話題のビットコイン積立をはじめよう!

【積立投資信託 運用実績】22ヶ月目は+3.1%!リートが好調(2019年9月)

投資信託の積立

2017年12月から投資信託を再開し、22か月(1年10か月)経過しました。本記事では、これまでの成績を赤裸々に公開します。

「投資信託を買ってみたい!」「どの商品の成績が良いんだ?」と思っている方の参考になれば幸いです。

積立投資信託の運用実績(22か月経過)

投資信託の資産評価額推移(~2019/9)

1年目の実績データ(クリックして開く)
投資信託の積立結果(単位:円)
年月元本評価額損益
2017/1243,00044,202+1,102
(+2.8%)
2018/166,00066,850+850
(+1.3%)
2018/289,00087,212-1,788
(-2.0%)
2018/3112,000108,322-3,678
(-3.3%)
2018/4135,000134,365-635
(-0.5%)
2018/5158,000156,366-1,634
(-1.0%)
2018/6181,000178,513-2,487
(-1.4%)
2018/7184,000183,634-366
(-0.2%)
2018/8212,000212,421+421
(+0.2%)
2018/9236,000241,997+5,997
(+2.5%)
2018/10270,000255,290-14,710
(-5.4%)
2018/11306,000297,486-8,514
(-2.8%)
2年目の実績データ
投資信託の積立結果(単位:円)
年月元本評価額損益
2018/12359,000315,709-43,291
(-12.1%)
2019/1410,700388,895-21,805
(-5.3%)
2019/2462,000461,176-824
(-0.2%)
2019/3414,000414,331+331
(+0.1%)
2019/4346,000347,524+1,524
(+0.4%)
2019/5302,000299,479-2,521
(-0.8%)
2019/6354,000354,438+438
(+0.1%)
2019/7405,000415,939+10,939
(+2.7%)
2019/8459,000461,924+2,924
(+0.6%)
2019/9542,000558,930+16,390
(+3.1%)

楽天カード決済によりポイントが1%還元されます。これを加味すると、リターンは何と4.1%です。凄いことですよね!

関連記事:【口コミ】楽天カードで投資信託を買ってポイントを貯めよう!メリット・デメリットを解説

 

投資信託の最新実績や、投資信託との上手な付き合い方を紹介しています!興味がある方は、ご覧ください。

投資信託(自分用)投資信託で儲けよう!運用実績・おすすめ銘柄を紹介【楽天証券の活用テクも】

投資信託のポートフォリオ(金融商品ごとの成績)

今は下記4銘柄を積立中です。10月2日時点の成績を紹介しておきます。

<金融商品毎の積立成績>

  1. ひふみプラス
    • 元本=170,000円
    • 評価額=165,644円
    • 損益=-4,356円(-2.6%)
  2. たわらノーロード 先進国リート
    • 元本=160,000円
    • 評価額=174,508円
    • 損益=+17,508円(+9.1%)
  3. ニッセイJリートインデックスファンド
    • 元本=60,000円
    • 評価額=65,730円
    • 損益=+5,730円(+9.6%)
  4. eMAXIS Slim国内債券インデックス
    • 元本=120,000円
    • 評価額=120,249円
    • 損益=+249円(+0.2%)

 

積立だけでなく、楽天ポイントを使って投資信託を買っています。身銭を切っていないので、元本は実質0円。

<楽天ポイント投資の成績>

  1. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
    • 元本=32,000ポイント
    • 評価額=32,799円
    • 損益=+799円(+2.5%)

関連記事:楽天ポイントで投資信託を買う方法!これまでの運用成績も公開中

さいごに:リートが好調です

毎度言いますが、ひふみプラス以外は好調ですが、その中でも国内外のリートは絶好調!

<私の投信リターンまとめ>

  • ひふみプラス:-2.6%
  • たわらノーロード 先進国リート:+9.1%
  • ニッセイJリートインデックスファンド:+9.6%
  • eMAXIS Slim国内債券インデックス:+0.2%
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド:+2.5%

こう見ると、今の組み入れ銘柄は「ひふみプラス」以外、気に入っています。今だけ赤字というわけでなく、積立当初から赤字ですw

ひふみプラスがプラ転したら即座に売却して、低コストの国内株式インデックスファンドに切り替えたいです。(毎月感じている)

 

以上です。

投資信託以外にも色々な投資を実践しています。成績を公開しているので参考にどうぞ。

資産運用実績まとめ【資産運用実績をブログ公開】30代サラリーマンが毎月20万円を積立中