【楽天証券】海外ETFの買い方を解説!日本円で簡単売買できる

楽天証券で海外ETFを買う方法
スポンサーリンク

楽天証券で海外ETFを買う方法を紹介します。海外通貨を入金しなくても、日本円で簡単に売買できます。

売買する前に、手数料のことが気になる方は「海外ETFの購入にかかる為替・取引手数料」をどうぞ。

楽天証券で海外ETFを買う方法まとめ

まず海外ETFを買う流れを理解しておきましょう。

買い方の流れ
  1. 楽天証券で口座開設する
    • 一般NISAを申し込めば、取引手数料が全額キャッシュバックされてオトク
  2. 楽天証券へログインし、日本円を入金する
  3. [海外株式]→[海外ETF]と進み、買いたい銘柄を選ぶ
  4. 注文する

 

海外ETFだけでなく、国内株式も同じ手順で買えます。海外だからと言って難しい訳ではなく、もちろん英語が読めなくてもOK!

不慣れの人向け!注文方法をしっかり解説

今回、僕が購入したのは「PFF(iシェアーズ米国優先株式ETF)」です。高配当&価格の安定性から、配当目的で買っています。

 

それでは「買い注文」をしていきましょう。

銘柄を選んで「買い」を押す

買いたい銘柄が見つかったら、銘柄紹介画面上で[買い]を押します。

 

「数量」や「買いたい価格」を入力する

以下の項目を入力し、[確認]を押します。

  • 数量(買いたい株数)
  • 価格(指値の場合は、自分が買いたい価格)
  • 執行条件(指定する期限を過ぎたら注文がキャンセルになる)
  • 決済方法(”円貨決済”を選べば、日本円で買える)
  • 口座(僕はNISAで取引しています)
指値/成行とは?

  • 指値
    • 「指定した価格以下になれば買う」または「指定した価格以上になったら売る」という注文のこと。
  • 成行
    • 価格を指定せずに注文すること。

 

取引暗証番号を入力する

取引暗証番号を入力し、[注文]を押します。これで注文完了!

 

あとは取引が成立されるのを待つだけです。

もちろん注文内容を訂正・キャンセルできるので、マーケットの状況を見て判断していきましょう。

さいごに:楽天は操作が簡単なので初心者も安心

株式投資初心者でも安心して売買できるのが、楽天証券の良い所。「ちょっと難しそう」と思った人でも、一度取引すれば慣れるはず。

まだ口座を持っていない方は、楽天証券で投資デビューすることをお薦めします。

 

関連記事:合わせて読みたい

海外ETFの購入にかかる為替・取引手数料を解説!手数料を節約する方法も紹介。

【楽天証券】海外ETFの購入にかかる為替・取引手数料をまとめました

2018.11.26

 

▼不労所得で生活したい!株主優待・配当成績を一挙公開しています。

【株主優待・配当実績をブログ公開】30代サラリーマンの不労所得生活

2018.12.04
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

3,000円相当のビットコインをもらえます

BITPOINT
売買・送金手数料が0円なので、お得に仮想通貨を始められます!