ベビーベッドはレンタル?買う?メリット・デメリットを比較してみた

ベビーベッドは買うべき?借りるべき?
スポンサーリンク

ベビーベッドは、子どもが産まれる前に準備しておきたい一品。

知人から譲ってもらうのが一番コストがかかりませんが、我が家の場合は譲ってもらえる友人が居なかったため断念。

残された選択肢は、ベビーベッドを「買う」か「レンタル会社から借りる」ことでした。

やっぱり赤ちゃんには新品が良いかな?
レンタルの方が安いんじゃない?

ベビーベッドを買うメリット・デメリット

メリット
  1. レンタルの方が安いのは分かるが、赤ちゃんには新品を買ってあげたい。
  2. 選択肢が多いため、買い物の楽しみがある。
  3. 2人目、3人目…と出産を予定しているのであれば、使いまわしできる。

 

デメリット
  1. ベビーベッドは「すぐに使わなくなくなって、一緒に寝ることになる」という意見も多い。
  2. ベビーベッドは折り畳みできるにしても、十分にスペースをとる。
  3. 買った場合、使わなくなった時に処分しなければならない。

ベビーベッドをレンタルするメリット・デメリット

メリット
  1. 買うよりもレンタルした方が、安いと言われている。
  2. ベビーベッドを使わなくなったらレンタル会社へ返却すれば良いため、大きいベッドを家に置いておかなくて済む。

 

デメリット
  1. ベビーベッドの選択肢が限られ、本当に使いたいベビーベッドが見つからないかもしれない。
  2. 当然、誰か使った「中古」であるため、新品好きは好まない。

最終的には「コスト重視」で決めた

レンタルするにしても、いろいろなレンタル会社があります。

その中でも、一番お得だと思ったのが「ダスキンかしてネッと」でした。

買うとしたら、カトージでネット注文しようと思っていました。

コスト比較結果

レンタルする場合と買う場合のコストを比較したところ、レンタルの方が10,000円くらいオトクでした。

トータルコスト比較(金額:10円台を切り上げ)
金額 買う レンタル
①ベッドの金額 21,400円 8,200円
②送料 無料 3,800円
③処分費用 500円 無料
合計金額(①+②+③) 21,900円 12,000円

 

補足

  • レンタルの場合は、お住まいの地域によっては送料が高くつくことがあります。
    • 見積もりをお願いしないと『送料』が確定しないので、まずは見積りしてみることをオススメします。
  • 買う場合は処分費用がかかります。
    • 地方自治体の粗大ごみ回収サービスで500円くらいでした。

レンタルベビーベッドが届いたので様子を紹介

レンタルベビーベッドが届いた

6か月間、「ダスキンかしてネッと 立ちベッド・ベーシック」を借りることにしました。

「レンタルだし、汚いと嫌だな」と思っていましたが、相当キレイでした。

そして、とても使いやすいので満足です!

自分たちで組み立てする必要があります。大きいので2人でやった方が良いです。

まとめ:安く済ませたいならレンタル!

  • ベビーカーや衣類など新品を買い揃えると、お金がかかります。節約できるところは、節約したいところです。
  • どうしても気に入ったモノがあれば、買うのもだと思います。
  • しかし、買うよりレンタルした方が、安いです。
  • コスト重視の方は、レンタルすることをオススメします!

 

▼出産・育児に関する人気記事!合わせてどうぞ▼

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

\CMで話題!スマートフォンで簡単取引/
DMMビットコイン

口座開設するだけで1,000円、最大5,000円をもらえるキャンペーン中です!7月末までなのでお早めにどうぞ。