.0%)
2018/8 380,000 392,357 +12,357
(+3.3%)
2018/9 390,000 412,028 +22,028
(+5.6%)
2018/10 400,000 391,129 -8,871
(-2.2%)
2018/11 410,000 409,320 -680
(-0.2%)
2018/12 170,000 148,067 -21,933
(-12.9%)
2019/1 180,000 164,724 -15,276
(-8.5%)
2019/2 190,000 181,216 -8,784
(-4.6%)
2019/3 200,000 191,413 -8,587
(-4.3%)
2019/4 210,000 206,003 -3,997
(-1.9%)
2019/5 220,000 205,922 -14,078
(-6.4%)

投資来損益は−14,078円ですが、現在の評価損益が−2,729円となっています。

2018年12月時点に減額処理したことによる影響で、投資来損益が赤字になっています。

楽ラップのポートフォリオ(資産内訳)

楽ラップのポートフォリオ(1年10か月目)
各資産の配分比率
資産クラス 現在 1ヵ月前 前月比
国内株式 31.4% 32.3% -0.9%
外国株式 50.1% 48.0% +2.1%
国内債券 0.4% 0.5% -0.2%
外国債券 8.0% 6.2% +1.8%
REIT 7.0% 7.4% -0.4%
その他 0.0% 0.0% ±0.0%
現金等 3.1% 5.6% -2.5%

※リスクの低い運用コースにすれば「株」の比率が下がります。損失を抑えたい方はリスクを見直しましょう。

 

楽ラップ保有銘柄(1年10か月目)

全体的に値下がりしましたが、「先進国株式」「日本債券」「先進国債券」「国内リート」「先進国リート」だけがプラスを維持できている状態です。

さいごに:そろそろ解約予定

楽ラップの積立対象の投資信託を見ていると、自分でも簡単に買えるものばかり。100円から積立でき、売買手数料は0円です。

それだったら「自分でやった方がマシだ」という気持ちが強くなり、楽ラップのサービス手数料が割高に感じました。

 

というわけで来月に楽ラップを解約します。

元々は「子供の教育資金」のために始めたものなので、数週間前に開設した未成年口座で投資信託を買付していく予定です。

 

関連記事:合わせて読みたい

▼ウェルスナビの場合、購入ハードルが高めのETFで構成されています。売買手数料や為替手数料の負担が無いことを踏まえると、楽ラップよりサービス手数料は割安。

ウェルスナビの運用先は安心できる?

ウェルスナビの運用先は安心できる?7つの銘柄(米国ETF)を分かりやすく解説

 

▼楽ラップ以外にも色々と運用中!積立運用実績を包み隠さず公開しています。

積立投資結果を公開中

【資産運用実績をブログ公開】30代サラリーマンが毎月10万円以上を積立中

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

DMMビットコインなら無料で仮想通貨を始められる!

DMM Bitcoin
口座開設だけで現金1,000円もらえます。時給換算すると1万円を越える素敵なキャンペーンです。