妻の「つわり」がひどい時に、夫として「できること」は何か?

つわりって何?
スポンサーリンク

妊娠が発覚して1か月ほど経過したころ、妻が毎日のようにトイレで嘔吐していました。

そんな妻を見て言ってしまった、妊婦に対して言ってはいけないタブーワード。

E太(純粋)
なんで、いつも吐いてんの?意味が分からないんだけど。
妻(怒り)
は?何言ってんの?
悪阻(つわり)だからに決まってるじゃん!

・・・

僕は「つわり」のつらさが分かりません。そんな僕でも、ちゃんと「つわり」と向き合っておきます。

「つわり」って何?

つわりの症状は多彩で個人差が大きいため、一般的なつわりの症状を記す。
・吐き気、嘔吐、唾液の増加、全身倦怠感、頭痛、眠気など。
・匂いに敏感になる(米飯やたばこの残り香など)。
・食べ物の好き嫌いが変化し、食欲が減退、または増進する。
※引用「wikipedia -つわり-

ネットで「つわり」というものについてリサーチしてみましたが、”何となく”しかイメージが沸かない…。

そこで、「妻の生の声を聴けば、少しはつわりの辛さが実感できるかな?」と思い、妻にインタビューしてみることにしました。

 

E太(無邪気)
つわりって、どれくらい辛いの?
妻(呆然)
・・・。(説明が難しいほどの辛さ)

・・・想像以上に過酷だったようです。

つわりは地獄のようだ

以下は妻の経験した、つわりです。地獄ではないかと思います。
(オスとして産まれて良かったというのが、正直なところです)

あらゆる場面で吐き気がする、そして吐く

吐き気がする

妻は、2パターンの「吐きつわり」と戦っていました。

①ご飯

ご飯を食べたら、すぐにトイレへ直行。美味しいご飯を食べに行っても、吐いてしまう。
吐いてしまうから、お腹が空いてしまう。お腹が空いても、吐き気がする。
また食べる。そして、吐きたくなる。

「ご飯→吐く→空腹→吐く→ご飯…」と、ずっとループ。吐きすぎて、ノドが出血してしまう。

②臭い

香水、たばこ、炊き立てのご飯、生魚、生肉、生ごみ。
これらの臭いが鼻に入った瞬間、吐き気がする。そして、トイレへ駆け込む。

満員電車に乗った瞬間、吐き気がする。
でも、さすがに我慢。その時は、飴を舐めて、気を紛らわす。

寝る際には、自分の唾液の臭いで、吐き気がする。そして、夜な夜な嘔吐。
全然、寝れない。

常に、臭いとの戦い

頭が痛い、そして腹も痛い

腹痛の女性

一日中、頭が痛いようです。また、腹痛も同時に押し寄せてくる。

それでも、職場に向かい、家に帰ったらご飯を作る。

つわりと向き合ってみた

「つわり地獄」を少しでも感じられないか、私は考えました。

E太(真剣)
どうすれば、つわりの辛さを味わえるんだろう?
妻(呆然)
無理でしょ!でも、強いて言えば、四六時中、二日酔いになった感じかも。

 

1週間の疑似体験

僕は二日酔いになるレベルの量のお酒を1週間飲み続け、普段通り生活することにしました。

酔っ払い

<開始初日~3日経過>

余裕。飲み会の多い忘年会シーズンに近い感覚で楽しい。

 

<4,5日経過>

お酒が全然抜けない。平常に戻るが夕方。そして、また飲み会。
でも、飲み会は楽しい。夜だけは、楽しめている。

 

<6,7日経過>

ずっと吐き気がする。水がお酒の味がする。ヘパリーゼを1日3本飲んでいる。
会社に行っても、使い物にならない。飲み会も苦しくなってきた。
こんな身体なんて、要らない!!

※結果は個人差があると思います。私は強くない方です。
※自身の肝臓と相談の上、実施してください。

体験を終えて

疑似的につわりを経験しただけの僕ですが、もうお腹いっぱいです。

本当に辛かったのは、2日間くらいです。これがずっと続くのは耐えられないと思いました。

自分なりに「つわりの辛さ」と向き合ってみましたが、女に生まれ変わらない限り、本当の辛さは一生味わえないんでしょうね。

夫として「できること」

つわりを経験できない男は、どのように妻のつわりと向き合えばいいのでしょうか。

私が導き出した答えは、「妻の立場になってみて、できることを考える」です。

妻の立場になってみる

僕の考える「つわりと格闘している妻」の立場は、以下の通りです。

  • 妻は好きなものを我慢している。
    • コーヒーが飲めなくて、いつもノンカフェインの飲み物を摂取
    • お酒が飲めない
    • 大好きなお寿司を食べられない など
  • 常に痛みと戦っている。
    • とにかく吐く
    • 頭が痛い
    • お腹が痛い など
  • 辛くても、朝になったら仕事に行く
    • 元気に振る舞い続ける
    • 会社のトイレでこっそり吐く など
  • 上記を数か月の間、辛抱しなければならない。
E太
イライラしていた理由が分かったような気がします…。

妻のためになるアクションを考えてみた

  1. 妻が辛そうにしていたら、「大丈夫?」と声をかける。
  2. 吐き気を感じていたら、やさしく背中をさする。
  3. つわりが終わったら何をするか話したりして、妻に希望の光を見せる。
  4. 色々な臭いが充満しているスーパーへの買い物は、夫が行く。
  5. 率先してご飯を作る。(あくまでも妻が食べやすいもの、食べたいものを優先)
  6. 食器洗いする。食器洗い後は、生ゴミをゴミ箱へ捨てる。
  7. ゴミ出しする。
  8. 夫が家に帰ったら風呂に入り、あらゆる臭いがついた服・身体を妻から遠ざける。
  9. 洗濯する。

 

仕事もあるので、いきなり全部やるって難しいんですよね。できることを少しずつ実践することで、妻に想いは伝わるんじゃないかなと思います。

E太
経験者ぶって書きましたが、僕は全然できませんでした。ただただ反省するばかり…。

さいごに:僕と同じ失敗をしないで

我が家はそろそろ子どもが産まれます。その前に、どうしても振り返っておきたかったテーマ「つわり」に関してでした。

これからパパになる皆さまが、同じ轍を踏まないことを祈願しております。

E太(感謝)
今更だけど、子供を産むために、ずっと頑張ってくれてありがとう!
妻(怒り)
は?何言ってんの?私はずっと、あなたにイライラしてたんだから。もっと早く言ってほしかったよ。
E太(反省)
はい…、ごめんなさい。子どもが産まれたら挽回します。

 

▼続きのストーリーもどうぞ▼

5,000人が読んだショートストーリー
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!